11月 112019
 


第10回演奏会の翌週の11月10日(日)。あの目くるめく記念演奏会からの醒めやらぬ感覚が支配するこの日、我々は2週連続の本番機会として、依頼演奏に臨んだ。

依頼主は、「HF-AGE」という高崎市の腕時計専門店様。

高崎駅のホテルメトロポリタンにおいて、「ワールドウォッチフェスティバル」というイベントを開催。そちらのアトラクション奏者として招かれた次第である。

本日の演奏曲目は以下のとおり。

1.上を向いて歩こう
2.見上げてごらん夜の星を
3.Do You Hear the People Sing?
4.君といつまでも

依頼主様とお仕事でも関係のあるBass酒井氏がMC担当。軽妙な語り口で、お客様を惹き付けたこともあり、(?)皆様ちゃんと聴いて下さる。

我々もこれに応えるべく、一所懸命歌いました!

たいへんお世話になりました。

↓終演後は、高崎駅東口で軽く打ち上げ。翌日月曜だし、あくまでも軽めでございますよ〜(やはり、重くやってしまった方も数名いた模様・・・)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:38
11月 042019
 


11月2日(土)に開催しました、「創立30周年記念第10回演奏会」ですが、おかげさまで、大過なく終演に至りました。

お忙しい中、ご来場くださったお客様、たいへんありがとうございました。

また、不出来な私達を熱心にご指導頂いた中曽根先生と上原先生をはじめ、我々のステージのために奔走して下さった昌賢学園まえばしホール・スタッフの皆様、演奏会運営を快く手伝って下さった各位に対し、深く感謝申し上げます。

今回は創立30周年と、常任指揮者である中曽根先生の就任25周年記念という、二つの冠が付加され、しかも10回目の節目の演奏会となりました。

そんな中、団としても集客を強化すべく取り組んできたところですが、過去最高の600台半ばの多くのお客様においでいただくことができました。(詳細は検証中)

これもひとえに、団やメンバーからの招待や勧誘に快くお応え下さったお客様、新たにこの片田舎の男声合唱団に注目して下さる新規のお客様によるご厚意の賜物として、心深く受け止めております。

毎度の事ながら、行き届かぬ点も多々あったかと存じますが、次回演奏機会に向け、課題を整理し、再び精進して参ります。

以上、取り急ぎ、皆様にご挨拶申し上げたく、一筆啓上致しました。今後とも、私共前橋男声合唱団をよろしくお願い申し上げます。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 00:13

ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2)

 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その2) はコメントを受け付けていません
12月 252017
 


(その1)からの続き

そんなわけで、素晴らしい手作りの横断幕を目の当たりにして、お客様と施設スタッフ様の心の温かさが、早くも伝わってきて、メンバー一同、気合いが充填されてゆく。

冒頭、スタッフ代表様からご挨拶をいただき開演。入団間もない新井氏や、三好氏も初のオンステとなる。

しかし、この日、急用で2名がオンステできなくなるという、ハプニングにも見舞われていたのだ。

やはり、これまで積み重ねてきた練習での成果を支えうるメンバーを失うことは、これ以上にない打撃であったが、これだけは全員でカバーするしかない。しかし、ピンチはチャンスでもあるのだ。

さて、ここで本日のラインナップを確認しておこう。

【オープニング】
・365日の紙飛行機
【ロシア民謡】
・ともしび
【男声合唱の仕組み】
・見上げてごらん夜の星を
【CMソング】
・青雲のうた
・めざめ
【歌謡曲】
・川の流れのように
【皆様ご一緒に】
・ふるさと(斉唱)
【メリークリスマス!】
・Silent Night
【人生いつでも・・・】
・上を向いて歩こう

今回は、CMソング以外は、全て単品での演奏。その間、全てMCが入る形として段取りはしてある。そして、14時20分開演。

オープニングの「365日の紙飛行機」は、曲紹介無しで演奏し始めるスタイル。歌い始める前の整列時には、早速、「いい男達ばかりだね!」という声援が飛ぶ!笑我々の手間を省くように、幸先良く、空気がなごんでいく。

ただ、NHK朝ドラの番組名「あさが来た」をMCが言い忘れたので、お客様の理解は、どこかで聞いたことのある曲という位置づけにとどまってしまったようだ。

その後、ロシア民謡の「ともしび」を披露。団紹介や指揮者紹介をはさみ、「見上げてごらん夜の星を」では、お馴染みの男声合唱の仕組み紹介へ。各単パートの声を聴かせながら、パート紹介をしてゆく。

そして、CMソングでは、耳馴染みがあったのか、なかなか反応も良く、お客様の中からは「違いの分かる・・・」などという合いの手も入るほど。笑こうしてステージ中盤に来ると、会場も暖まってくるものだ。

続く「川の流れのように」は、この一ヶ月練習を重ねてきて、それなりに人生の酸いも甘いも知る年代に達した、我々の円熟味というものを、完全ではないものの、その熟成された芳醇な香りとともに表現することに成功し始めていた一曲であった。

そして、ボランティア演奏では十八番となりつつある、お客様との斉唱。今回は文部省唱歌の「ふるさと」だ。

この曲だけはステージを降りて、お客様の隣で歌詞カードを一緒に見ながら、寄り添って歌うことが出来た。

我々の親父お袋の年代のお客様達。そして、真っ直ぐな眼差し。そして、我々の心の故郷は、まさにお客様のような人達なのだ。この人達がこの世の中、この日本を築いてくれたのだから。いろんな想いが去来し、目頭を熱くする団員は、私だけではなかったろう。

さて、そのあとは一転、クリスマスソングの定番曲、「Silent Night」。もちろん、画像のように、少しだけコスプレしました!これも、全員で合唱。一番は英語、二番は日本語で。

ラストは、九ちゃんの「上を向いて歩こう」。今日のプログラムはあまりアップテンポ曲がなかったこともあるが、みんなノリノリで楽しんでいただけた様子。

そして、控えめなお客様に、こっちから若干強要気味のアンコール曲へ。笑

【アンコール】
・君といつまでも

アンコール演奏後、施設スタッフさんから、同曲にまつわるご本人の恋愛体験談が飛び出すに至っては、意外にも、本演奏機会の雰囲気は最高潮に達したのだった。

15時05分終演。謝辞を頂戴し、皆さんに、お別れの手を振った。必ず、また会いに来るからね!と。

画像は、施設の前での集合写真です。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:32

ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1)

 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  ケアタウン「たいよう」でボランティア演奏! 有終の美で締める2017年(その1) はコメントを受け付けていません
12月 232017
 

既報のとおり、本日12月23日の天皇誕生日の午後、群馬県藤岡市浄法寺の社会福祉施設「ケアタウン・たいよう」で、ボランティア演奏を行ったので、レポートする。

この日は、朝から風もなく穏やかな日和であり、夕刻よりお楽しみの新団員歓迎会というイベントを控えていることもあって、主力組10名は、公共交通機関で現地へ乗り込むこととなった。

JR高崎線の新町駅に11時半過ぎに集合。ここから、上野村行きのバスに乗り換える。しかし、小さめのバスは座席が12〜13程度、定員20名強程度のタイプ。

もちろん、他の乗客もいらっしゃるが、普段は座席に座れただろう所、おそらく、我々の闖入で、立たされる羽目となった方もいらっしゃった様子。大きめのブレザーケースを背負った我々を異様な目で眺める感じも?

6年前の、類似のボランティア演奏時、本庄駅からの移動時を思い出すなぁ。
2011年の活動納め 〜2011年12月17日イベント〜(その2)

しかし、この先に、我々を待つお客様がいらっしゃる。その思いを第1に、たとえ、バスの中で1人だけ立ちっぱなしになろうとも、合唱への情熱はほとばしって止むことはないのだ。

さて、本路線の特殊ルート(いわゆる盲腸ルート)の性格上、途中、世界文化遺産となった「高山社跡」を通過するという、ボーナスイベントが漏れなく附録として付いてきたわけだが、休日にもかかわらず、現地周辺の閑散さに唖然とし、その状況を撮影するのも忘れてしまった。

一時のブームを維持する困難さ・・・世の中のいろんな物事にあてはまる真理ではある。

そして、現地には定刻通り、12時半には到着。入所後、バスが思いのほか混雑して、昼食を摂る予定のあてが外れた者は、急いで昼飯を掻き込む。また、他の者は視程の楽譜隠しに製本作業を施す。

その後は、体操で念入りに身体をほぐし、いつもと同じ呼吸訓練への流れ。とはいえ、普段と違う環境の中、若干の高揚感を伴いつつ、アップが続いた。指揮者直卒による発声練習と、軽いリハーサルも終わり、お客様の待つ会場へと向かう。

棟の違うその建物に案内されると、そこには、手作りの嬉しい横断幕が!

関連記事:今年の歌い納めは、ボランティア演奏へ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:34

ご来場ありがとうございました【第9回演奏会】

 定期・自前演奏会, 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  ご来場ありがとうございました【第9回演奏会】 はコメントを受け付けていません
7月 302017
 

昨晩催しました小団による「第9回演奏会」ですが、おかげさまで、大過なく終演に漕ぎ着けることができました。

ご多忙中にもかかわらず、また足下の良くない中、お時間を割いてご来場くださったお客様に、心より御礼申し上げます。たいへんありがとうございました。

近年、団員数が漸減しつつあり、演奏会への集客数もこれと同じ動きを見せる中、団員一同、ある種の危機感を持って臨んだ演奏会でしたが、おかげさまで、500名近くの方においでいただくことがかないました。これもひとえに、メンバーからの勧誘に快くお応え下さった、お客様によるご厚意の賜物として、心深く受け止めております。

また、辛抱強くご指導頂いた中曽根先生と上原先生をはじめ、我々のステージのために奔走して下さった昌賢学園まえばしホール・スタッフの皆様、演奏会運営を快く手伝って下さった諸姉諸兄に対し、深く感謝申し上げます。

毎度の事ながら、行き届かぬ点も多々あったかと存じますが、次回演奏会に向け、課題を整理し、再び精進して参ります。

以上、取り急ぎ、皆様にご挨拶申し上げたく、一筆啓上致しました。今後とも、私共前橋男声合唱団をよろしくお願い申し上げます。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 15:21

過去の合唱祭演奏履歴を振り返ってみた

 合唱祭, 演奏会レポ  過去の合唱祭演奏履歴を振り返ってみた はコメントを受け付けていません
3月 182017
 

ふと出来心で、過去の小団の合唱祭の演奏履歴をまとめてみました。
とはいえ、団内限りのページには既出なのですけどね。

お時間があればぜひご覧下さい。
演奏スナップが寒音色程度と小さいのですがご寛恕の程・・・。

演奏日時 場所(ホール) 演奏曲目
第60回 
2016年10月9日
大泉町文化むら

“男声合唱組曲「雪明りの路」”より
 ○梅ちゃん
 ○雪夜

第59回 
2015年10月11日
スキャン 42
藤岡市みかぼみらい館 “男声合唱組曲「北陸にて」”より
 北陸にて
“男声合唱組曲「中勘助の詩から」”より
 ふり売り
第57回 
2013年10月13日
131013_1
伊勢崎市文化会館 “I Dream Of You…”より
○Fly Me To The Moon
○Summertime
○A woman is sometime thing
第56回 
2012年10月28日
121028_4
大泉町文化むら “男声合唱組曲「水墨集」”より
時雨
芦雁
第55回 
2011年10月16日
群馬音楽センター “歌劇「タンホイザー」”より
 大行進曲
(ピアノ:上原良子)
第53回
2009年10月18日
渋川市民会館 “Sea Chanties”より
 Shenandoah
(独唱:中川 哲)
 Sailing , Sailing (独唱:田村太作)
第52回
2008年10月19日
 
群馬音楽センター “It’s Broadway Musical”より
Night And Day

Memory
(ピアノ:上原良子)
第50回
2006年10月8日
 
前橋市民文化会館 “Traditional Spirituals”より
My Lord , What a Monin’
(独唱:中川 哲)
Sometimes I Feel Like a Motherless Child (独唱:武井友弘)
(ピアノ:上原良子)
第49回
2005年10月23日

 
群馬音楽センター “Traditional Spirituals”より
Guide My Head
(独唱:中川 哲)
Soon Ah Will Be Done
第46回
2002年6月25日

大泉町文化むら “Robert Shaw Choral Album”より
Good Night Ladies! (独唱:赤司圭介)
Aura Lee
第45回
2001年6月24日
 
安中市文化センター 「日本のうた」より
中国地方の子守歌

あわて床屋
第44回
2000年6月23日
 
前橋市民文化会館 男声合唱組曲
「尾崎喜八の詩から」より

冬野
天上沢
第43回
1999年6月20日
 
群馬音楽センター “Sea Chanties”より
Whup Jumboree 〜 Shenandoah
(独唱:中川 哲)
第42回
1998年6月21日
 
桐生市民文化会館

男声合唱組曲
「わがふるき日のうた」より

甃のうへ 〜 鐘鳴りぬ

第41回
1997年6月22日
利根沼田文化会館 男声合唱愛唱曲集より
Deep River 〜 Sing Along
第40回
1996年6月16日
 
前橋市民文化会館 “Sea Chanties”より
What Shall We Do With The Drunken Sailor ?〜 Sailing , Sailing

(独唱:中川 哲)
第39回
1995年6月18日
笠懸野文化ホール

男声合唱組曲「柳河風俗詩」より
紺屋のおろく 〜 かきつばた 〜梅雨の晴れ間
(指揮:中曽根敦子・・・以降同じ)

第37回
1993年6月13日
前橋市民文化会館 男声合唱組曲「月光とピエロ」より
・秋のピエロ
・ピエロ
(指揮:加藤泰志)
第36回
1992年6月14日
伊勢崎市文化会館 男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」より
・冬野
・天上沢
(指揮:大熊信彦)
第35回
1991年6月16日
利根沼田文化会館 ・Londonderry Air
・最上川舟唄
(指揮:加藤泰志)
第34回
1990年6月10日
安中市文化センターホール 男声合唱組曲「雨」より
・十一月の雨
・雨の日に見る
・武蔵野の雨
     

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 16:33

第60回群馬県合唱祭に参加

 合唱祭, 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  第60回群馬県合唱祭に参加 はコメントを受け付けていません
10月 152016
 

161009_3
既報のとおり、2016年10月9日(日)、第60回群馬県合唱祭に参加してきました。演し物として、男声合唱組曲「雪明りの路」より、”梅ちゃん”、”雪夜” の二曲をお送りしました。

男声合唱の浸透度イマイチの本会場では、どうも、過去のNHK朝ドラの「梅ちゃん先生」を念頭に置かれていた方もいらっしゃったようで?(笑)いずれにせよ、硬い声を拒むようなこの、「大泉町文化むら」。演奏の方はいかがだったでしょうか。

我々はこの日の午前から、対岸の熊谷市で声出しと事前練習を行ったわけですが、この時間帯は指揮者不在でありまして、指揮者以外の者が直前で曲をいじるのも難しく、中身を煮詰めてゆくというよりは、いつものように、まずは身体をほぐし、呼吸であたため、いろんな調でカデンツを響かせ、ハーモニーの微妙な機微を確認するにとどまりました。この時点では、曲の歌い込みが不足気味のメンバーには不安の残る状況だったでしょうが、とにかく、午後2時過ぎにピークを持ってくるという自己制御を団員一同心掛けました。

その後、会場で指揮者と合流し、その後徐々に気持ちを上げながら、リハーサルを迎え、本番でのパフォーマンスは、この日一番のものとなったのではないでしょうか。(公式録音がないのが残念です。繰り返しになりますが、県連は録音を復活させるべき)

それと、現地の駐車場事情も相変わらず悪かったようで、小団目当てに遠路足をお運びいただきながら、駐車できなかった方もいらっしゃったご様子で、大変残念でもありました。

これについては、主催者の扱うマネジメント事項ではありますが、音楽ホールのような、いわゆる都市機能というものをを郊外地に立地させることは、元来リスキーなものなのです。

自動車王国群馬県においては、公共交通が十分ではなく、地方における興業上の問題として、我々が取り扱うには大きすぎる気がしますが、せめて自前演奏会くらいは、お客様の「アシ」に十分配慮したものにしてゆきたいと思います。

161009_4

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 16:26

いかるぎ着物教室お花見会に出演!

 ニュース, 依頼演奏, 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  いかるぎ着物教室お花見会に出演! はコメントを受け付けていません
3月 132016
 

DSC_1216
久しぶりに、依頼演奏に出掛けて参りました。

2017年3月13日(日)。今回は、埼玉県熊谷市を中心に活動されている「鵤木(いかるぎ)着物教室」さんのお花見会にご招待されてのステージでした。

先方のご好意により、中曽根指揮者の着付けをしていただき、こんな出で立ちに!!(極妻風?・・・笑)

160313_2

なお、プログラムは、

◯さくらさくら
◯からたちの花
◯見上げてごらん夜の星を
◯おてもやん
◯作品第肆(男声合唱組曲「富士山」より)
◯上を向いて歩こう

【アンコール】
・365日の紙飛行機
・君といつまでも

160313_5

今回は、着物との親和性を考え、和風なラインナップ。

もちろん、お客様はみなさん着物をお召し。昨年11月の第8回演奏会においでになられた方もいらっしゃったり、和やかなムードの中、ステージは進んでいきました。

この日始めて披露した「365日の紙飛行機」は、朝ドラが月末には終わってしまうこともあり、間に合って良かったのだけど、出来はどうでしたでしょう?

教室の皆様にはたいへんお世話になりました。この場を借りて、心より御礼申し上げます。

160313_4
160313_3

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:26

第8回演奏会を開催!ご来場ありがとうございました。

 定期・自前演奏会, 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  第8回演奏会を開催!ご来場ありがとうございました。 はコメントを受け付けていません
11月 082015
 

151107_1

昨日開催しました小団「第8回演奏会」ですが、おかげさまで無事終了致しました。お忙しい中、ご来場いただいたお客様に、心より御礼申し上げます次第です。たいへんありがとうございました。

また、辛抱強くご指導頂いた中曽根先生と上原先生をはじめ、我々のステージのために奔走して下さった前橋市民文化会館スタッフの皆様、演奏会運営を快く手伝って下さった諸姉諸兄に対し、深く感謝申し上げます。行き届かぬ点も多々あったかと存じますが、次回演奏会に向け、フィードバックして参りたいと思います。

一定時間を経て、実際の演奏音源等をご紹介して参りたいと存じますが、まずは、取り急ぎ、皆様に御礼申し上げたく、一筆啓上致しました。

まだまだ未熟な小団ではありますが、今後とも、前橋男声合唱団をよろしくお願い申し上げます。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 19:51

埼玉県の社会福祉施設でボランティア演奏

 依頼演奏, 日記・コラム・つぶやき, 演奏会レポ  埼玉県の社会福祉施設でボランティア演奏 はコメントを受け付けていません
12月 232014
 

141221_1
2014年12月21日(日)、今年の活動の締めくくりとして、埼玉県児玉郡上里町の社会福祉法人「豊井会」で、ボランティア演奏を行いました。

会場の天井や窓際などには綺麗に飾り付けがされており、クリスマス気分満載。入居者の皆さんとも、一時間にも満たない時間でしたが、充実した楽しい時間を過ごすことが出来ました。

さて、この日のプログラムは次の通り。

 ○オープニング

  ・いざ起て戦人よ

 ○ロシア民謡

  ・ともしび

 ○男声合唱の仕組み

  ・見上げてごらん夜の星を

 ○メリークリスマス!

  ・White Christmas

  ・きよしこの夜

 ○みんなで歌いましょう

  ・ふるさと

 ○人生いつでも・・・

  ・上を向いて歩こう

 

いつもより(?)にこやかな表情の、まえだん面々

真剣に耳を傾けてくださる入居者の皆さん

いつもより(?)にこやかな表情の、まえだん面々

いつもより(?)にこやかな表情の、まえだん面々

この日は、若干の欠員のもと、16名のメンバーで施設を訪問。13時前からウォーミングアップを行い、14時から演奏を開始しました。ご担当の仲井さんのリクエストもあり、久しぶりに、「いざ起て戦人よ」をオープニング曲に持ってきました。

その後、皆さんもお馴染みのロシア民謡をお送りし、パート紹介を兼ね、男声合唱の仕組みについて解説。結構皆さん興味津々で話を聞いて下さいました。

途中、クリスマスの定番曲を皆さんと一緒に口ずさんだりして、会場内の空気もすっかり暖まり、白い歯かあちこちでこぼれます。その空気を前に、我々も一層リラックスして歌うことが出来ました。

そして、皆さんと一体となっての「ふるさと」斉唱。(用意しておいた歌詞カードをお一人お一人に届けてくれた酒井氏、大変ごくろうさまでした)

141221_4141221_5
この美しい故郷の象徴のような皆さんを前に歌うこの曲は、いつも、私達の心の奥を熱くさせずにはおきません。気持ちが一つになる感覚を追体験するとでもいうのでしょうか・・・。

そして、演奏の締めには、人気の「上を向いて歩こう」を。ノリのいいこの曲に触発されてか、一所懸命リズムに合わせて足を踏みならしてくださる方もいらっしゃって、大いに盛り上がりました。

また、アンコールはいつもの「君といつまでも」を。バリトン・阿久津氏による愛情あふれるセリフソロには、皆さん大いに注目し喜んでいただけたようです。

終演後の退場時には、「また来て!」との声援を頂戴し、我々も「また来るよ!」と笑顔で答えました。決して社交辞令でなく、本当にまた来ますので、皆さん、待ってて下さいね!

141221_9

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 16:16
Get Adobe Flash player