覇気ある男子よ来たれ!

 団員募集!!, 日記・コラム・つぶやき  覇気ある男子よ来たれ! はコメントを受け付けていません。
12月 302017
 

我々前橋男声合唱団にとっては、後にも先にも、より多くの方と歌声を共にしながら、重厚で深みのある男声合唱を媒体にして、より多くのお客様の前で演奏し、表現者として、メッセージを伝え続けていくことを目指しております。

我々メンバーには、特に音楽的な専門教育を受けた者はほとんどいません。だから、技術的にはまだまだでしょう。

しかし、大した知見がないからこそ、逆に貪欲で精力的になれることもあるでしょう。そして、プロにも負けない情熱で、歌に音楽に立ち向かっています。そんな合唱団の中から起こる化学反応は、予想もつかないものがあります。

どうぞ、あなたの意思で、練習場の重いドアを押し開いてください。そして、あなたの五感で感じて確かめてください。

我々と共に、ワクワクする男声合唱ライフを楽しみましょう。

チャンスは、ただただ、あなたの掌の中にあるのですから!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:59
12月 292017
 

(その1)からの続き

ボランティア演奏が終わって開かれた歓迎会は、新団員二人からご挨拶を頂戴し、まさに宴たけなわ。

一応、中締めということで、本年頭に入団した小池氏に締めていただく。

しかし、中締め辺りから自然に歌声が沸き起こるのが当団宴会の常。(その1)でも記したように、本日宴会部長のS井氏が不在で、団内に不足したキャラを補うように突如台頭したのは、トップパトリの大友氏だった。

既に、お気に入りの店員女性の勤務日を聞き出そうとしたり、出口に近い宴席ローカルでは、笑いをもたらしていたのだが、この段で、本人のテンションはさらにアップし、一気に宴会指揮者に上り詰めた!

見よ!この指揮さばき。(下の画像)軽快な動きの中、大友氏の音楽性がほとばしる!

(団員専用ページには動画がアップされております)

お店と、同時に居合わせたお客様のご好意の中、何曲かを披露させて頂く。(ご迷惑をおかけしました)

この上なくリラックスしていたからか、昼間の本番とはまた違った感覚の、柔らかいハモリが出て、指揮者に、「それ、本番でやれよなー!」などと茶化されたり・・・、いやぁ、まだまだ終わらない宴会。

そこに突然、なんと、S井氏登場!!!(下の画像)


今日は、身内にご不幸とのことで、そちらが一段落したところで、わざわざ駆けつけていただいたのだ!

こうなると、また、歌、歌、歌!先日逝去されたという多田武彦氏の名曲「雨」も繰り出す始末。もちろん、ソロは三好氏!

宴会は最高潮!でも、この辺から、ちょっとひっちゃかめっちゃかな感じに。笑筆者も、よく覚えていない・・・。

今年は7月に9回目の自前演奏会を開催することができ、年末には、ボランティア演奏でお客様に喜んで頂いた上に、新団員2名を迎え入れることが出来た。(そんで、こんなに親睦を深め、騒ぐことができた!)

なんと、うれしいことだろう!もっともっと、多くの人と歌声を共にしたいです。その渇望は止むところがありません。

そして、まえだんの夜はまだまだ続くのだった!(みんな、ちゃんと帰れたかな?)

関連記事:
2017年11月11日(土)通常練習 新団員来たる!!
2017年12月2日(土)通常練習 また新団員来たる!!
ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1)
ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2)
新井・三好 両氏歓迎会開かれる(その1)

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 16:16

新井・三好 両氏歓迎会開かれる(その1)

 日記・コラム・つぶやき, 歓送迎会  新井・三好 両氏歓迎会開かれる(その1) はコメントを受け付けていません。
12月 282017
 


2017年12月23日(祝)のボランティア演奏のあとは、この2ヶ月にわたって相次いで入団した2名の新団員の歓迎会である!もちろん、この日の打ち上げも兼ねる。

何名かが演奏のみで離脱となったが、各自、演奏会場から交通基点のJR高崎線・新町駅に無事帰還し、近傍の居酒屋へと、自然と足が急ぐ。

17時過ぎより、中森団長の歓迎の挨拶、中曽根指揮者の乾杯で開宴!



新団員が、指揮者の両脇となる定番の配席。

いつものように、飲み放題メニューなので、グラスが右から左、左から右へと飛び交う。

当然、店員さんとのコミュニケーションが行われるのだが、愛想の良い店員さん(女性)をかまう役回り(?)のS井氏が不在。しかし、層の厚い当団では代わりはいくらでもおるのですよ・・・その話は後ほど。

さて、一部既報であるが、新しく入団したお二人の横顔を。


まずは、11月に入団した新井義昭さん。(上の画像)パートはセカンド・テノール。普段は、とある公職に就いていらっしゃる。

高校時代から男声合唱を嗜み、以来、合唱の虜になったそうである。混声合唱を長らく続けてこられたが、そんな中でも、男声合唱の重厚な響きが、新井さんの心から(片時も!)離れなかったとのこと。(・・・うーん、よくわかります。)

ちょっと前に、体調を崩されて入院・手術ということで、混声合唱の戦列から離れざるを得なくなったものの、最近の復調で、ついに、懸案の男声合唱へ身を投じることを決意なさったと。

実は、当団の練習見学にも5年ほど前にお見えになったらしく、失礼ながら、その事実を失念、または見落としておりまして申し訳ございません。

さらには、筆者の出身高校の先輩、しかも!私の男声合唱の世界への入り口となった、高校グリーの先輩でもあったのだ!(今後ともよろしくお願い致します)

次に、12月に入団された三好英彦さん。(下の画像)


三好さんは、元々香川県のご出身。「みよし」と言えば、ここ前橋ではみたらし団子が有名だが、三好さんは、うどんが大好き!笑

そして、当団トップ・テノール・パートリーダーの大友氏の大学同期。三好さんは某東西四連系のうち、ドイツ作曲家を冠する男声合唱団の元トップパトリであるぞ!控えおろー!なんてことは絶対言わない、温和な方である。

今年の7月からお仕事の新規事業展開の都合で本庄市に単身赴任されていた中、早速、大友氏に捕捉された模様。普段は、保険関係のお仕事をされている。

三好さんも、大学時代の濃い男声合唱生活以来、混声合唱に参加する機会は少なくなかったご様子だが、単独の男声合唱団として活動するのは初めて(久々?)らしく、この日のボランティア演奏も、楽しく歌って男声合唱を噛みしめていらっしゃったようだ。

とはいえ、ちょっとだけ残念なお知らせも。この暮れに、単身赴任を解かれ、東京に戻ることになった由。この日は、引っ越しも終わった中、東京より駆けつけて頂いた。

ただ、今回の入団を機に、当団の活動にも積極的に関わっていただけるとのこと、たいへん嬉しい限りである。

指揮者をはさんで、お二人でスナップ写真をパチリ!(3人とも、なんか呑む気満々なんですけど・・・)

(その2)に続く

関連記事:
2017年11月11日(土)通常練習 新団員来たる!!
2017年12月2日(土)通常練習 また新団員来たる!!
ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1)
ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2)

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:25

ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2)

 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2) はコメントを受け付けていません。
12月 252017
 


(その1)からの続き

そんなわけで、素晴らしい手作りの横断幕を目の当たりにして、お客様と施設スタッフ様の心の温かさが、早くも伝わってきて、メンバー一同、気合いが充填されてゆく。

冒頭、スタッフ代表様からご挨拶をいただき開演。入団間もない新井氏や、三好氏も初のオンステとなる。

しかし、この日、急用で2名がオンステできなくなるという、ハプニングにも見舞われていたのだ。

やはり、これまで積み重ねてきた練習での成果を支えうるメンバーを失うことは、これ以上にない打撃であったが、これだけは全員でカバーするしかない。しかし、ピンチはチャンスでもあるのだ。

さて、ここで本日のラインナップを確認しておこう。

【オープニング】
・365日の紙飛行機
【ロシア民謡】
・ともしび
【男声合唱の仕組み】
・見上げてごらん夜の星を
【CMソング】
・青雲のうた
・めざめ
【歌謡曲】
・川の流れのように
【皆様ご一緒に】
・ふるさと(斉唱)
【メリークリスマス!】
・Silent Night
【人生いつでも・・・】
・上を向いて歩こう

今回は、CMソング以外は、全て単品での演奏。その間、全てMCが入る形として段取りはしてある。そして、14時20分開演。

オープニングの「365日の紙飛行機」は、曲紹介無しで演奏し始めるスタイル。歌い始める前の整列時には、早速、「いい男達ばかりだね!」という声援が飛ぶ!笑我々の手間を省くように、幸先良く、空気がなごんでいく。

ただ、NHK朝ドラの番組名「あさが来た」をMCが言い忘れたので、お客様の理解は、どこかで聞いたことのある曲という位置づけにとどまってしまったようだ。

その後、ロシア民謡の「ともしび」を披露。団紹介や指揮者紹介をはさみ、「見上げてごらん夜の星を」では、お馴染みの男声合唱の仕組み紹介へ。各単パートの声を聴かせながら、パート紹介をしてゆく。

そして、CMソングでは、耳馴染みがあったのか、なかなか反応も良く、お客様の中からは「違いの分かる・・・」などという合いの手も入るほど。笑こうしてステージ中盤に来ると、会場も暖まってくるものだ。

続く「川の流れのように」は、この一ヶ月練習を重ねてきて、それなりに人生の酸いも甘いも知る年代に達した、我々の円熟味というものを、完全ではないものの、その熟成された芳醇な香りとともに表現することに成功し始めていた一曲であった。

そして、ボランティア演奏では十八番となりつつある、お客様との斉唱。今回は文部省唱歌の「ふるさと」だ。

この曲だけはステージを降りて、お客様の隣で歌詞カードを一緒に見ながら、寄り添って歌うことが出来た。

我々の親父お袋の年代のお客様達。そして、真っ直ぐな眼差し。そして、我々の心の故郷は、まさにお客様のような人達なのだ。この人達がこの世の中、この日本を築いてくれたのだから。いろんな想いが去来し、目頭を熱くする団員は、私だけではなかったろう。

さて、そのあとは一転、クリスマスソングの定番曲、「Silent Night」。もちろん、画像のように、少しだけコスプレしました!これも、全員で合唱。一番は英語、二番は日本語で。

ラストは、九ちゃんの「上を向いて歩こう」。今日のプログラムはあまりアップテンポ曲がなかったこともあるが、みんなノリノリで楽しんでいただけた様子。

そして、控えめなお客様に、こっちから若干強要気味のアンコール曲へ。笑

【アンコール】
・君といつまでも

アンコール演奏後、施設スタッフさんから、同曲にまつわるご本人の恋愛体験談が飛び出すに至っては、意外にも、本演奏機会の雰囲気は最高潮に達したのだった。

15時05分終演。謝辞を頂戴し、皆さんに、お別れの手を振った。必ず、また会いに来るからね!と。

画像は、施設の前での集合写真です。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:32

ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1)

 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1) はコメントを受け付けていません。
12月 232017
 

既報のとおり、本日12月23日の天皇誕生日の午後、群馬県藤岡市浄法寺の社会福祉施設「ケアタウン・たいよう」で、ボランティア演奏を行ったので、レポートする。

この日は、朝から風もなく穏やかな日和であり、夕刻よりお楽しみの新団員歓迎会というイベントを控えていることもあって、主力組10名は、公共交通機関で現地へ乗り込むこととなった。

JR高崎線の新町駅に11時半過ぎに集合。ここから、上野村行きのバスに乗り換える。しかし、小さめのバスは座席が12〜13程度、定員20名強程度のタイプ。

もちろん、他の乗客もいらっしゃるが、普段は座席に座れただろう所、おそらく、我々の闖入で、立たされる羽目となった方もいらっしゃった様子。大きめのブレザーケースを背負った我々を異様な目で眺める感じも?

6年前の、類似のボランティア演奏時、本庄駅からの移動時を思い出すなぁ。
2011年の活動納め 〜2011年12月17日イベント〜(その2)

しかし、この先に、我々を待つお客様がいらっしゃる。その思いを第1に、たとえ、バスの中で1人だけ立ちっぱなしになろうとも、合唱への情熱はほとばしって止むことはないのだ。

さて、本路線の特殊ルート(いわゆる盲腸ルート)の性格上、途中、世界文化遺産となった「高山社跡」を通過するという、ボーナスイベントが漏れなく附録として付いてきたわけだが、休日にもかかわらず、現地周辺の閑散さに唖然とし、その状況を撮影するのも忘れてしまった。

一時のブームを維持する困難さ・・・世の中のいろんな物事にあてはまる真理ではある。

そして、現地には定刻通り、12時半には到着。入所後、バスが思いのほか混雑して、昼食を摂る予定のあてが外れた者は、急いで昼飯を掻き込む。また、他の者は視程の楽譜隠しに製本作業を施す。

その後は、体操で念入りに身体をほぐし、いつもと同じ呼吸訓練への流れ。とはいえ、普段と違う環境の中、若干の高揚感を伴いつつ、アップが続いた。指揮者直卒による発声練習と、軽いリハーサルも終わり、お客様の待つ会場へと向かう。

棟の違うその建物に案内されると、そこには、手作りの嬉しい横断幕が!

関連記事:今年の歌い納めは、ボランティア演奏へ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:34

2017年12月16日(土)通常練習 やった!新団員加入で暮れる2017年!

 ニュース, 新入団万歳!, 練習日誌, 練習見学  2017年12月16日(土)通常練習 やった!新団員加入で暮れる2017年! はコメントを受け付けていません。
12月 162017
 

前列中央が大竹さん

年内最終練習となったこの日、再び団内に歓喜の声が上がった!

実は、別途見学者さんが見えていたのだが、その御方は、ご家庭の都合で中途退出。入団は年明けに持ち越しとなった次第。

本日の主役は、大竹さんという方。パートはベースに決定した!

実は大竹さん、本年8月に練習見学にお見えになり、即日、入団を決めていただいていたのだが、その夏の日、指揮者が欠席で、万歳三唱を見送っていたのだ。

しかし、大竹氏が、その後多忙で練習出席がかなわず、今日まで、この万歳が繰り延べ、お預けとなり、懸案化しつつあったのだが、ようやく、成し遂げることができ、祝着至極というわけ。

大竹さん。実は、創団直後の草創期である平成一桁時代に、既に団員名簿に登載されていたという、酒井氏に次ぐ隠れ古参団員であることが判明。ご本人が大学生だった当時、縁があって、短期間活動していたことがあるらしいのだ。

その後しばらく経過して、4年ほど前の春に、トップの力石氏のつてで、練習会場に遊びにおいでいただき、その晩、酒を酌み交わしたなんてこともあった。練習でも、重みのある低音を響かせていたっけ。

どうやら、その以来、陰になり日向になりながらも、力石氏が、粘り強く説き伏せ、この日を迎えることができたのだと思っている。早速年明けにでも、歓迎の宴を催そうではないか!大竹さん、お待たせしちゃったね。

入団間もない三好氏と握手する大竹氏(右)

振り返れば、本年初めに1名を獲得し、今年の後半に、立て続けに3名の入団を得た。

転勤というサラリーマンの宿命を背景にするため、人材の集散もまた宿命であるのだが、創団30周年という節目に向け、これら新たな血液の注入は、今後の我々の活動にとって、必ず有益なものとなることを確信している。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:51

2017年12月9日(土)通常練習 朋有り遠方より来たる。亦た楽しからずや。

 日記・コラム・つぶやき, 練習日誌  2017年12月9日(土)通常練習 朋有り遠方より来たる。亦た楽しからずや。 はコメントを受け付けていません。
12月 102017
 

練習後に挨拶する田村氏

この日の練習に、2012年6月を最後に休団していた、元ベース・パトリの田村太作氏が、当団の練習を訪れた。

なんと、発声練習から参加され、パート練習からアンサンブルまで、まるで入団前の練習体験をしているような田村氏であったが、終始、活動に寄り添って頂いた。

5年半ぶりの来臨となったが、ほとんどが同じ釜の飯を食ったメンバー。気心も知れているところである。本人曰く、「歌っていて違和感が不思議になかった・・・」

まさに、合唱の世界でも、朋有り遠方より来たる。亦た楽しからずや。ということである。

確かに、彼とは、団の人数が右肩上がりに変化していった時代を、一緒に切り拓いてきて、苦労も共にしてきた仲であるから、それも当然なのかも知れない。

まえだんでの活動の日々が、彼のコアな部分を形作っている?そんな気がして、嬉しかったのは私だけではないだろう。

練習後のテナー系メンバーからの感想も、ベース系がいつもより、かなり分厚く感じた、と。いやはや、威力十二分である!

現在、実は田村氏は茨城県にお住まい。この日は長駆、群馬までマイカーでの移動でお疲れの所、さらに指揮者に、5年ぶりに叱咤され(?)、結構疲れたことだろう。

そして、練習後の挨拶でも、当団の創立30周年記念第10回演奏会への参戦を宣言する形となり、団内の雰囲気も上げ潮状態となったのだった。

しかし、現在、大学時代のOB合唱団の活動予定もあるとのことで、毎週というわけにはいかずとも、当面はできる範囲での練習参加となるが、今後の団の活動に、刺激を与えてくれる存在として、大いに期待するところである!

アンサンブル中、テナー系のユニゾンをまとめる中曽根指揮者

練習後は、その第10回演奏会の方向性を議論する役員会が開催されたが、田村氏には、ここにも顔を出して頂き、いろんな近況を伺ったり、団の運営にも積極的な意見を頂戴したところ。

年内は無理かも知れないけど、年明けにはまた歌声を共にできますように。楽しみにしておりますぞ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:40
12月 022017
 

 

前列中央が、入団した三好さん

練習見学後、挨拶される三好さん

先月11月に引き続き、また新団員が誕生した!2ヶ月連続の新団員の入団なんて、いつ以来だろう?あの入団ラッシュの頃以来かな??

さて、入団してくださったのは、三好さんという方。お住まいは、群馬県内ではなく、埼玉県本庄市。実働メンバーでは、熊谷市在住のセカンドパトリが居るので、埼玉在住者は二人目となる。

かつては、やはり、埼玉県北部からは、熊谷市、深谷市、本庄市、そして和光市!から通う団員がいたことがあり、実は、このエリアは小団の勢力圏内(!?)なのである。
前橋までの30分・1時間圏域図(自動車利用)←つまりはメンバー募集!)

聞くところによれば、三好さん、トップパトリの大友氏の大学同期だそうである。就職されてからは、混声合唱の経験はあったとのことだが、男声合唱はかなり久しぶりらしいご様子。

本年7月に、お仕事の関係で本庄に転勤されてきたとのこと。先日、久々にお二人で呑む機会があり、その際、大友氏からのオファーにより、本日の練習見学、入団に至った次第である。

ネットによる団員募集の広報が主力となる時代ではあるけれども、やはり、人間関係を通じたこういった入団の形は、最強だろうな。

万歳三唱に揺れる練習会場

以下、握手責めにされる三好さん。もう、みんな慣れてきてる「ローリング・シェイキング・ハンズ」。

いやぁ、歓迎会がますます楽しみになってきましたよ!

そういえば、確かに今は前橋男声合唱団入団の好機なのですよ。

正式レパの練習が「月光とピエロ」だけという状況の中、お座敷コンサートの練習も並行しているので、今入団して活動を開始したとしても、手戻りは最小限におさえられます!

迷われているあなた、ぜひ、練習見学をご検討下さい。百聞は一見(一聴?)に如かずですよ!!お申し込み、お問合せは、こちら↓↓からどうぞ。

https://mae-dan.wixsite.com/index/contact


関連記事:2017年11月11日(土)通常練習 新団員来たる!!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:57
Get Adobe Flash player