2009年10月10日(土)通常練習

 練習日誌  2009年10月10日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません
10月 192009
 

■場所 群馬県生涯学習センター(音楽スタジオ)
■出席人数20名(T1:3 T2:5 B1:5 B2:7) 出席率83%

このところ、20名を越すメンバーで合唱をつくることができている。
80%越えの練習が固めて実施できれば、練習の進捗には手応えというものが出てくるものだ。

しかし、出席率云々を話題にすると、 これへのアレルギーからか、
反発を感じてしまう方が必ず出てくるものだが、
客観的問題として、合唱団運営にとって扱う様々なパラメターの中でも、
最重要のものの一つなのだ。

出席率と練度の相関関係は今更ながら論ずるまでもなく、非常に高い。
高出席率をいかに維持し、音楽的完成度を高めていくかという命題は、合唱団運営の基本である。

この日は、発声のメニューをガラリと変え、
息の流れを意識しながら、全体で一つのトーンを作ることに集中したこともあり、
普段は、音を出しすぎのきらいがある小団を、
次のステップに確実に足を掛けたことを実感できる段階にまで全員で押し上げることが出来たように思う。

各パートで一人ずつを欠くという、準完全・・・という出席状況の中、 上原良子先生の来臨を仰ぎ、
「チャイコフスキー歌曲集」「I’ts Broadway Musical」を中心に練習。
Topは3人と、バランスからすれば非力さは否めないが、
今回は目立って発声が破綻をせずに、練習終了時間を迎えられたことは特筆すべきだろう。

その確率を更にアップできれば良いのだが。 もちろん、全体としては、いまだに縦が揃わず、
正直なところ音取りに不安を抱えているメンバーも散見される。

しかし、各フレーズだけでなく、小曲を貫く骨格のようなものが見えてきた気がする。
(今更ながらだが)
それは、メンバーも感じていることだろう。
その骨格を更に、一つの曲集として、輝かしいキールとして構成できれば理想だろう。 

続いてア・カペラ曲の練習を。 9月26日の練習日誌にも記したが、
草野心平の詩からの「石家荘にて」。
まだまだ手こずっている。

前回できたバリトンから始まる上3声のオブリガードは今回はうまくゆかず。
この前の流麗さは、単なる偶然だったのか?

以上、練習日誌では練習の雰囲気や成果や課題等々、1%も表現することはできないのだが、
本日は、随所に光る物を見つけることが出来た良い練習であった。
こんな雰囲気の練習を本番まで続けて行ければいいと思った。

■連絡事項
(指揮者より)
・次回も、ピアノとの合わせ。
・合唱祭直前となるので、「Shenandoah」「Sailing,Sailing」の二曲も練習します。
(事務局より)
・ミュージカルステージ衣装合わせ
・来年のジョイントコンサート日程調整
・パートの集合写真について
・演奏会負担金及びチケットノルマ納入のお願い
・次回練習は10月17日(場所は前橋中央公民館)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:53

第53回群馬県合唱祭・出演予定

 ニュース, 合唱祭, 日記・コラム・つぶやき  第53回群馬県合唱祭・出演予定 はコメントを受け付けていません
10月 142009
 

今年の群馬県合唱祭は来る10月18日(日)に渋川市民会館で行われる。
今日が14日なので、あと四日後ということになる。
 北毛地区開催での参加は、1997年(平成9年)の利根沼田文化会館以来である。

それにしても、合唱祭の日程が毎年、イマイチ不安定なんだよなぁ。
今年の日程に対しては都合が合ったので参加と言うことになったが、
このまま、10月第三日曜での開催を固定化するのなら、とっととして欲しい。
来年の日程が内定しているのなら、早めにアナウンスしてくれりゃ助かるのにねぇ~。

さて、そんなわけで、過日、事務局より当日のタイムテーブル等の資料が団に届いた。
前橋男声合唱団は全52団体中33番目の出演。
順調に運べば、大体15時00分頃の本番演奏予定となるだろう。

曲目はSea Chantiesから、”Shenandoah”と”Sailing,Sailing”の2曲。

今年も客席で聴くことを義務づけられているため、
モチベーションやコンディションの維持には、団として注意を払わねばならないだろう。
下手すれば、今回はマスク着用必須かも知れないなぁ。
(少なくとも、小生は、なるべく人混みを避け、マスクをして身を守ろうと思っている)

我々にとっては、合唱祭は貴重な演奏機会であるが、所詮ステップアップの場に過ぎない。
これを十二分に活用し、11月の第5回演奏会につなげてゆきたいと目論んでいる次第。
そして、打ち上げで飲んだくれてしまおうと目論んでいる次第。

追伸 我々の演奏終了後、会場内外で「第5回演奏会」のちらしを団員が配布します。
   見かけた方は、逃げないで、どうかもらってくださいませ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:12

2009年10月4日(日)補習練習

 日記・コラム・つぶやき, 発声, 練習日誌  2009年10月4日(日)補習練習 はコメントを受け付けていません
10月 132009
 

小団では、イレギュラーにだが、指揮者からの指示もしくは団員からの要請で、
ローカルな補習練習や、臨時のパート練習が、通常練習とは全く別の日に行われることがある。
その場合、やはり指揮者がインストラクターとして、直々に指導するということが多い。 

実は、この練習日誌では触れていないが、去る6月7日と7月20日に、
(いずれも日曜日) ソリストを対象にした練習を実施している。
その際のレポートは本ブログでは割愛したが、ソロ担当者つごう8名が受講(?)し、研鑽を積んだ次第。

今回は、この5月から復帰した団員から、音取り教導要請があり、
団公認のもと設定された臨時練習会であったが、
それに先駆け、不肖私の特練も合わせて実施された。

小生は来る演奏会で二曲のソロを担当することとなっているが、
仕事が多忙化した結果、通常練習以外にほとんどまともに練習する機会を得ず、
その通常練習においても、
「手抜き→喉に頼る発声→手抜き」という、黄金(?)の悪循環に陥ってしまい、
一言で言えば、すっかり腹の使い方を忘れつつあったということなのだ。

この日は、指揮者から、もうケチョンケチョンにけなされ、 つまらぬプライドは引き剥がされて、
おのが実力というものを再認識させられたのだった。
あまりの情けなさに、正直心底穏やかならぬ気持ちが沸き上がりかけたが、
全く大人気ない限り・・・音楽に対してちゃんと正面から向き合わなくては!

以前の練習日誌に、自分の発声に迷いが生じた時は、
ある地点まで戻って、自分を確認する所を確保しておくと良いなどと、
全くのぼせ上がった事を記してしまったが、記した本人は、何とそれができていなかった。

そして、この日は、まさにそうせねばならない日であったのだ。
いや、距離にすれば、随分戻る羽目になったのかも知れない。

第5回演奏会を前に、ある意味リスキーな賭けであったが、これで良かったと思っている。
山行の際も、道に迷ったら分岐点まで引き返して、進路を確認するのは基本であろう。
本当は自らそれを決断するものだが、 この日は、無理矢理指揮者に引きずられ、
力ずくで戻された感じではあった。

もし自分の進むべき道をロストしつつある団員がいたら、 くよくよ悩んでいないで、
たまには指揮者(じゃなくとも第三者・・・)に、 発声を診てくれるよう頼むことをオススメします。
少なくとも、我流の世界では気がつかなかった新たな発見と進歩があるはずです。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:19

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団演奏会(指揮:西本智実)

 演奏会レポ  ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団演奏会(指揮:西本智実) はコメントを受け付けていません
10月 122009
 

 

2009年9月21日(祝) 於:サントリーホール

西本智実。「男装の麗人」・・・こんな至って陳腐なキャッチコピーで、 最近テレビでの露出度が高くなっている注目の指揮者です。

中身のない人物程外見にこだわるといいますから、彼女の鼎の軽重をはかりかねていましたが、それは、こんな売り出し方を選択している所属事務所のやや軽薄な思想によるものなのでしょうね。 テレ朝の「徹子の部屋」にも、もう既に出演済みで、YouTubeあたりでも視聴可能です。

特に聴きたいと焦がれていたわけではなかったのですが、ちょうどチケットが入手できたので、 新宿湘南ライナーに乗って、サントリーホールまで行ってきました!

まぁ、目的は、もちろん音楽を楽しむためですが、その演奏を聴いて、 (僭越ながらも)彼女の実力を推し量りながら、あれこれ考えることも第二の愉しみとして、 私の心の奥に潜ませての上京ということになりました。

この日のプロは、ロイヤルフィルの日本ツアー中におけるAプロで、
「トリスタンとイゾルデ前奏曲」
「マーラー交響曲第五番」
というお品書き。

何と2000円というパンフを売っていたので、正直高いと思いましたが、 どんな事が書いてあるのだろう?という好奇心が勝り、上掲画像のとおり購入。

予想通り、この日だけのパンフというわけではなく、ツアー中に使い回しの可能な、 他のプログラムと共用の代物でした。

チューニングが終わって、西本が燕尾服に身をまとい、颯爽と袖から登場。 私の席からは少々遠かったのだが、お顔を拝見。

すると、青白いとも思わせる顔色に見えたのだが、 (化粧の効果もあるだろうが)それは彼女の肌の地が真に白いからそう見えるのか、体調が今ひとつだからなのか見分けはつかなかったわけですが、 ともかく、そそくさと演奏に取りかかる指揮者。

西本の指揮する生演奏を初めて聴いての第一印象は、(再び偉そうなことを言うようですけど) 音楽のつくりは端正で丁寧、(←そういうところを敢えて女性的と言えば言えなくもないが) 打点も明瞭で、聴き手には明快で共感しやすい要素が多いものの、 演奏自体が濃厚さというか重厚さに欠けるように感じました。

立ち姿はスマートで、物腰が柔らかな感じが、ロイヤルフィルの音楽をそうさせるでしょうか。

しかし、「トリスタン」も「マラ5」も、金管がよく鳴るわ鳴るわ。 金管が腹の底から突き上げるように響かせる演奏は、心地よいほど。 群響の何倍も鳴ってました。(汗)

ただ、それが良く影響する場合と、リスクに転じてしまう場合がありますからね。 そこが注意ですよ、西本さん。

だからって、弦もそりゃもう素晴らしかったですよ。 注目していたマーラー第5番第4楽章・・・、緩急の差やテンポの揺れはあまりなく、 濃い味付けが好みの私にとっては、やや物足りなかったのですが、 ハープと弦(特にヴィオラとチェロ)の透明感溢れる美しさには、もううっとりするしかありません。

うーん、やっぱり「ベニスに死す」の先入観が強いのか、映画中の断片的なシーンを思い出しますね。 それに、この楽章は、学生時代取り組んだ「リュッケルトの詩による五つの歌曲」のうちの、 第三曲”私はこの世に忘れられ”の主題を包含するということもあり、 元々個人的には思い入れの強い楽章なんです・・・。

18時開演で、まず「トリスタン・・・」、20分のインタミの後、「マーラー」。 20時10分には終演していたから、全体的に駆け足の演奏だった印象が強く、 このテンポの速さが、重厚さに欠ける印象を強くしているのかも知れません。

いや、それにしても、演奏終了後、拍手の嵐の中、西本が舞台袖を出入りする度に、 なんだか、スタンディング客が増えてゆくんです。

個人的には、私はさほどとは思っていなかったので、客との感覚の乖離に戸惑いながらも、その客層を観察。

どうやら、スタンディングしているのは、年輩の女性が圧倒的! 想像だが、ありゃ追っかけのオバハンっぽいね。 熱狂してるんですかね? 「オスカル様ーっ」。うーん、ここは宝塚か。

ママさんコーラスでも、クラシック演奏会でも、やっぱオバハン最強です!

とはいえ、愛想をほとんど振りまかない西本も、これ最強!

「女性指揮者」ってだけで、色眼鏡で見てしまうのが我々民衆の持つ一般感覚。 「男装の麗人」なる特異なキャラは、それはそれは興行面では成功しているのでしょうけど、 ご本人は、本当はそれを持ち出さずに堂々と音楽で勝負したいと願っているのではないでしょうか・・・。 ま、それも、私の勝手な「そうあって欲しい」という願望でしかないのですが。

まぁ、特殊なオバハンの戯れを別とすれば、たまには海外オケの演奏も良いものです・・・。 純粋に生演奏を楽しめたし。 芸の肥やしにもなるしね!(なればいいのだけど!)

すんません。次は、合唱演奏会聴いてきますので。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 08:29

2009年10月3日(土)通常練習

 新入団万歳!, 練習日誌  2009年10月3日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません
10月 112009
 

■場所 前橋中央公民館(47スタジオ)

■出席人数21名(T1:4 T2:6 B1:5 B2:6) 出席率91%

■練習内容

本日は三ヶ月ぶりに上原先生を迎えての練習である。 6月27日の通常練習以来のセッションとなる。

 確か、そん時の練習日誌では「さぁ〜て、曲を寝かせます」みたいな余裕綽々の発言をしたものだったから、久々にピアノ曲を前に、単なる「忘却」という右下がりの目も当てられない結果になるのではと、 内心気が気ではなかったものだが、指揮者直営の「音取り確認」が旧盆前まで課せられたこともあってか、 忘却率はどうやら限定的なものとなったようで、ひそかに胸をなで下ろしている。

とはいえ、「忘却」が皆無ではないことは明白であり、 この時期に、若干の焦りを持つ(持たされる?)ことは、良い意味で薬となるだろう。 いや、そうせねばならぬ。

毎日一回楽譜を眺めろとまでは言わないが、例えば仕事をしながらでも、 喉の奥に、ふとチャイコのメロディが繰り返し沸き上がるようになれば、(勿論歌詩付きで) 案外早期に、曲は熟成へと向かうだろう。

上原先生も三ヶ月というブランクをものともせず、我々を甘美な世界に導いてくれる。

ピアノという楽器は、弦楽器や管楽器と異なり、誰しも鍵盤を叩けば一応音は出る。 極端な話、年端のゆかぬ幼児に出さえ、使うのが一本指だけでもピアノは楽器たりうるわけだが、 ヴァイオリンやフルートはそうはいかぬ。 下手すれば、たちまち単なる木箱や金属棒に成り下がってしまう。

そういうピアノの特質をもってしても、弾く人物をして、その音には驚くべき差を生じせしめる事実は、 全く我々を、音楽というものの持つ不可思議さ深遠さに対して畏怖させるものでしかない。

それは、全く合唱にも言えることだ。 集まった人間がそこで声を発すれば一応は合唱となろうが・・・(略

さて、今週も20人以上のメンバーが集まり、残り少ない練習時間を共にできた。さすがに、我々にもブランクがあり、どの小曲も当初は若干のぎこちなさを漂わせていたが、終盤、それも吹っ切れて、従前のレベルを思い出しつつあるようだ。

華美なミュージカル、対するは陰翳の濃いロシア語歌曲・・・。

少なくとも両曲を同じ音色の中、一本調子で歌ってしまうことは絶対に避けたい。 そんな当たり前のことを、あらためて考えさせられた練習であった。

■連絡事項 (指揮者より)
・次回も上原先生との合わせ。
・ピアノ曲二曲を必ず持参のこと。(つーか、全部持ってきて)

(事務局より)
・次回練習は10月10日(場所は生涯学習センター音楽スタジオ)

■特記事項
9月5日の練習でお見えになった前田真樹さんが、本日をもって入団することとなった。
誠にめでたい限りである。 一緒に、末永く男声合唱をたのしみましょう。

本家ホームページニュース欄に(←リンク切れ)も情報を掲載したのでご参照下さい。
(下の画像は、ちょいピンボケなのだけど、前田さんを歓迎する万歳三唱風景・・・ お辞儀をしているのは山岸団長で、その右隣が前田さんです)

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:50

2009年9月26日(土)通常練習【10/11追記】

 練習日誌  2009年9月26日(土)通常練習【10/11追記】 はコメントを受け付けていません
10月 082009
 

■場所 群馬県生涯学習センター(音楽スタジオ)
■出席人数20名(T1:4 T2:5 B1:5 B2:6) 出席率83%

秋の大型連休を挟み、二週間ぶりの練習となった。
ア・カペラ曲とミュージカルを少々というメニュー。
ピアニストは、本日はやはり都合が悪く、お見えにならぬ。

さて、プロ野球なんかを見ていると、強いチームというものは、負け試合でも巧みにまとめて、
次の試合につなげる負け方をするものである。

攻撃側なら、最終回に粘り強い攻めをして、得点を挙げるも、追いつかずというパターン。
守備側なら、(敗戦処理の)投手が、存外いいピッチングをして締めくくったりした場合だ。

先回の年初来の低出席率での練習は、そういう意味では負け試合に等しいのだろう。
その負け試合をいかに、次回練習につなげられるか。
理屈では、第一義的に欠席者が遅れを取り戻す努力をせねばならないわけだが、
多忙で欠席するのに、それができるわけがないというのが、嘘偽りのない実情といったところだろう。

このため、出席者がどのような練習をしたかを知らせることが肝心となるわけで、
拙ブログがその役割を果たさねばらないわけだが、題名の通り「気まま」に過ぎるので、
このように周回遅れの更新を続けていたのでは、あまり役に立たないだろう。

とはいえ、低出席率の練習では、練習効率が上がらず、
皮肉なことに、欠席者に伝えるべき内容に乏しかったりするから困ったものだ。
だが、へこたれてばかりはいられない。

場合によっては、その出席メンバーだけで本番を否応なく迎えねばならない状況に、
いつ追い込まれるやも知れないのだから。

出席者だけで、いかにベストを尽くし、次回につなげられる練習をするか。
今日び流行らない精神論であるが、
踏ん張り処というのは、どんな事に取り組んでいても、必ずある。

要は、その際の気の持ち方なのである。
欠席者に、練習日誌を熟読して次回練習に備えろとは言わない。
(つーか、そんなためになること書いてないし・・・)
出席者が、キッチリそういう練習を続けていくこと自体が、
いつしか高出席率を呼び、練習の好循環を形成してゆくものと信じている。

今回は、先回からの反発からか、出席者も20名の大台を回復。
いよいよ、二ヶ月前となり、練習も大詰めを迎える。(迎えなければならない)
次回以降、反落しないことを切に望む。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「石家荘にて」(10/11追記)
しかし、難曲である。
噛めば噛むほど味が出るとはよく言うが、
歌えば歌うほど、特有の苦み走った詩の香りや枯れた味わいというものがひきたってきて、
それにむせてしまい、なかなか歌い切れない我々がいる。

冒頭のB系フーガでは、表現が首尾一貫せず、どうしても緊張も中折れしてしまう。
曲調の頂点や主題的なメッセージをいかに強調させて歌いおおせていくか、
元々モノクロ調のタダタケ節を感情を殺しながら、表現豊かに歌うにはいかがすべきか?

それは、単なる音量の大小だけでコントロールするのではない。
何かを感じて言葉を発する際、我々はその感情の種類によって声色が変わるのが普通だ。

聴き手側も、同じ台詞でも表現者の喜怒哀楽の状況如何で、受取り方を変えるだろう。
まずは、理屈ではなく何かを「感じること」・・・それが先決だし、これ以外にない。

「自分が気持ちよく歌うこと」に一所懸命で、「感じること」を忘れずにいたい。
もっと、声そのものや、息の流れに何かを吹き込む根源的な作業・・・
そういうものが、今の我々には欠落しているような気がしてならない。

そんな停滞感漂いつつあるこの曲の練習であったが、
46小節目の毎度の難関をバリトンメンがさらりとやっつけ、指揮者の絶賛!(何と珍しい!)  
(↑結局、この一事を書きたくて、本稿に追記しました)

■連絡事項
(指揮者より)
・次回、ピアノとの合わせ。
・ピアノ曲二曲を必ず持参のこと。
(事務局より)
・次回練習は10月3日(場所は前橋中央公民館)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:02

新団員キター!!!

 ニュース, 新入団万歳!, 日記・コラム・つぶやき  新団員キター!!! はコメントを受け付けていません
10月 032009
 

前列左から山岸団長、前田さん、 三ヶ月ぶりに登場のピアニストの上原先生、われらが中曽根先生


~ 1月以来の 万歳三唱~

今年に入って二人目の新団員を迎えることとなった。お名前は前田真樹さんという方である。

実は9月上旬に一度練習見学においでいただいていたのだが、それ以来、熟慮されたご様子で、今回再び練習場に姿を 見せた際には、既に決意が固まってらしたご様子であった。

その9月上旬には、練習レパをご一緒に歌ったりしていらっしゃったが、今回はレパートリーこそ異なるものの、興味深そうにメンバーの楽譜をのぞき込む姿が記憶に残っている。

ご住所はなんと埼玉県上尾市。小団三人目の埼玉県人ということになる。

普段、前橋市内に勤務されているとのことで、団内随一の遠距離通楽者確定である が、助け合って末永く男声合唱を楽しんでいければと思う。

また、既に都内の男声合唱団へ所属しているとのことで、11月にやはり本番を迎えるそうで、当面はそちらに傾注されるご意向である。

パートであるが、ベースに決定した。団としては、年初に1名の新団員の加入をみるも、以来2名の休団者が相次いでいたところ、前田さんのご加勢を得、実 働団 員数24名(T1:4 T2:6 B1:6 B2:8) を回復することとなった。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:43
Get Adobe Flash player