11月 252004
 

2004年11月20日。小春日和の穏やかなこの佳き日・・・、夕刻より、バリトンの西山昌樹氏の結婚式が厳粛に行 われ、新婦真奈美さんと結ばれた。仲睦まじい、お似合いのカップルである。

中曽根指揮者をはじめ我が団メンバー11名も式に参列し、二人の門出の証人と なったのだった。第3回演奏会打ち上げでの、突然の「結婚宣言」から約4ヶ月。西山昌樹氏の新たなる旅立ちであった。

実は午後2時に群馬シンフォニーホール(高崎)に集合し、直前練習を実施した。披露宴の余興で、3曲を歌わせていただく予定なのだ。前橋男声合唱団の名 前が出る演奏機会では絶対に手を抜きたくない。

午後7時前から始まった結婚披露宴には、ご親族、職場関係、友人関係を含め、100名以上が出席。一連の華 々しいセレモニーが繰り広げられる。

やがて、出番となり、中曽根女史の指揮のもと、「見上げてごらん夜の星を」「Aura Lee」「君といつまでも」の3曲を演奏した。

今回は余興のトリということもあり、メンバーは既に酩酊&満腹状態!

「見上げて・・・」では途中、不思議な ハモリの時間が訪れて若 干青ざめたが、なんとか復元できたようだ。「Aura Lee」は第3回演奏会以上のできだったのではないか。(笑)

定番の「君といつまでも」では間奏部に新郎からの謝辞を交えて挨拶があったが、その間奏のハミングコーラスは、 予定の5回リピートを遥かにオーバー、10回以上繰り返したんじゃないか?

実は、今まで団員の結婚の際に、演奏を披露する事は何度となくあったが、こうして全員で招待されたのは初めての事であった。心より、両家に御礼申し上げ るとともに、二人の門出を心からお祝いし、団内に新たなハーモニーが生まれる事を期待している。


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:24

Sorry, the comment form is closed at this time.

Get Adobe Flash player