2005年9月17日(土)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(第二代)  2005年9月17日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません
9月 182005
 
平成17年9月17日(土)午後6時~午後9時30分
場   所 群馬県生涯学習センター・音楽練習室
参加人数 トップテナー セカンドテナー バリトン ベース
1 2 3 1
ウォーミングアップ

今日は山岸さんが担当、ラジオ体操第一その他 屈伸運動等により身体をほぐし、最後に腕の押し引きで締めくくった。
こ こからは、中川氏の指導
呼   吸  V字腹筋による瞬間ブレスで8 拍息を吐く。V字腹筋をしながらの瞬間ブレスは難しかった。小生はできなかった。また、V腹筋をしながらの呼吸では、お腹への負担を感じるのが目的であっ て、他の部分に余分な力が入らないように注意せよ。
 先週同様、下腹を膨らませながら息を吐く練習。これが支えの基本でありキーとなる。しかし、やはりその時、余分なところに力みが出やすいので、如何に力 まずに下腹だけに力を集中するかがポイント。

発  声  今日は出席者が少ないこともあり、先週同様ひとりずつ声を見た。各人一長一短 があり、直していくべき点は各々違っている。小生のように首から上だけで声を出してしまい迫力に欠ける者、喉で声を潰してしまい、飲み込み過ぎている者、 腹筋による支えができていなくて息漏れする者、響きが散ってしまっている者、音色が浅い者等、いろいろであるが、こういう機会に、それぞれが自分の欠点に 気付き、修正していくきっかけになればと思う。
 発声で特筆すべきこととして、合唱未経験で入団してまだ歳月の浅いバリトンU氏の成長だ。ファルセットがよくわからないということだが、ファルセットが できない男性は稀にいるのだが、U氏の場合、できないのではなくて、コツが掴めないだけだと思う。U氏がファルセットができないというのが今回の特筆すべ き点ではなくて、彼の成長の凄まじさが特筆すべきことなのである。まず、トップなみの高音域が出ている。音色・声質は完全にバリトンなのだが、「A」或い は「Ais」くらいまで実声で出ている。彼がいわゆるハイバリトンなのか、はたまた本当はテノールなのかは定かではないが、どちらに転んだにせよ、これか ら大化けするかもしれない逸材だ。潜在能力はかなりのものを持っている。残念ながら時間の関係で、今日は低音域がどのくらい出るかまでは見られなかった が、雰囲気としては、かなり下も出るのではないだろうか。しかも、声量が凄い。彼の体型くらい凄い。練習後の彼の話によると、リミッターをはずして声を出 してみたんだという。人間には限界なんてない、自分で作り上げた仮想の限界に縛られているだけだということの確かな証明であろう。
 バリトンU氏だけでなく、団員誰もが潜在能力は凄いものを持っているはずだ。それをいかに引き出すかが全員の課題であり、合唱人としての永遠の命題なの かもしれない。野球の世界ではイチローが人間の潜在能力の限界近くまで引き出している良い例だとは思う。しかし、野球をやっている方には申し訳ないが、残 念ながら野球には引退というものがある。40歳まで現役でやれればかなり長いほうであろう。しかし、合唱には年齢による引退というものがなく、そこが合唱 の魅力の一つと言えよう。合唱界には、60歳を過ぎてから声が花開いたという方がたくさんいらっしゃると聞いている。我団の団員も、これからどんどん伸び るであろうし、現実に皆、上手くなってきている。しかし、上達するもしないも、訓練次第であることを肝に銘じておかなければならない。とにかく精進あるの みだ。

曲目練習 内     容

GUIDE MY HEAD
 発声(音色)がバラバラで、ピッチが揃っていてもハモっている感じがしない。もっとお互いに聴き合ってあわせること。
 頭のユニゾンからディビジョンするところのハーモニーが決まっていない。曲の頭なので、もちろんユニゾンも大事だが、このディビジョンが決まるかどうか で曲全体が決まってくると言っても過言ではない。大切に、慎重にならなければならない。
 8ページ下の段の「race」でユニゾンになるところは、音域的にも高いので、ベース系がテナー系に合わせる感じで。テナー系に溶け込んでいくようなイ メージを持つと良いのではないか。
 「vain」についていくつか指摘があった。まず「エイン」の語尾をはっきり言うこと。母音の「エ」が狭くて浅過ぎ、これは「race」の「エ」につい ても言えることだ。そして、特に曲の一番最後の「in vain」に入る直前の「in vain」に言えることなのだが、「in vain」でひとまとま りなので、「in」と「vain」の間は切らないこと、絶対にブレスはしないこと。「in vain」で一つの単語と考えれば良いであろう。
 ソロが入る四声のハミングは、きざまないで、レガートで絶え間なく続いていく感じで。ブレスの位置は特に指示しないが、流れを断ち切らないよう瞬間ブレ スで。ただし、9ページ下の段の点線のタイで繋がっているところは絶対にノンブレで。
 ソロが終わった後の「Ah」はひっそり出すよう指示したが、音までぼやけてしまっている。特にテナー系はピッチが低い。息先行で「あくび」をするような 感じでやわらかく出すこと。「Ah」の直前のハミングが、トップ以外は4拍(ベースは8拍)あるので、充分準備ができるはずなのだから、きちんと準備する こと。(本当だよ。トップは「Ah」の前のハミングが動いているので、「Ah」に移るのが難しいんだからね。下三声さん頼みますよ。トップも頑張るからさ あ。)その「Ah」のクレッシェンドが力技で乱暴になっていて、せっかく「Ah」に上手く入れてもそれでは台無し。もっと繊細に。クレッシェンドは急にで かくするのではなくて、ぎりぎりまで我慢して、最後の最後に大きくするのがひとつのテクニック。
 「Ah」の後の「Guide」特に「ガ」が、これまた力んでしまっていて乱暴で、吐き降ろしている感じになってしまっている。そうならないためにも、 「Ah」のクレッシェンドは、より魅力的な「フォルテ」の「Guide」に続いていくためのクレッシェンドであるという意味を持っていることを理解してほ しい。このクレッシェンドひとつをとっても、音楽の流れの中には、行き当たりばったりでなく、いろいろな意味が込められているということを感じ取って、そ れを理解して歌ってほしい。
 一番最後「フォルテ」から急に「ピアノ」の記号が出てくるが、ここは「Sub.p」ではなく、自然の流れの中で曲の最後を収めていき、終息させていくよ うな感じで。ここはテナー系で一セット、ベース系で一セットなので、縦の線を合わせるとともに、なおかつレガートに歌うように。
 一番最後のピアニッシモの「vain」はお腹で支えて、息が遠くに流れていくような感じで。

Soon Ah Will Be Done  特にベース系だが、声をもっと深くしないと、この曲の悲しみというか苦しみ というかが表現されない。
 「wan’」の発音は「ア」の口の形で「オ」をいうような感じで、どちらかというと「ア」に近く。しかも浅くならないように。深く!
 ベース系が「wan’_」、「No more」で伸ばすところが、声が浅く、ただボーっと伸ばしているように聞こえる。次の「t’ meet」、 「weepin’」に繋がっている流れを理解して、考えなしに伸ばすようなことはしないこと。これも、前述の音楽の流れの中のそれぞれの意味ということに 共通することだ。
 「t’」=「to」で、「want」の「t」ではない。「トゥ」をもっとはっきりと言うこと。(有声音にしろという意味ではなく。)
 「I’m」は8分音符で短いが、「m」もしっかり発音すること。
 上三声だけの「Goin’ home t’ live wid God.」はバリトンが主旋律だが、ピッチが合っていても、下降音形なので、音色が落ち てしまい、吐き降ろしているような感じになっているので気をつけるべし。
 24ページの2括弧のところは、各パートで役割分担が違っているが、あまりにもバラバラで、音楽がひとつになっていない。例え他のパートと違う動きをす るにしても、お互いに良く聴き合ってもっと揃えること。その部分、「weepin’ an a」にアクセント記号が付いているが、ブツ切れになってリズム にブレーキが掛かってしまっているので気をつけること。
 一番最後の「God」で伸ばして「d」で切る時に、アクセントをつけてもらいたいのだが、「ガーアアドゥ」の「アア」のように音を掘り下げてアクセント をつけるのではなく、あくまでもピッチは保ったままで。

最後にもう一度「GUIDE MY HEAD」と「Soon Ah  Will Be Done」を通して歌って練習を締めくくった。喉の使い過ぎに注意せよ!腹筋で!
雑   感  今日の主役はなんと言ってもバリトンU氏だ。人間には限界などないというこ とを、U氏を通して改めて感じさせられたことが、団員にとって大きな収穫となる一日となった。練習終了後も、その話題で盛り上がり、U氏を囲んで、彼を指 導する者、彼を称える者が後を絶たず、まるで課外授業のような様子であった。小生にはそれは、U氏を通して、自分で自分に対して指導したり、上達を促す光 景に写った。皆一様に上手くなりたい気持ちを持っているのだなあと、うれしく感じる場面であった。
 そしてもう一つは、指揮者から指導のあった「音楽の流れ」、「音楽の中の一つ一つの持つ意味」ということが印象に残った。音取りがやっと終わった段階で はあるが、そのような突っ込んだ指導があったということは、更に上を目指すべきであり、我団は、もっと上を目指すことができる実力があるということを暗に 示しているということではないだろうか。そして、指揮者はそれを期待しているのではないだろうか。もう合唱祭まで残り1ヶ月程である。この1ヶ月で更に成長しようではないか!
 


更新日 05.09.18

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 19:35

2005年9月10日(土)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(第二代)  2005年9月10日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません
9月 132005
 
日   時 平成17年9月10日(土)午後1時~午後9時
場   所 前橋市中央公民館-音楽舞踊室・音楽鑑賞室
参加人数 トップテナー セカンドテナー バリトン ベース
1 2 4 2
特記事項

 今日は約1か月半後に迫った「群馬県合唱 祭」、そして、約2か月後に迫った「前橋テルサロビーコンサート」に向けての強化練習ということで、午後1時から午後9時までの8時間ぶっ続けの猛特訓 だ!(途中当然夕食休憩は入るけどね。)
 今日、パートの異動があった。バリトンの岡さんがセカンドテナーへ。岡さんは某混声合唱団にも所属されていらして、パートはテナーなのだそうである。い ずれにしても、岡さん、テナー系へようこそ!
 小生、本日仕事のため1時間程遅れて来たの だが、既に新曲の音取りがほぼ終了していた。強化練習ということもあって、変則的なスケジュールを組んでいるらしく、新曲「アタックナンバーワン」の音取 りから強化練習をスタートさせたようだ。

ア タックナンバーワン  まずは音取り。上述のとおり小 生が到着した頃には、他のパートの音取りはほぼ終了していたため、「駆けつけ三杯」ではないが、いきなりトップの音取り。馴染み深い曲ではあるが、あれ? なんか意外と難しいぞ?!これは復習しないといけないな。
 「アタック」の「ク」の「K」をもっと鋭く。「ッ」も、もっと詰めて。
 「レシーブ トス」の「ス」は自然な感じの無声音で。
 前奏部分の「Lu Lu Lu」で、セカンドに5連符が2箇所あるが、そのセカンドの5連符で他の3パートが入るきっかけを作る役割を持っているので、セカンドはもっと主張して。

 ラジオ体操第一は順番により、今日からセカンドに異動された岡さんが担当。そ の後のウォーミングアップ・呼吸・発声は中川氏が担当。曲目練習は指揮者である中曽根先生に指導していただいた。
ウォーミングアップ  ラジオ体操第一の後、岡さんからバトンタッチを受けた中川氏が、ラジオ体操第 二を先導。皆さん結構覚えてるのね。小生ほとんど覚えていない。というより、幼少の頃にやった記憶がない。夏休みのラジオ体操、サボってたもんな。
 上半身の脱力に主眼をおいた。腰を折り曲げ、上半身をぶらぶらさせて揺らしてもらい、脱力できているかの確認を行った。中川氏の例えによると、「生きて いる間には仕事や失恋などで脱力感を感じることは誰にでもあると思うが、その時の脱力を思い浮かべて実践してほしいのだが、歌う時にはマイナスイメージで はなく、気持ちは前向きに持ちながら脱力してほしい。」とのことだ。解り易い例えなのか?解り難い例えなのか?え~い!とにかく「ポシティブな脱力をすべ し!」ということだと思うんですけど。

呼  吸  V字腹筋をやりながら、へその下腹を意識して呼吸。
 呼吸は吸う時よりも吐く時が大切。吐き切れば自然に空気は入ってくる。吐く時に、逆に下腹を膨らます。それが支え。声を出している時に、「もっと広げ て!」というのも、下腹を膨らますという意味と捉えればよいとのこと。

発  声  低音部は「音が立つ」のが遅れるが、それは自然界の仕組みである。コントラバスの弦を弓で弾く時、弾き始めてから、少し遅れ て「音が立つ」現象を想像していただければと思う。四声では、ベースはその「音の立ち遅れ」をいかに修正するかが、縦の線を合わせる鍵となるので、これか らは、その辺も意識して練習に取り組んでもらいたい。
 声を出す時、吐き出すのではなく、逆に息を吸い込むような感じで声を出してほしいとのこと。小生、学生時代のボイトレの先生が「長~いスパゲッティを吸 い込むような感じで。」ということを言っていたことが思い出された。
 強化練習ということもあり、先生に一人ずつ声を見てもらい、「チェンジ」の場所を知る機会を設けた。「チェンジ」と言っても、ファルセットに変えないと 出ない音はどこかを知るということではない。女声の「ボイスチェンジ」はよく言われるが、男声にもれっきとした「チェンジ」はあるのだ。小生は自分でもど こが「チェンジ」なのかよくわかっていなかったし、余り「チェンジ」について意識したことはなかったのだが、今回のこの試みで、自分が「ボイスチェンジ」 していることが、初めてはっきりとわかった。パートに関係なく、みなさんほとんどが「C」「Cis」「D」「Dis」あたりで「チェンジ」している。自分 の「チェンジ」の音の場所、すなわち自分の苦手としている音、自分が嫌だと感じている音を把握し、理解することによって、楽譜にその音が書かれていた時 に、慎重に構えたり、きちんと準備をすることができる訳である。裏を返せば、自分の「チェンジ」を知らなければ、いつまで経ってもその音が苦手なままで上 達しないということである。また、「チェンジ」の時、声を上手くスムースに切り替えるという壁を乗り越えて克服していくというのも、ひとつの大きな課題な のだ。この「チェンジ」に関連して、音域は上はいくらでも伸ばすことができるとのことで、「自分は上はここまでしか出ない。」というように、自分で自分に 限界を作ってしまうのは絶対によくないことだそうだ。そう、音域ひとつを取っても、限界なんてないのだ。よく、『「あなたは上は(実声で)どこまで出ます か?」「Aです。」とか「Gです。」』という会話は合唱人同士でよくなされるのだが、そんな会話は無意味なのだと知ることとなった。(まあ、雑談程度でそ んな会話をするのはいいんでしょうけどね。)

曲目練習 内     容

Soon Ah Will Be Done
 やはり語尾が言えていない。もっと子音を飛ばして。
 アクセント記号はお腹でアタックをかける。息を腹の底から出し、腹の底に落とし込むように。
 最後のベース系だけの「I’m goin’ t’ live wid God」が流れてしまっているので、最後に四声で思いっ切り「I’m goin’  t’ live wid God」を歌うための前段階として、そこを目指して向かっていって歌ってほしい。そのためには語尾の子音を飛ばすこと。
 24ページの2括弧の「weepin’ an’ a wailin’」が停滞してしまっているので、四声が「No more」で揃うところに向かって、 どんどん捲し立てるように歌ってもらいたい。
 「Soon ah will be don’ a-wid de troubles ob de worl’」のクレッシェンド・デクレッシェンドが付 いているところは、それをもっと意識して、言葉の意味も理解して、訴えたいところを、音量を膨らますなどして、もっと表現してほしい。
 ベース系先行の「I wan’_t’」がブレスで切れてしまっている。しかも次は「meet my Jesus」に続いていくんだから、そこを目指して 繋げていってもらいたい。
もう一度
「アタックナンバーワン」
 確認のためもう一度音取り。
 語頭をしっかりと。
 曲全体として、自分を捨てて、照れずに、ガッツンガッツン歌ってはじけてもらいたい。

White  Christmas  「snow」のユニゾンがピッチが下がる。
 ハーモニーが決まるところはきれいに決まっているのだが、ダメなところはいくらやってもダメで、泥沼にハマってしまったようだ。小生、トップは旋律なの に、ぶつかっているところ特に最後の「your Christmases」が歌えない。なんでだ?なんかの祟りか?
 考えてみたら、小生、昔からクリスマスには縁がなかったなあ。誰かと二人っきりで過ごしたクリスマスなんて、あったけ?「二人っきりで過ごすクリスマ ス」というストーリーのトレンディドラマを毎年家で羨ましがりながら見てた気がするなあ。小生「クリスマスイヴ」と「バレンタインデイ」が大嫌いだ!で も、この曲はいい曲ですなあ。
 泥沼にはハマったが、一応は上出来とのことです。

GUIDE  MY HEAD  「vain」の「エ」、「this race」の「イ」と「エ」が浅い。もっと縦に広げるべし!そう。縦、縦、立つんだ ジョー!(他のネタも仕入れなければ。待てよ、これは練習日誌で漫才じゃないのに、なんでネタを仕入れる必要があるんだ?)
 最後に「ピアノ」になるまでは、「Ah」の次の「Guide」以降は、自然な感じで「フォルテ」のままで。
 出だしの部分、ユニゾンからディヴィジョンすると全体の音量が下がってしょぼく感じるので、その辺のバランスも考えるように。
 ソロが入り四声(途中まで、ずっとトップ以外の三声だが)がハミングのところのフレーズを「内の世界(心の内側にこもっている世界)」だとすると、ソロ が終わって「Ah」からは「外の世界」に開放されるのであって、ここでピッチが下がるのは言語道断。また、「Ah」はソロの終わりから繋がっている。唐突 に入るのではなく、ていねいに入り、クレッシェンドをして次の「Guide~」へと繋げるように。ようは「Ah」は「Guide」に展開して行く導入の役 目を果たす大事な箇所。
 まだ音取りの段階で楽譜は手放せないが、楽譜を持っていたとしても、前屈みにならずに、姿勢は正すこと。そうしないと、ピッチも音色も落ちてしまう。
 某団員から、「疲れているけど楽しい。」との発言が。心にもないことなのか?それとも、疲れすぎて頭がおかしくなっちゃたの?と指揮者が心配してしまう ほど。しかし、楽しいということは、段々出来始めているということの赤司(すみません、誤変換です。)証ではないだろうか?勉強もそうだけど、出来ないと つまらなくなっちゃうけど出来始めると楽しくなるもんなんだよね。で、楽しいからまた勉強する。それでもっと出来るようになってもっと楽しくなってまた勉 強する。我団もそんなスパイラルにハマっていければいいよね。

雑   感  いやあ、小生、今日は最後は完全に電池が切れてしまった。せっかくウォーミ ングアップで脱力をやってくれたのに、やはり喉に力が入っていたのだろう。声がガラガラに嗄れてしまい、「GUIDE MY HEAD」は声が全く出な かった。やはり腹筋を使いつつ上半身は脱力するという基本が出来ていないのだろう。もっともっと精進せねば。
 

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:33
Get Adobe Flash player