12月 252004
 

既報のとおり、団のレパートリーの一つとして、
男声合唱とピアノのための唱歌メドレー「ふるさとの四季」 が決まっていたが、
このほど、第4回演奏会を見据えた残りのメイン・レパートリー2つが確定した。

まずは、”Negro Spirituals”。
(注:従来、”Negro Spirituals”と呼称してきたが、近年、”Negro”という単語が差別的であるとして、
 単に”The Spirituals”と呼ばれることが多い。
 本稿では、敢えて、男声合唱としては定番の従来表現を用いることとした)

団としては小曲単位で歌った事があ るのみだ。

まずは草創期の1990,91年頃(平成2、3年頃)に、
“Nobody Knows De Trouble I See”や”Soon Ah Will Be Done”
そして、1997年(平成9年)の合唱祭で”Deep River”を歌ったという、
数少ない歌唱経験を持つに過ぎず、ちょっとかじったことがあるという程度である。

具体的な小曲名は、現在選考が続いており、 年明けには全容が明らかになる見通しである。

また、もう一つの男声合 唱組曲「吹雪の街を」は、
伊藤整の詩集「雪明かりの路」を題材に、多田武彦が曲をつけた。

1979年に、詩の舞台となる地元、小樽商科大学 グリークラブによって初演されたという、
タダタケ作品の中でも比較的新しい曲で、
北国の情趣の中、伊藤の青春(性春?)の苦悩と挫折を描いた全6曲から構 成される。

やはり多田の作曲したもう一つの組曲「雪明かりの路」とは、明らかに趣を異にするし、
前回歌った「草野心平の詩から」などとはガラリと雰囲気を 変えていかなくては、とても歌えない。

詩を通読するに、現代であればストーカーとして逮捕されるのは必至な内容なのであるが、
その純粋さやひたむきさは、 逆にそれが失われつつある現代に生きる我々にとって、
とても魅力的だったり新鮮に思えたりするのである。

こうして陣容が整ったところで、年末年始を迎えることとなるが、
十分英気を養い、新年からの本格練習開始に備えたいものである。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:39

Sorry, the comment form is closed at this time.

Get Adobe Flash player