admin

5月 162020
 

皆様、こんばんは。
群馬県では本日より緊急事態宣言が解けて、一部練習施設の再開も始まっておりまして、当団としてもそろそろ再始動へ向けてアイドリングを始めております。

さて、このところ、毎週動画をアップして参りましたが、8〜12年前という一昔前のものばかりでしたので、今回は比較的新しい、昨秋11月の創立30周年記念第10回演奏会からのクリップを。前回アップした20周年記念演奏会時と被る曲もあるのですが、2週連続のミュージカルネタでございます。

※演奏データ
「前橋男声合唱団・創立30周年記念第10回演奏会」
日時:2019年11月 2日(土)
於:昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)大ホール

指揮:中曽根敦子 ピアノ:上原良子 キーボード:中島知砂

1.The PHANTOM of the OPERA (0:30)
2.Do You Hear the People Sing?(2:49)
3.Memory(4:54)
4.Tonight(9:11)

(↑曲後の括弧内は、YouTube上で頭出し再生する際のラップタイムです。実演奏時間ではございません)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:40
5月 102020
 


風薫る五月となった。今月は練習会場が休館となり、通常練習は中止なのだが、5月9日(土)・・・この日、団員有志で、オンラインでの練習可能性を検証した。ツールは、「LINE」「ZOOM」の2つ。20時から22時近くまで、実証実験を兼ね交歓が行われた。

参加は画像の通り、中曽根指揮者を含め8名であったが、2時間近くにわたり、近況の雑談から2つのアプリの操作法に至るまで、アルコール片手に、はたまた食事を摂りながら、久々にメンバー間のコミュニケーションが行われた。直近の練習が行われた4月12日(土)以来、約一ヶ月振りということになる。

慣れない非日常的なコミュニケーション形態を前に、戸惑いながらも時間と共に不思議な空気感の中次第に和んでゆき、結構自然に雑談に花を咲かせることができた。そして、思ったよりアルコールが進むものである。(←筆者だけ?)そんな中、本題である音楽的な実証実験を。ここで中曽根先生に、限られた画角の中で(小さい振り幅にならざるを得ない)振って貰い、2拍単位のカデンツ歌唱で評価。当然時差が生じ、タイミングやトーンなど、ハモリの条件が整わず結果はご想像の通りである。LINEよりZOOMの方が若干時差が少ない印象。しかし、ホスト機のスペックにも左右される要素もありそう。とはいえ、ZOOMは無料会員の場合、3人以上利用では40分リミットという制約がある。

さて、このように、既にさんざ巷で言われるとおり、リアルでのアンサンブルは困難であることを今更確認。しかし、これも当然の結論だが、メンバー同士のコミュニケーションツールや、例えば先生からの音取りの留意事項や曲目解説等、講義的な動画配信ツールとしては有効とあると考えるところ。このほか、同時に行われた団員へのインターネット環境調査によれば、やはり全員がオンラインで勢揃い!!ということは困難であることも判明。どうやら、当団としては限定的な使用にとどまる見通しだが、現在開発中の合奏アプリも幾つか存在するので、並行して動向を注視していきたい。

なお、本エントリは、今回はあくまでも有志メンバーによる状況報告であり、通常練習ではなかったのだが、一応「練習日誌」カテゴリにも入れておく。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:16
5月 052020
 

合唱団にも盛衰というものがある。「団勢」・・・そういう言葉があるかどうか知らないが、確かに団員数が増えていく時期は、これに比例し声量も増してゆくことで合唱全体のダイナミックレンジも拡がる。それに伴い、音楽表現にも幅が出てきて、対応しうるレパートリーにも選択の余地が出てくる。今回振り返る第5回演奏会・・・ちょうど10年前はそんな時期に差し掛かっていたと思う。

前回エントリの「チャイコ」を第1ステージに配した本演奏会は、創立20周年を記念するイベントでもあり、チャレンジ精神や冒険心に満ち、一方で野心にも燃えながら我々は一段上の高みを目指していたのだ。そんな中最終ステージとして編まれたのはミュージカルを原曲とした掲題曲集!既にロシア語「チャイコ」に、持てるリソースの大部分を割く状況下で、しかも伝統的に英語に弱い当団は、この曲集に相当苦戦を強いられたのだった。ましてや、振り付け!?

果たして、ステージはヘトヘトの中進行され、技術的にも粗雑で合唱としての一体感を欠く印象が強いというのが正直なところ。しかし、体力気力を磨り減らしながらもたどり着いた場所から見た眺望は、その後のメンバー達の人生に大きな影響を与えただろう。様々な稚拙さから演奏内容は心許ない面もあるが、小団にとっては意義深い一曲でもあったのだ。

それでは、”It’s Broadway Musical” お聴き下さい。題名は正確には偽りを含んでおりまして、あいにく動画ではございませんのでご了承の程。(いつもの事ながらヘッドホン推奨)

※曲目データ
前橋男声合唱団・第5回演奏会
2009年11月28日 於:前橋市民文化会館
指揮:中曽根敦子 ピアノ:上原良子

1.Begin The Beguine(0:27
2.Night And Day(
4:17
3.Oklahoma!(
7:36
4.Memory(
11:08
5.The Impossible Dream(
15:19

 ( )内はラップタイム

※メンバーデータ
Top Tenor : 飯島研史、大友俊明、川原明弘、佐藤俊介、佐藤喜仁
Second Tenor : 岡 信和、佐藤大悟、佐藤営紀、善田顕理、槻岡一正、吉田 唯
Baritone : 伊藤裕司、木暮亮太、酒井 洋、中川 哲、中森浩太、宮島邦夫
Bass : 上原貢雄、栗田正之、後閑寛生、田村太作、都丸臧雄、前田真樹、山岸 晃、湯浅貴夫

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 19:50
4月 302020
 

三週連続となりましたが、またまた過去の演奏から。
そもそも外国語曲経験も乏しかった第5回演奏会当時(2009年)、なんと、当然未経験のロシア語に突如挑戦!でも、意外に英語より親しみやすかったことを鮮明に覚えております。さて、その曲はロマンチックな「チャイコフスキー歌曲集」から。

男子たる者、青年期の感傷的な部分を、いいトシになってもまだまだ引きずっているものかも知れませぬ。そんな男の生き様を、チャイコの甘い旋律に乗せて、時には荒々しく、時には鈍くさく(?)、まえだん流に語りかけます。おそらくは、群馬で始めて奏でたロシア語の男声合唱曲。怖いもの見たさ、もとい、怖いもの聴きたさで八十八夜の夜長のお供に!

※曲目データ
前橋男声合唱団・第5回演奏会
2009年11月28日 於:前橋市民文化会館
指揮:中曽根敦子 ピアノ:上原良子

1.ОТЧГО?(何故?)(0:14)
2.Ни слова,о друг мой(語るな我が友よ)(3:10)
3.Нет,толъко тот,кто знал(憧れを知る者のみが)(6:29)
4.Серенада Дон-Жуана(ドン・ファンのセレナーデ)(10:01)

※メンバーデータ
Top Tenor : 飯島研史、大友俊明、川原明弘、佐藤俊介、佐藤喜仁
Second Tenor : 岡 信和、佐藤大悟、佐藤営紀、善田顕理、槻岡一正、吉田 唯
Baritone : 伊藤裕司、木暮亮太、酒井 洋、中川 哲、中森浩太、宮島邦夫
Bass : 上原貢雄、栗田正之、後閑寛生、田村太作、都丸臧雄、山岸 晃、湯浅貴夫


※関連記事
創立20周年記念・第5回演奏会を挙行!!(その3)
創立20周年記念・第5回演奏会を挙行!!(その4)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 20:59
4月 252020
 

先週に引き続き、過去の演奏のご紹介です。今回は、第4回演奏会(2007年)から、第1ステージの”Traditional Spirituals”を。

若干、清水の舞台からの飛び降りモードの部分も散見されますが、まえだんの根っからの素朴さと泥臭さを絶妙にミックスした演奏に仕上がっております。ま、かなり個性的ではありますが・・・(汗)いずれにせよお耳汚しではありますが、お時間がございましたら、ぜひ、お聴き下さいませ!

※演奏データ
前橋男声合唱団第4回演奏会
日時:2011年11月13日(土)
於 : にしきのホール(群馬県佐波郡玉村町)
指揮:中曽根敦子  ピアノ:上原 良子

1. Sometimes I Feel Like a Motherless Child(0:48)
2. Guide My Head(3:59)
3. My Lord , What a Mornin’(6:40)
4. Soon Ah Will Be Done(10:38)
5. He’s Got the Whole World in His Hands(14:05)

※メンバーデータ
Top Tenor : 佐藤俊介、 佐藤喜仁、武井友弘、吉田 唯
Second Tenor : 岡 信和、川原明弘、佐藤営紀、善田顕理、槻岡一正 
Baritone : 伊藤裕司、上原貢雄、酒井 洋、佐藤義之、田村太作、西山昌樹、山岸 晃
Bass : 岡 正彦、栗田正之、後閑寛生、都丸臧雄、中川 哲、湯浅貴夫

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:08
4月 192020
 

外出もままならない日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
思い付きではありますが、そんな中の一時の慰みになれば・・・などと、かなり僭越な物言いとは存じては居りますが、過去の小団演奏の一端をご披露させていただきます。

まずは、9年近くさかのぼりますが、第6回演奏会の歌劇「タンホイザー」より。映像の質はSD画質とかなり悪いですが、ヘッドホン推奨にて。それでは、どうぞ!

いかがだったでしょうか。

終盤はいかにもヘトヘトだった感じですけれども、当時の演奏には、今は持ってない何かがありましたね。野武士のような荒々しさとでも言いましょうか。決して技術は十分ではないにしても、洪水のように一気に押し寄せ流し去ってしまうような。言い換えれば、一瞬のうちにお客様の心を奪い去っていくような。(←いろんな意味で・・・汗)こうやって、たまには過去の演奏を振り返ることも大切なイベントなのかも知れません。

※曲データ
前橋男声合唱団第6回演奏会 第3ステージ
日時:2011年11月13日(土)
於 : にしきのホール(群馬県佐波郡玉村町)
指揮:中曽根敦子  ピアノ:上原 良子

歌劇「タンホイザー」より  
I 大行進曲(1:15)  
II 巡礼の合唱(6:02)  
III 夕星の歌(11:21)  
IV フィナーレ(17:40)

Top Tenor : 飯島 研史、大友俊明、笠原隆夫、北川雅和、小室圭吾、佐藤俊介、福田健二
Second Tenor : 岡 信和、佐藤大悟、佐藤営紀、善田顕理、竹内大祐、槻岡一正、野口昌之、吉田 唯
Baritone : 木暮亮太、酒井 洋、力石雅之、中川 哲、中森浩太、西上信太郎、和田啓助
Bass : 栗田正之、後閑寛生、鈴木治昭、田村太作、都丸臧雄、中田 昇、前田真樹、山岸 晃、湯浅貴夫

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 17:33
4月 112020
 

残念なお知らせですが、5月17日(日)に予定されていた小団のステージが中止となりました。新型コロナの感染拡大に伴う措置。

なお、イベント本体である「ふるさとキラキラフェスティバル・花と緑のぐんまづくり2020 in 藤岡」による花木展示は予定通り実施されるとのことです。

 


関連記事

次回演奏機会が決定!5月に藤岡市で!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 11:04
2月 152020
 


このたび、次の演奏機会が決定いたしましたのでご報告を。

5月17日(日)16時頃。
場所は、藤岡市の「ふじの咲く丘」にて。

イベント名は、少々長いのですが、
ふるさとキラキラフェスティバル・花と緑のぐんまづくり2020 in 藤岡

この中で出演いたします。
2年前の同名in 吉岡の際と同様の趣旨ではあります。

屋外なので反響板無しの出演で、しかも30分〜40分という限られた時間とってしまいますが、皆様のお耳馴染みの曲を多数準備してございますので、ぜひ個性溢れるまえだんライブをお楽しみ頂ければと存じます。

当所は全長250mの藤棚が設置されており、例年5月頃には、藤岡市の市花でもある美しい藤の花が咲き乱れます。ぜひ、藤の花を観賞された後は、怖いもの見たさ聴きたさ(?)で、小団の演奏をお聴き下さい!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:59
1月 232020
 

小団サイトを開設し早23年、ブログを開設して11年半が経過しています。

今やサイトを訪問される皆様の過半は、スマホからのアクセスでありまして、その比重はますます増大してきたのがここ数年の傾向です。

本家ホームページでは既に2017年秋にリニューアルと共に対応を済ませておりましたが、このほど、本ブログにおいても簡易的対応ながらスマホからもある程度閲覧しやすくなるように対応を完了しました。作業が遅れましたこと、大変申し訳ございませんでした。

今後とも、まえだんブログ「気ままな練習日誌」をよろしくお願いします。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:20
1月 132020
 

新年あけましておめでとうございます。
本年も前橋男声合唱団をよろしくお願いします。

さて、初練習に先駆け新年会を兼ねた新団員歓迎会が、1月11日(土)夕刻より開催された。歓迎の対象は、もちろん昨秋11月に入団された的場秀和さんである。三連休の初日ということもあり、あいにく数名が欠席となったが、18時半から高崎駅西口の居酒屋で開宴となった。


中森団長の挨拶と歓迎の言葉の後、中曽根先生による乾杯で、今年の団の活動の幕が切って落とされた。新しく入団された的場さんはバリトン所属が決定している。長らく人員流出に苦悩していたバリトンにとっては久々の増員である。

既報のとおり、本業は教職に就かれていらっしゃる。主にラグビーの指導をされており、どうやら県内でも有力な指導者のお一人らしい。この日も、東京で開催された早明戦を観戦されてきたとのこと。また、年末年始は花園ラグビー場にも駆けつけるなど、多忙な日々をお過ごしだった様子であり、ラグビーへの情熱はハンパない。既に数回練習を共にしているが、Barbershopという少々ハードル高めな練習テキストの中、伸びやかな高音を鳴らしていたのが印象的であった。(練習内容は、結構辛かったのではと想像している)折角小団を選んで下さったのだがら、我々もこれに応えなければ!的場さん、今後とも末永く男声合唱を楽しみましょう!



【↑ 挨拶される的場さん】

歓迎会というと、新団員からご挨拶頂くのは通例であるが、久々に逆自己紹介コーナーも復活。現役団員が、個性溢れる自己紹介を繰り広げながら場を盛り上げた。そんなこんなで宴もたけなわになると、今回も例に漏れず、会場内で数曲を熱唱。(店内の方、お騒がせしました)もちろん、定番となりつつある大友の舞も炸裂!(大友さん、少々アルコール少なめにもかかわらず、相変わらずの指揮っぷりに感謝)で、恒例の高崎駅西口でもゲリラライブを敢行。特に外国人旅行者の喝采を受けながら、少々気分を良くして家路についたのであったよ。(警察から注意されずに良かった良かった・・・)

さーて、次の土曜は初練習だ!


関連記事
演奏会直後に新団員加入!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:48
Get Adobe Flash player