6月 032022
 

上原先生を囲む、中曽根先生とまえだん面々

2022年5月28日(土)の練習に、ピアニストの上原良子先生がご来臨。2年半振りのセッションとなった。

振り返れば、ご一緒するのは2019年11月の創立30周年記念第10回演奏会以来。その後、とある大曲の伴奏をしていただくことが内定していたが、コロナ禍による団員減や活動量低下により、レパートリーが差し替わることとなりお会いできず仕舞い。その後、新レパートリーを「(仮)信長貴富セレクション」として再編成し、上原先生にあらためてご指導を仰ぐこととなったのだ。

この日は、先生到着前に念入りに急所の確認を行った。これまで軒並みア・カペラで練習を行ってきたこともあり、ピアノとの始めての合わせでは、戸惑いから歌えなくなりフリーズする場合が予想される。かつて、これまでとは様子が異なり、上原先生が加わった事による音楽の変化が波のように打ち寄せ、棒立ちになってサンドバッグ化してしまった自分を思い出す。(汗)


セッション直前に中曽根先生は、「容赦なく行くよ!」と半笑いしながら我々を煽っていたものだが、セッションが始まると、どうしてどうして、優しく寄り添ってくれる両先生。時には、強くリードして我々が歌いやすくなるよう導いてくださる。やがて、ピアノと一緒の方が数倍歌いやすいという事実に気がつく。詩のきらめきをピアノの連なりが編み上げてゆき、歌い手をインスパイアしていくような・・・、自然に脳が反応する?もしかしたら、無伴奏の時より、身体から力が抜けた状態で歌えたのではなかったか・・・そんな心地よさも感じる、あっという間の一時間半であった。



もちろん、我々は準備万端と胸を張れるほどではない。心地よいと言っても、瞬間のような短い時間が点在するような、点が線につながっていない状況だろう。しかし、そんな中でも、手応えのようなものを今回のセッションでは感じ取れたのではないだろうか。次のセッションが今から楽しみである!

さて、第11回演奏会まで半年を切った。言わずもがな、効率的な練習をどれだけ多くの団員と共有できるかが課題として立ちはだかっているのはいつものことだ。もちろん、それに加えコロナ禍という制約の重し。そこまでして追求したいもの、手に入れたいものは何なのか。懲りないこの男共の行く末にどうぞご注目ください。

そして、練習後には、またまたセカンドの樋口氏よりトマトの差し入れ。今が旬の群馬県産のトマト!「まっさか、これがうめぇんだぃなぁ!」(群馬弁)
いつもご馳走様です!

下の画像は、指揮者と樋口氏の配給に並ぶまえだん面々。
(練習終了後、指揮者も歌い疲れた我々のために、甘味のお菓子を恵んでくれるのが常なのですよ・・・)


 

友だち追加


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 15:42

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

@Mae_Dan