新レパートリー出そろう!  残り二つは、”Spirituals”に”吹雪”!

 ニュース, 日記・コラム・つぶやき  新レパートリー出そろう!  残り二つは、”Spirituals”に”吹雪”! はコメントを受け付けていません
12月 252004
 

既報のとおり、団のレパートリーの一つとして、
男声合唱とピアノのための唱歌メドレー「ふるさとの四季」 が決まっていたが、
このほど、第4回演奏会を見据えた残りのメイン・レパートリー2つが確定した。

まずは、”Negro Spirituals”。
(注:従来、”Negro Spirituals”と呼称してきたが、近年、”Negro”という単語が差別的であるとして、
 単に”The Spirituals”と呼ばれることが多い。
 本稿では、敢えて、男声合唱としては定番の従来表現を用いることとした)

団としては小曲単位で歌った事があ るのみだ。

まずは草創期の1990,91年頃(平成2、3年頃)に、
“Nobody Knows De Trouble I See”や”Soon Ah Will Be Done”
そして、1997年(平成9年)の合唱祭で”Deep River”を歌ったという、
数少ない歌唱経験を持つに過ぎず、ちょっとかじったことがあるという程度である。

具体的な小曲名は、現在選考が続いており、 年明けには全容が明らかになる見通しである。

また、もう一つの男声合 唱組曲「吹雪の街を」は、
伊藤整の詩集「雪明かりの路」を題材に、多田武彦が曲をつけた。

1979年に、詩の舞台となる地元、小樽商科大学 グリークラブによって初演されたという、
タダタケ作品の中でも比較的新しい曲で、
北国の情趣の中、伊藤の青春(性春?)の苦悩と挫折を描いた全6曲から構 成される。

やはり多田の作曲したもう一つの組曲「雪明かりの路」とは、明らかに趣を異にするし、
前回歌った「草野心平の詩から」などとはガラリと雰囲気を 変えていかなくては、とても歌えない。

詩を通読するに、現代であればストーカーとして逮捕されるのは必至な内容なのであるが、
その純粋さやひたむきさは、 逆にそれが失われつつある現代に生きる我々にとって、
とても魅力的だったり新鮮に思えたりするのである。

こうして陣容が整ったところで、年末年始を迎えることとなるが、
十分英気を養い、新年からの本格練習開始に備えたいものである。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:39

メンバーズ・ページを開設!

 ニュース, 日記・コラム・つぶやき  メンバーズ・ページを開設! はコメントを受け付けていません
12月 152004
 

読者貴兄もお気づきと思われるが、当団HPに、このほど「団員専用」メニューが追加された。 

コンテンツとしては、団にとっての内部資料が中心となる。
ライブラリアン的なレパに関する資料や音取りデータ、そして過去の音源、
更には、運営面での諸資 料のダウンロード、当団規約類の閲覧等々ができる仕組みだ。

また、現レパートリーの楽譜を電子化し、掲示する事とした。
生成されたファイル内に練習中での 指揮者の指示事項等を書き込んでいくことにより、
練習欠席者や休団者にも、練習の進行具合をチェック可能にし、彼らへフォローに資するのが目的である。

多 忙な社会人合唱団であるため、これからも様々な工夫を凝らして、男声合唱を楽しんでいきたい。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:37

新団員きたるっ! 恒例の万歳三唱大会

 ニュース, 新入団万歳!, 日記・コラム・つぶやき  新団員きたるっ! 恒例の万歳三唱大会 はコメントを受け付けていません
12月 012004
 

2004年11月28日の練習に見学に来られた湯浅貴夫さんが、練習後、入団を宣言した。

入団は、先日結婚して現在 新婚旅行中の西山氏以来で、これで実働メンバーが14名となった。

湯浅さんには発声から一緒に加わっていただき、アンサンブルにもベースとしてしっかり歌っていただいた。

このため、練習の実体を否応なく味合わうことと なり、前橋男声の練習の良い面悪い面を含め、身を以て入団の可否が判断できたのでは?と、この入団経緯に対し、マネージャーとして勝手に自画自賛するとこ ろである。(結果オーライで、ホントは胸を撫で下ろしている?)

そんなわけで、近いうちに歓 迎会が催されることとなったので、メンバー諸兄は祝宴の準備をされたい。

写真は万歳する面々と、湯浅さん(前列中央)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:28
Get Adobe Flash player