10月 152017
 


当団では、歌声を共にしていただけるメンバーを、常時募集しております!!今回は、前橋までの概ねの所要時間を、自動車利用前提ですが、調べてみました。30分と1時間の圏域をそれぞれ表示しております。

現役団員は、この1時間圏域内(下の画像の青実線内)に居住している者がほとんどです。マイカー利用で練習に通うのには、この辺が目安となりそうです。ちなみに、高速を利用すると、エリアはグンと広がります。15年前に、関越道利用で埼玉県和光市から通って下さった元メンバーがおりましたっけ。

群馬県は、自動車王国といわれて久しいですね。最新データでは、県民の約78%が移動手段に自動車を使っています。また、たかだか100mの移動にさえ、4人に1人が自動車を使うという過度な依存状態!本来これは、星雲状に拡散してしまっているという、群馬県内の都市構造と一緒に議論せねばならないのですが、そこに住まう我々のライフスタイルにも大きな影響があります。

合唱活動もまた然り。過去にも、自動車運転が困難になり、やむなく退団せざるを得なかった元メンバーがおりました。自宅が公共交通の利用しにくい郊外に立地していることが多く、練習会場である公共施設もまた、郊外に立地していることの多い群馬県。

先日オープンした、高崎駅西口の大型商業施設も、ペデストリアンデッキで連結されてて、駅から徒歩2分程度なのに、周辺駐車場が大混雑な様子ですね。

今後のまちづくりの課題でもあるのでしょうが、なるべく長きにわたり、老いも若きも同様に持続的な合唱活動を行うには、やはり、公共交通利用を前提とした都市構造がふさわしい気が致します。

皆様、くれぐれも、安全運転で!

 

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 13:23

Sorry, the comment form is closed at this time.

@Mae_Dan