4月 142003
 

2003 年度の群馬県合唱祭は、何と10月12日(日)に開催されるという。今まで長い間、6月の恒例行事として親しまれてきた同行事であるが、今年から突然、何 の前触れもなしに10月に開催時期が変更されたのだ。

場所は前橋市民文化会館。なぜ6月がダメなのか、、、なぜ9月や11月、12月でなくて、10月なの か??そして、この方針は既に昨年6月には主催者側では決定事項となっていたのに、なぜ今まで公表されることもなく伏せられていたのか。

 群馬県合唱連盟総会の模様はこちら!!

本年初頭、連盟からの年賀状が届いた。その中に、今年の行事予定が載っていたが、何と今年は合唱祭の開催期日が10月12日になっている。何でぇ~?とい う疑問が浮かんできた。理由は特に記されていない。

カレンダーをよく見ると、当日は日曜日で翌13日は体育の日で休日。週休二日の人にとっては3連休の中 日に合唱祭が行われることになる。特に今年は6月に特別なイベントは入っていない。なぜ、10月なのか??

それにまだ、これは平成15年度の事業計画であり、総会での承認を得 たスケ ジュールではない。総会は4月13日に開かれる。(明日!!)なんだか頭が混乱してきた。

連盟側が、「今年は合唱祭、10月だからねぇ~♪まだ総会で承認得てないけど、きっとこうなるからさ、エヘッ#」と言ってい るような気がしてきた。何の前触れもなく突然日程を変えてくるとは、ちょっと乱暴すぎないだろうか。

正月早々に、この話を聞いたのだが、年始の忙しさで、どこかに忘れ去られようとしていた。しかし、今年は年初から冬季国体の練習で、連盟関係 者と練習会 場で顔をあわせる機会もあり、さらっと事実関係の問合せをしてみた。

連盟事務局長曰く、
「5月にお母さんコーラス県予選、6月中旬に合唱祭、6月下旬にお母さんコーラス関東大会、7月に合唱コンクール県予選・・・と、年 の前半に主なイベントが集中しており、これが終了すると、翌年2~3月の合唱講習会まで主なイベントがない。
行事の集中を避け、平準化を図るため、10月 の合唱祭開催を採用した。」とのこと。

とりあえずもっともらしく答えているのであるが、だいたいにおいて理由になっていない。しかし今回は連盟のコメント を聞き取る事が目的だったので、これで話を終えた。

イベント開催時期を変更するには、一般に現在開催時期のデメリット及び新しい開催時期のメリットを合理的に説明できなければならな いはずだ。しかし、こ の説明では全く不十分と言わざるを得ない。

○ 行事の集中とはどういう 意味?

ここで連盟側は、『行事の集中』と言っている。これは誰の尺度だろう?我々のような一般男声合唱団にとっては、連盟主催行事として5~7月には、せいぜ いくだんの合唱祭くらいしか縁がない。

ほかの合唱団はどうだろう。5月中旬のお母さんコーラス群馬大会(参加団体30~40程度)で代表となって、6月中旬の合唱祭(参加団体50程度)に参 加して、同月下旬の同関東大会(代表10団体程度)に出場する。そして、翌7月下旬の合唱コンクール(高校生を中心に10団体程度)にも参加。ん・・・?

でもこれら全部に参加し得る合唱団っていったら女声だけだろ。そして、群馬代表になるとしたら、せいぜい一桁の合唱団数なんじゃん?・・・結局そのひとつ かみの合唱団にとっては、確かに「行事の集中」を実感するかもしれない。

県合唱連盟への合唱団加盟数は100余り。なぜ、これで行事の集中と言えるのか?
そりゃ、各イベントを運営する連盟側から見れば、年間幾つかしかない行事が5~7月に月イチ頻度であるのだから、行事が集中しているように感じる事だろ う。もしかして、事務局側の都合??いったいどういう意味なのだろうか?

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 11:40

Sorry, the comment form is closed at this time.

@Mae_Dan