2004年1月31日(土)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(初代)  2004年1月31日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
1月 312004
 
[練習会場]
前橋市中央公民館/音楽鑑賞室
[練習参加人数]
トップ
セカンド
バリトン
ベース
[練習メニュー]
[記事]
体操 ラジオ体操、各部位の凝りをほぐす体操。脱力。脱力時に腰部が膨らむことを意識する。
呼吸練習 北川さんによる指導。少しかがんだ姿勢で息を吸う。腰が膨らむことを意識し、その膨らみを保ちつつ息を出す。
4拍で吸い、4拍で吐く練習。4拍で吸い、4拍止めて、4拍で吐く練習。胸部は脱力して、声を出す位置から腹で支える位置までの圧力を保持する。
発声練習 ‘マーアーアー’(1度の動き)、スタッカート、‘アーエーアーエーアー’(ロングトーン)、‘アエイオウー’
肺筋柔らかく、腹筋硬く。
[練習曲目]
[記事]
Grandfather’s Clock 以下、中曽根先生による指導。
冒頭のバリトン、‘Bohng’が切羽詰った感じになっている。
p系は濃く、気を抜かないこと。
Vive L’Amour 母音が浅い。‘compagnie’の‘nie’など。
molto crese.(61~62小節)はいい音の方向へ。音を分散しない。
最後の‘Vive-’の‘vi’もいい音でぶつける。ただ闇雲に歌わないこと。
Wait For The Wagon ‘wait’は‘t’までしっかり発音すること。
Good Night,Ladies ‘Good Night’の発音の切れが悪い。
‘Oh!’のfpはもっと一瞬に表現すること。
繰り返しの箇所。fの時に腹筋を忠実に使って歌わないと、2度目のppではとても対応できない。もっと腹筋を使うから。ppをより一層ひきたてて歌わなければならない。
Aura Lee ‘air’等のe母音、‘Lee’等のi母音に気を付けること。
男声合唱組曲
「草野心平の詩から」より
「石家荘にて」
暗い雰囲気の曲だか、遅くなるわけではない。冒頭のベースがややもたれ気味。特に動きのある旋律でそれが顕著になる。フレージングを感じて歌うこと。
トップ、‘はいりきたれり’と‘げつがうたわず’が歌えていない。完全に負けている。怖がらずにとにかく歌え!
「天」 ひととおり通して歌った。
もし壁にぶち当たったら、色々工夫して歌うなど自分なりに解決し、克服すること。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:56

2004年1月17日(土)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(初代)  2004年1月17日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
1月 182004
 
[練習会場]
群馬県生涯学習センター/音楽練習室
[練習参加人数]
トップ
セカンド
バリトン
ベース
[練習メニュー]
[記事]
体操 ラジオ体操、柔軟体操。
呼吸練習 中川さんによる指導。2拍で吸い、8拍で吐く練習。息をとにかく吸う練習。スタッカート。瞬間ブレス等、入念にやった。
発声練習 ‘ミミミミミー’と歌い、響きを掴む練習。
‘アエアエアエアエアー’、喉で「ア」と「エ」を歌い分けない。響きを保持する。
‘イーマヤーマニー’、最初の「イー」でビシッと決める。「ヤ」で響きを掴む。「マニー」の下降音階では丁寧に。
[練習曲目]
[記事]
Wait For The Wagon 以下、中曽根先生による指導。
曲の後半のpがうるさい。そのため、リピートで曲の頭に戻ったときのmfが生きない。
テナー系のpは口先だけで歌っている印象を受ける。もっと中身の濃い声で歌うこと。
‘ride’の‘r’の発音に気を付けること。
テナー系は、2回目のppで歌う‘wait for the wagon’のフレーズをレガートで歌うこと。
Grandfather’s Clock ‘Bohng’が浅い。
‘with a blooming and beautiful bride’は、おじいさんの人生の中で華々しい一場面だ。‘died’とは対照的に、いかに生き生きと歌うか、表現力が問われる。
Good Night,Ladies 冒頭のpはmpくらいでも構わない。
中盤の繰り返しの部分では、2回目のppが、中身が薄い感じになっている。1回目のfをしっかり歌い、2回目のppを引き立たせること。
常に前向きに、建設的に歌うこと。
からたちの花 レガートで歌うこと。音符と音符の間に僅かな隙間がある感じになっている。つまり、切れ切れになっている。せめてひとまとまりのフレーズごとにとらえること。
ア母音が浅い。例えば、‘からたち’の‘か’、‘さいたよ’の‘さ’‘た’など。
最後の‘さいたよ’の‘よ’は口腔の奥を意識して歌うこと。
赤とんぼ これもレガートで歌うこと。
4番歌詞、トップとバリトンの‘とまって’は音の動いている所が促音で目立ちがち。言葉を優先して自然に歌うこと。
男声合唱組曲
「草野心平の詩から」より
「石家荘にて」
これもレガートで歌うこと。(特に冒頭)
ぼーっとした雰囲気、クリアじゃない雰囲気を表現すること。まずは音の明るさに気を付けるべし。
ベース系は音が鳴るまでに時間がかかるので、テンポが乱れぬ程度に早め早めに言葉をつかまえるよう意識して歌うこと。さもないと遅れてしまう。
最後の一段はかなり濃い。途切れることなく集中して歌うこと。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:33

2004年にあたって

 ニュース, 年末年始, 日記・コラム・つぶやき  2004年にあたって はコメントを受け付けていません。
1月 012004
 

前橋男声合唱団ホームページをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ、前橋男声合唱 団をよろしくお願いいたします。

1990年代の失われた10年を機に先の見えない世の中に突入し、随分時間が経ったような気がしておりますが、情勢はこの初春を迎えても、相変わらず混 沌として、一寸先は闇・・・というのが、一般民衆の素朴な感覚ではないでしょうか。

合唱界もまた、長期低落の危機が叫ばれて久しいものがあります。かつて のうたごえ運動以来、再び合唱が世間の注目を集めることは少なく、音楽ジャンルの中でも低位な位置づけを与えられることとなり、今に至っています。

中でも 男声合唱は、その希少さからも、特殊性をもって語られる事が多いものとして、時々は喝采をもって、しかし大抵は奇異な目で見られてきたように思えます。

仕事を持ちながら、趣味としての合唱に取り組む我々にとっては、相変わらず厳しい時代が続きますが、個人優先の時代にあるからこそ、みんなで集まって何かを創 りだしていくという行為が、価値あるものであるのではないかと考えております。

ともかく、また一年間楽しく歌って参りたいと思いますので、皆様の御指導を賜りますようお願いいたします。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 17:29
Get Adobe Flash player