1月 152022
 

皆様、2022年もよろしくお願い致します。

年末年始で中三週間ほど空きましたが、本日15日は「初練習」となります。いわゆる第6波のウェーブが来襲中の折ということになってしまいましたが、相変わらずの感染症対策を整えた体制での練習を続けて参ります。

今年は特に、11月27日に予定される11回目の自前演奏会に向け注力してゆく所存ですが、何しろこのコロナ禍、その毒性は低下しつつあっても、肝心な世間(民意)がまだまだ落ち着きません。これでは政治や行政も、その打ち出すところの政策や施策は、どうしても安全側に振れざるを得ないでしょう。もちろん文化行政も然りで、我々の練習場確保さえ覚束ない状況は当面続くものと覚悟はしています。しかし、活動継続の危機と戦い続けることによるストレスは思ったよりも大きいものがあります。今まで合唱活動を行うために、難なく保証されていた環境が危機にさらされ続ける中、世情に対しては日頃より一層アンテナを高くしながら情報収集し、臨機に対応していかねばならないわけですから。

コロナ禍の2年で実働メンバーは漸減しています。今頑張っているメンバーもモチベーションを維持するのは並大抵ではないでしょう。練習に参加すること自体、例えば家族の同意基準も従来より厳しくなっているはずです。(聴き手であるお客様からすれば泣き言にしか聞こえないわけですが・・・)

昨年11月に開催したミニコンサートにも、人数制限下ながら多くのお客様にご来場いただきました。皆さん、私達の活動を応援して下さるお客様でした。そして、明らかに我々の奏でるつたない演奏に対して何かを期待し、何かを求めてわざわざご来場いただいていること、これが手に取るようにわかりました。一方でこうして、いろんな事情を抱えながらも、これまた何かを求めて練習に勤しむメンバー達。運営を預かる者として、どんな状況下でも合唱活動の灯を消すことはないと、強く思いを新たにしたところです。

コロナ禍のもとで展開された様々な制限や要請・・・これに伴うトレードオフの議論対象として「経済」が引き合いに出されるのが常ですが、「芸術文化」の背負う部分も少なくないと考える所以です。そして、先の大戦で得た教訓を今こそ思い起こすべきなのかも知れません。

結びに、夏目漱石の「草枕」から有名な一節を掲げておきます。これ以上、住みにくい世の中になりませんように。(以前、どこかのエントリで掲げましたね・・・)

まだまだ苦難の日々が続きそうですが、とにかく、1年間よろしくお願い致します。


山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画(え)ができる。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらする唯の人である。唯の人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
越すことならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職ができて、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。
住みにくき世から、住みにくき煩いを引き抜いて、難有(ありがた)い世界をまのあたりに写すのが詩である、画である。あるは音楽と彫刻である。(以下略)


 

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 16:18
12月 312021
 

まもなく、2021年が暮れようとしています。前回エントリでも触れましたが、新型コロナウイルス対応に相当のリソースを投入した1年でした。

この騒動が始まった2020年初めからもうすぐ丸2年。その新型コロナウイルスの主役も武漢株からデルタ株を経てオミクロン株に至るとか。コロナウイルスの変異は次から次へとなのですね。

そんな中、合唱活動は制限された形となり、かなりの支障が出ている話は、ちょうど一年前のエントリでも致しましたとおりで、状況は今もさほど変わっていないようです。確かに感染者数や死亡者はかなり減りました。しかし、国民のマインドが安全側に行ったきりで戻ってきていないのが実情です。

一方で、小団といえば、団員が数名、コロナ禍の中の影響で活動離脱を余儀なくされました。(←感染への恐怖もありましたが、大体が会社からの多人数活動への自粛命令が出たことが大きかったです)

団自体は、緊急事態宣言等で練習場の確保が物理的に困難な時期を除いて、幸運にも練習を継続することができました。練習中の感染症対策にも万全を期し、合唱団運営にも一定の手応えも感じているところでもあります。とりわけ、今年はおかげさまで過日高崎でのミニコンサートを開催することが出来たことはまさに大トピックでありました。

この2年のコロナ禍により、合唱に対する人々の価値観が崩れてしまったように感じています。世間では、コロナ禍以前への回帰を夢見る論調も少なくないですが、例えば合唱演奏会など、従前のスタイルをあくまでも追求しようとする場合、延期をせざるを得ないでしょう。しかし、感染者が減ったからといって、一朝一夕に世間は変わりません。ですので、いかに自分達が変わっていくかが一番の鍵なのではと感じているところです。

しかし、過剰な対策は不要です。安全側での思考は重要ですが、それは単なるハザードでは無く、きちんとリスク評価したものであるべきでしょう。そこをしっかり考え抜くことが出来るか、今まさに多くの合唱団は岐路に立たされているのでしょう。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

(今年は雪雲での曇天で、大晦日の風景を取り損ねました。悪しからず。)

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 23:58
12月 262021
 
乾杯画像1

昨日12月25日、2021年の練習納めとなりました!


この日は、11月来音取りを進めている「信長貴富セレクション(仮称)」を総ざらい。1時間のパート練習の後、本年最終のアンサンブル。まだまだよちよち歩きながらも、良い響きも随所に聞こえてきて、年明け以降の歌い込みでさらに磨きをかけていきたいところですね。そして、アンサンブル練習終盤には、クリスマス当日ということもあり、全員で”Silent Night”を合唱し、雰囲気を盛り上げました。

練習後、栗田団長から1年を振り返っての挨拶の後、中曽根指揮者(あっちゃんサンタ?)から恒例の飲料(!?)がふるまわれ、みんなで乾杯しました。
 
相変わらずのコロナ禍対策に翻弄された1年でしたが、結果としては、毎週土曜の通常練習もほぼ計画通り完遂できた形です。それと何と言っても、今年はおかげさまで11月にミニコンサート開催に漕ぎ着けることができました。たくさんの応援して下さる方々の存在を再確認し、来年の第11回演奏会に向け、あらためて精進して参る所存です。
 
年内中はたいへんお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。
 
(画像中、団員はマスクを外しておりますが、撮影時のみの話です。また、手にした飲み物は開栓せずに、帰宅後各自美味しく頂戴しました)


 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 19:11

本年もよろしくお願い致します(本年演奏機会)

 ニュース, 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  本年もよろしくお願い致します(本年演奏機会) はコメントを受け付けていません
1月 272021
 

まえだんブログ“気ままな練習日誌”ご愛読皆様、寒中お見舞い申し上げます。2021年もよろしくお願い致します。

大都市圏を中心にコロナ禍による「緊急事態宣言」が発出され、今後の見通しも立たない中ですが、一応本年GW前後に、1件、演奏機会を企画中です。弊団主催イベントでは無く、とある公的イベントの中でのスポット出演を考えているところです。

また、2年インターバルで実施してきた定期演奏会を本来であれば秋に実施するはずなのですが、この1年間の練習効率が低下したこともあり、やむを得ず開催を来年以降に見送りました。その代わり、11月頃に(コロナがひどくなる前に!?)弊団主催の新たな演奏機会をこれまた企画中です。皆様に耳馴染みのある曲ばかりを集めた親しみやすいステージにして参りたいと目論んでおります。

2021年の演奏機会は春に1回、秋に1回。
いずれも、別途アナウンス致しますのでご期待下さい!
(合唱祭出れば、3回ですけどね・・・)

さて、相変わらず気分も晴れませんが、新しい行動様式の下、引き続き活動して参りたいと存じます。
本年も前橋男声合唱団をご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 22:29

今年もお世話になりました

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき, 音楽論  今年もお世話になりました はコメントを受け付けていません
12月 312020
 


まえだんブログ “気ままな練習日誌”をいつもご覧頂き誠にありがとうございます。
2020年もいよいよ暮れていきます。

今年は何と言っても、コロナ禍による衝撃が合唱界へ激烈なダメージを与えました。特に、国内での合唱団をクラスターとする感染者の発生は、世間一般からも「合唱活動」自体が感染拡大を助長するものとして白眼視されるに至っているのは周知の通りです。政府の3密忌避のガイドラインに「発声」の二文字が入ったり、昼カラオケでの類似混同事象の発生も、残念ながらこれを裏付ける方向へ動いてしまい、以来、歌唱行為全般が懸念される行動または避けるべき行為として世間から見られてしまっているように思えます。

2020年春以降の演奏会予定だけでなく練習予定もキャンセルされ、いまだに練習再開を見通せない団体は少なくないでしょう。当初は感染症不拡大のために慌てて練習を中止したものの、確信を持って効果的な対策を打てる状況はまだ訪れていないと判断しているというのが理由として挙げられるでしょう。ただ、理由はそれだけではなく、むしろ、一度世間一般からレッテルを貼られてしまった中で、団内から感染者を出すリスクに怯えているというのが大きいのではないかと感じています。なぜ怯えるのかといえば、感染症そのものへの恐怖もあるでしょうが、いわゆる風評により、ひとたび団内から感染者を出してしまえば、団の活動そのものが継続できない状況に陥るのではないかという危惧、このことなのです。

さて、当団のSNS上でのアナウンスメントは今年の春以降大変少なくなったわけですが、緊急事態宣言の出ていたGW前後の一時期を除き、細々ながら練習を持続して参りました。6月下旬の全日本合唱連盟からガイドライン発出に先立つ6月上旬から練習を再開し、現在に至っております。この間、個人の都合で数名が休団を余儀なくされ戦列を離れておりますが、組織的な練習は引き続き可能と判断され、連盟のガイドラインの改訂版に沿いながら、精進を続けている状況です。

このように合唱界、いや音楽を生業とする人達あるいは趣味とする人達にとり、大きな窮地が訪れている中、一方でネット上におけるライブ配信やストリーミングは活況を呈しています。実際に集まっての練習が不可能な中、ネットを通じてのオンライン合唱練習への試みも多くの方々によってなされてきました。ご存知のとおり、そこではネットにおけるデータ通信のタイムラグが発生しますので、同時にはなかなかうまく行きません。例えば指揮者の基準となる映像を、メンバーが自宅で見ながら特定パートを歌った音声ファイルを重ねて編集し、1つの演奏作品に仕立てるというやり方で、DTMへの一定の知識さえあれば、まずまずの水準にまとめ上げることが可能です。既にネット上には数多の演奏がアップされており、そのための専用アプリがもてはやされているくらいです。

とはいえ、実際の練習や本番で、メンバー同士が同じ空間で居合わせ呼吸が合った瞬間の素晴らしさ・・・これを味わったことのある人なら、奏でられる合唱は全く異質なものと成り果て、やはりオンラインでの合唱はうまくゆかないと痛感したのではないでしょうか。しかし一方で、その素晴らしさを味わったことのない人がいれば、オンライン練習は斬新で「なかなかイケるんじゃね?」と思うかも知れません。さらに、今のような状況が長期化すれば、そのように考える人は増加し、今後合唱音楽そのものが変質していく可能性だって捨てきれないのではと、危機感を抱いています。

何がともあれ、禍を転じて福となすことが全てでありましょう。そう言うのは簡単なのですが、変革への契機となる端緒をつかめる1年となりますよう祈念したいと思います。(丑年ですので、牛歩のようにゆっくりとでも構いませんよね)

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。

(ヘッダー画像は、ラストサンセットを迎える御荷鉾山=近景は烏川。フッター画像は、同時刻の赤城山)

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 21:26

逝く2019年…大変お世話になりました!

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  逝く2019年…大変お世話になりました! はコメントを受け付けていません
12月 312019
 

まえだんブログをご覧の皆様。年内中は大変お世話になりました。

2019年のみならず、2010年代が暮れていきます。皆さんにとってはどんな10年間だったでしょうか。

小団は、この10年の間で、2年に1回というコンスタントなインターバルで、つごう5回の自前演奏会を開催することができました。(第6回〜第10回)おいでいただいたのべ3000人近いお客様には、心より感謝申し上げます。

この間、メンバーも集まっては散じてゆきました。そんな中、テクニカル面では大変手前味噌な話ではありますが、少しずつ技術は進歩してきたように自負しております。11月の第10回演奏会の音源を聴き直すと、かつての力技中心の音楽作りから変針しつつあるのことがよくわかります。

一部に根強く残っている、大音圧によるぶちかまし音楽の期待論。歌い手にも聴き手を問わず、そういう向きにとっては不満の残る演奏会だったでしょう。学生時代のノスタルジーに裏打ちされた呪縛…これに気がつかずに一生を過ごしていくことは、もしかすると、かえって幸いな事のかも知れません。

さて、確かにハーモニーの純化は進んだのでしょうが、その分失ったものも多くありました。いろんな人との出会いを得ましたが、大きな別れも経験しました。大切な歌の仲間を失ってしまったことは痛恨の一事でした。

新たな10年間が始まります。

ますます複雑化多様化する世の中での男声合唱の位置づけとは?超高齢化と人口減少の中、環境はますます厳しさを増すことでしょう。課題は山積しておりますが、燦然と輝く合唱の高嶺を見失わず、みんなで聴きあいながら、我々、まえだんトーンを地道に創っていきたいと考えております。

それでは、皆様。良いお年をお迎え下さいませ!

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 23:38

年内中はお世話になりました

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  年内中はお世話になりました はコメントを受け付けていません
12月 312018
 

まえだんブログをご覧の皆様、
2018年がまもなく逝きますね。

本年は、大型の演奏会の予定の無かった1年でしたが、地元でのボランティア演奏や強化合宿など、我々の足下を固める1年でもありました。

メンバーの方も、散じては集まるのは世の中の道理。常に一緒に歌声を共にするメンバーはうつろいます。しかし、我々の創り出すトーンたるもの、近年は、振れ幅が少なくなってきているように感じています。

来年11月には、創立30周年記念となる、第10回演奏会を開催予定です。その足取りを、一層確かなものにできるよう精進して参ります。

本演奏会はまた同時に、中曽根指揮者の就任25周年にもあたり、これまでの自前演奏会に比べ、コンテンツを多めにしたり、濃くしたりと、まぁ、そういう方向で進めております。

ぜひご期待下さい!

また、本ブログについては、なかなか更新が捗らず申し訳ございません。逐次、コンテンツを補完して参る所存です。(いつになるんだよ!?)

年内中は大変お世話になりました。
よいお年をお迎えください。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 23:54

1年間、ありがとうございました

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  1年間、ありがとうございました はコメントを受け付けていません
12月 312016
 

まえだんブログをご覧の皆様。1年間、たいへんお世話になりました。

更新頻度のえらく低いブログと成り果てて、かなりの時間が経過しておりますが、我々の野心はいまだ不変です。そして、年代が下っても、それは受け継がれるでしょう。当団の練習の鼓動については、おかげさまをもちまして、ここまで途切れることなく強い脈を打ちながら、毎週続けることが出来ております。

若干長めのエントリを投げ込む本ブログは、時代からやや乖離し、人々のアクセスは、汎用性の高いSNSに移行しつつあるように思えますが、やはり、辛口の合唱論に口角泡を飛ばした日々を引きずり、筆者も含め、もしかしたら懐古の渦に既に巻き込まれているのかも知れません。

1989年(平成元年)の創団以来、間もなく丸28年を迎えることとなります。

ローマは一日にして成らず。

こうして合唱の高嶺は、あのように高くそびえています。私達は、いまだ、その秀峰の足下にも及ばない。それに時々は、この道が果たして正しいのかに確信が持てず、恐怖さえ感じるほどです。

ハーモニーの深化・・・、それを目指すことをあきらめたりはしておりませんが、つかめどもつかめども掌中の砂は、空しくこぼれゆく・・・この繰り返しの日々であったでしょう。そして、愚直にも今後ともこれを繰り返していくほかはないのでしょうか。

 夫れ天地は萬物の逆旅にして
 光陰は百代の過客なり

ようやく、このような先人の言葉が、心に響く年頃となりました。

ハーモニーなど、所詮は一瞬のきらめき・・・。たかがその一瞬のために、なんと気の遠くなるような時間を費やすのだろう。なぜ、団員達は、毎週練習に通い詰め、何を手に入れようとしているのか。そんな時間があれば、もっと簡単に手に入る楽しみは、この世にはゴマンと転がっています。そこに、表面的な費用対効果を計算することはたやすいでしょうね。

しかし、一瞬のきらめきではありますが、それは、何物にも代えがたい永遠のきらめきです。その値打ちを計算すること自体、意味をなさないほどだと思います。

先述した恐怖感も、同好の仲間と一緒であれば、乗り越えられるかも知れません。それに何と言っても、我々の歌声を待っていてくれるお客様の存在!様々な些事に煩わされがちな毎日を送る我々ですが、その事実を片時とも忘れてはならないのでしょう。

目の前の演奏機会を充実させることと同時に、決して歌いっぱなしではなくして、歴とした長期的視点を持ち、お客様のためにも我々のためにも、多様な合唱活動を指向していくこと・・・、これが、今後、我々が持続的な合唱活動を実現するための道であると考えています。

いつものように、書き始めるととめどなく長くなるのが悪い癖ですが、わざわざ、こうしてここを訪れて下さったあなた、ぜひ、良いお年をお迎え下さいませ。

【画像は、西毛(群馬県西部)の秀峰=御荷鉾山(みかぼやま)の西に沈む、本年最後の落日です左の、三段腹の(?)女体が横たわったような四つの山が、御荷鉾です】

161231

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 23:40

グッバイ、2015年・・・

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  グッバイ、2015年・・・ はコメントを受け付けていません
12月 312015
 

151231_1
間もなく、2015年(平成27年)が暮れてゆきます。皆様には、年内中はたいへんお世話になりました。とりわけ、今年は8回目の自前演奏会を無事開催できたのは、ひとえに、皆様のひとかどならぬご支援の賜物です。

おかげさまで、常任指揮者就任20周年を迎えた中曽根敦子先生や、すでに、お付き合いが15年以上になる上原良子先生に、ちょっとだけ報いることができたと思っております。

20人を少し超えた程度のずぶの素人集団です。技術的にはまだまだですが、団員同士の共有時間も徐々に増え、今年は一つの努力の跡が、演奏の随所に見られたと自負しております。ただ、その分、”まえだん”は少々とっつきにくくなってきたと、そんな評価も聞こえて参ります。

限られた土の量で山を築く際に、高い山を造ろうとすれば裾野を狭くするしか手段がないのは、当然の理屈です。確かにここ数年、高い山を造ることに幾分傾倒していたのかも知れません。人々の中で支持を得てゆくには、裾野を広げる努力もまた必要なのです。そのバランスのためにも、絶対的な土量は確保せねばなりません。

皆様のご意見ご要望、そして、我々の進むべき道。団員は、常にその狭間で悩み続けています。針路を取るのは指揮者でもピアニストでもなく我々団員です。

来たる2016年も、同様に我々は悩み続けてゆくでしょう。その生き様を演奏として、再びぶつけられるはずの、9回目、10回目の演奏会に向けて、引き続き精進して参ります。

皆様におかれましては、どうぞ、良いお年をお迎えくださいますようお祈りしております。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 22:46

2015年もよろしくお願いします

 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  2015年もよろしくお願いします はコメントを受け付けていません
1月 012015
 

前橋男声合唱団ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

この2015年(平成27年)が、皆様にとって名実共に素晴らしい一年となりますようお祈りしております。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 00:44
@Mae_Dan