最終練習の結末・・・(トホホ)

 ニュース, 日記・コラム・つぶやき  最終練習の結末・・・(トホホ) はコメントを受け付けていません
12月 222003
 

2003年12月20日(土)。
この日は、夜6時から本年最終練習である。
先回練習の勢いを駆って…、と言いたいところだが、
多忙な師走のこの時期、さすがに集ま りは悪かった。

あと、インフルエンザも流行し始めているようだ。ちなみに本日の外声の出席ゼロ。
んなわけで、今日はアンサンブルを楽しむという方向。
とは いえ、中曽根女史の意向で、レパの練習も欠かさない。

セカンド及びバリトンの弱点の補強を一通り終えると、”White Christmas”を久々演奏。
ちなみに、北川(T2)をトップに筆者(B1)をベースに臨時レンタル。
即席のアカペラだ。
やはり、いつもと構成が変わ ると、全体のハーモニーの音色等もガラッと変わるものですな。

ふと、4階の練習室から外に目をやると、一面銀世界!
曲の余韻と風景色が一致して感動しているほど、私はロマンチストではなかったようだ。
し、しまっ た!まだタイヤをスタッドレスに変えてなかったのだ!
それに、雪は横殴り状態。

しかもこれから、預けてある子供達を迎えに行かねばならない。
実は、今日は仕事で軽井沢に行ってきたのだが、
現地の気温は昼なのにマイナス4度という酷寒 であったから、寒波が来ていたのだ。
全くの油断であった。

こうなると、なんだか、合唱を心から楽しんでいられず、練習は1時間早く、8時半で打ち切り。
今回が納会ということで、中曽根女史による三本締めによ り、本年最終練習を打ち上げた。

スタッドレスを履いているのは西山氏だけ。

北川氏などは長躯深谷市まで約50キロの道のりである。
こうして、みんな散り散 りになって家路についたのだった(笑)。

外に出ると、すごい吹雪。
「歩いてきたよ吹雪の街を…」とか、
「雪の嵐だ。家々はその中に盲目になり…」などと口 ずさんでなどいられない。

幹線道路は轍部分は解けてるだろうと期待したが大ハズレ。
水の凝固点&融点の気温ゼロ度の着雪べったり状態。
私はノーマルで果敢 に運転したが、途中、交差点で停車できず、
赤信号無視をしてしまったよ、ちょーこわ(汗)。
たまたま、交差車両がなかったから良かったものの…ふつう事故 りますよネ。

そんな訳で、命拾いしたわけだが、途中、追突の事故車両も見かけた事だし、
これ以上のノーマル走行はムリと判断。
結局、チェーンを装着して 帰ったのだった。(最初からつけろよってか?)

皆さん、スタッドレスタイヤは、11月中には装着しちゃいましょう…。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 17:19

西山昌樹氏歓迎会・忘年会開催!!

 ニュース, 新入団万歳!, 日記・コラム・つぶやき  西山昌樹氏歓迎会・忘年会開催!! はコメントを受け付けていません
12月 152003
 

12月7日(日)…。今日は、最近にない高出席率 (13人中11人出席!!)のもと、本年ラス前の練習が前橋中央公民館で行われた。

練習後は、八月に入団されたものの、歓迎会をしそびれていた西山昌樹氏 (B1)の歓迎会と2003年忘年会を兼ねた、「チキチキ大しゃぶしゃぶ食い放題大会」が開 催される。

久々にトップ上原士永氏も姿を見せ、トップテノールがいい音を出していた。今日は食うぞーっ!っと歌っていたらしい(嘘)。

そして練習後、すっ かり日が短くなって、真っ暗に染まった冬空を眺めながら、徒歩にて会場である「ソウル飯店」に向かった。

この時期、会場至近の広瀬川河畔は、イルミネー ションで装飾され、すっかりクリスマスムード一色である。街も、普段よりは人通りも多く、幾分喧噪感に溢れているようだ。

前橋は、街中に人が歩かなくなっ て久しい。仕事柄、あれこれと、まちづくりの立場から都市計画を考えることが多いのだが、前橋は高崎に比べ、人間を歩かせる事で後れをとってしまった。いわゆるハコモノは豊かでも、人の往来がなければ、それは無用の長物となってしまう。前橋は今、中心市街地の活性化の決め手に欠いているのが実情だ。

宴会の話に戻そう。最近の前橋男声は、宴会ルールが整ってきた。と言っても、煙の話である。喫煙者が自発的に固まって陣取るのだ。

筆者も愛煙家であったが、最近体調がすぐれず、きっぱりと縁を断たっところだ。前橋男声の内部でも、嫌煙化の波は止まるところを知らない。

さて、全員集合と思いきや、ん?まだ 上原貢雄氏(B1)の姿が見えない。携帯に電話してみると、まだみんな来ていないと思いこんで、寒風の中、店外で待ち続けていたとのこと。律儀なヤツであ る(笑)。

そんな、なごやかな雰囲気の中、開宴となり、酒にしゃぶしゃぶ(牛&豚)に舌鼓を打つこととなった。さすがに、「しゃぶしゃぶ」ってどうやって 食えばいいの??なんて言い出すヤツはいなかったのは救いであった。(笑)実は私は中学まで知らなかったわけで…(汗)。おいおい、それはタレじゃないで しょ、灰汁を捨てる壺だよ~ん、なんてね。

西山氏は、実働団員の中では最若年。団の平均年齢を下げてくれる急先鋒である。地元は岐阜県で大学院修了後、群馬県内の某大手発煙筒系会社に就職・配属 となった。いわゆるイケメン、、、しかし、煙草は似合わないからやめとけ、、、と誰かに言われていたな、あはは。もちろん独身。ステージでは、バリトンに 注目だぁ~!!

西山氏は元々、音楽には興味があったそうで、たまたまインターネットでホームページを発見し、見学を申し込んだのだそうだ。その見学の状況 は、9月号で既報の通りである。

西山氏の当時の英断に感謝すると共に、期待を裏切らないようにしたいと思うとともに、若い力として、ジジイ共を叱りつけて ほしい(笑)。いや、マジで。

そうこうするうちに、近藤一郎氏(B2)が、重い撮影機材をかついで登場!!公私ともにお忙しい中、駆けつけてくれた。演奏会や宴会など、メンバーの集 合する場面にこのヒトは欠かせない。

団専属撮影技士として早2年…、メンバーの喜怒哀楽をシャッターにおさめて頂いている。宴会終盤、誰かが、”Silent Night”のメロディを口ずさむと、それに合わせて他パートが旋律を重ねていく。…sleepin’ heavenly peace!!…

いつの間にやら、店内が浄らかなハーモニーで満たされたのだった。(もしかしたら、他のお客にとっては耳障りな騒音だったよね、ごめんな さい)

食い放題+飲み放題制限時間の2時間はあっという間に過ぎ、これでお開き。飲み足りなかったり、食い足りない顔をしたメンバーもいたが、容赦なくこれに てタイムアップ!

それに、我々は働くおじさん(昔、NHKの3チャンネルであったよな~)なので、明日は早起き。もう帰らなくては。といいつつ、店の前の 駐車場で、まえだん即席ライブ開演(開宴?)~!!

”いざたて戦人よ”、”Staendchen”、”見上げてごらん夜の星を”など、定番の愛唱曲を熱 唱、、、もっと歌ったよな。嫌がる中曽根女史を引っ張り出し、無理矢理指揮をさせる暴徒と化した前橋男声(笑)。道行く人も足を止めて聴いていてくれた (驚いていた)。

ソウル飯店の皆様、お騒がせしました。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 17:23

2003年12月7日(日)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(初代)  2003年12月7日(日)通常練習 はコメントを受け付けていません
12月 082003
 

[練習会場、時間]前橋市中央公民館・第1音楽室、13時~16時40分
[練習メニュー]呼吸、発声練習(北川さん)、曲目練習(中曽根先生)
[練習曲目]男声合唱組曲「草野心平の詩から」より「金魚」「雨」「さくら散る」「石家荘にて」
[練習参加人数]トップ;3、セカンド;3、バリトン;4、ベース;1

左からはブラスが、右からはオケの音がまともに聴こえる。さすが音楽を練習するための部屋だ。
負けじとばかりに声を出そうと中川さんのハッパがかかった。

「金魚」
…4声の和音が合わず、同じ部分を何度も練習した。
トップの発声が浅いのはご法度だと先生から注意を受けた。
ぼんやりした雰囲気を出すためにも深く歌うことが絶対だ。

また、発声練習でも取り上げたように、”繋げて歌う”ことを習得して欲しいとのこと。
そのためにはまず支え(腹筋)が必要なのだが、現時点では支えの弱さを露呈してしまっている。

「雨」
…曲の最後のロングトーンでは個人が主張してしまっているとの指摘を受けた。
パート内の声ををよく聴いて、音色を合わせるべし。

「さくら散る」
…まずトップの旋律を練習した。続いてバリトンとトップとの掛け合う部分の練習をした。
子音を歯切れの良く歌うこと。前へ前へ向かって歌うことと先生から指示を受けた。
また、‘ゆきよりもしよりも’の‘し’(死)を強調するようにとのこと。

「石家荘にて」
…トップの音色は「茫々」のイメージから遠く、砂漠の中に咲く花のようだと注意された。
また、バリトンは後半の‘あああ…’が遅いとのこと。しっかり指揮を見るべし。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:31
Get Adobe Flash player