12月 312019
 

まえだんブログをご覧の皆様。
年内中は大変お世話になりました。

2019年のみならず、2010年代が暮れていきます。皆さんにとってはどんな10年間だったでしょうか。

小団は、この10年の間で、
2年に1回というコンスタントなインターバルで、つごう5回の自前演奏会を開催することができました。
(第6回〜第10回)

おいでいただいたのべ3000人近いお客様には、心より感謝申し上げます。

この間、メンバーも集まっては散じてゆきました。そんな中、テクニカル面では大変手前味噌な話ではありますが、少しずつ技術は進歩してきたように自負しております。

11月の第10回演奏会の音源を聴き直すと、かつての力技中心の音楽作りから変針しつつあるのことがよくわかります。

一部に根強く残っている、大音圧によるぶちかまし音楽の期待論。歌い手にも聴き手を問わず、そういう向きにとっては不満の残る演奏会だったでしょう。

学生時代のノスタルジーに裏打ちされた呪縛…これに気がつかずに一生を過ごしていくことは、もしかすると、かえって幸いな事のかも知れません。

さて、確かにハーモニーの純化は進んだのでしょうが、その分失ったものも多くありました。いろんな人との出会いを得ましたが、大きな別れも経験しました。大切な歌の仲間を失ってしまったことは痛恨の一事でした。

新たな10年間が始まります。

ますます複雑化多様化する世の中での男声合唱の位置づけとは?超高齢化と人口減少の中、環境はますます厳しさを増すことでしょう。

課題は山積しておりますが、燦然と輝く合唱の高嶺を見失わず、みんなで聴きあいながら、我々、まえだんトーンを地道に創っていきたいと考えております。

それでは、皆様。
良いお年をお迎え下さいませ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:38

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

Get Adobe Flash player