2月 072014
 

曲そのものがよければ、その実誰が作曲していたところで、
どうでもよいはずなのだが、世間は必ずしもそうではなさそうだ。

誰が作曲したかが問題となっている。なぜ?

ヒット曲など、聴いていいなと思ったときなどは、
別に作曲者や作詞者が誰々でなどという先入観は全くないはずだ。
そのファーストインプレッションが全てなのだろうに。

音楽にまつわる付帯情報を重視するということか。

逆に、付随するストーリー性や付帯情報をありがたがるから、
音楽の本質を見失い、
高々、このような俗事で落胆することになるのではないか。

しかし、これを機に、日頃の傾向として、
音楽の本質部分を自分が見抜こうとしている人間なのか、
確認することができるかもしれない。

例えばもし、当初良いなと感じていたところの
「交響曲第一番 HIROSHIMA」を、再度聞き直してみて、
今回の作曲者偽装の件が邪魔して、良いと思えないようであれば、
普段から、あなたは、付帯情報に振り回される傾向にあるかもしれない。

もし、やはり良いものは良いなと思うのだったら、
それはそれでよいのではないだろうか。
あとは、どう評価するかであるが、それはあなた次第だろう。

問題なのは、むしろ聴覚障害者詐称の方ではないか。
これが事実とすれば、どのような手段で障害者手帳を取得したか等、
一刻も早い解明が求められるところだ。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 22:13

Sorry, the comment form is closed at this time.

@Mae_Dan