5月 052020
 

合唱団にも盛衰というものがある。「団勢」・・・そういう言葉があるかどうか知らないが、確かに団員数が増えていく時期は、これに比例し声量も増してゆくことで合唱全体のダイナミックレンジも拡がる。それに伴い、音楽表現にも幅が出てきて、対応しうるレパートリーにも選択の余地が出てくる。今回振り返る第5回演奏会・・・ちょうど10年前はそんな時期に差し掛かっていたと思う。

前回エントリの「チャイコ」を第1ステージに配した本演奏会は、創立20周年を記念するイベントでもあり、チャレンジ精神や冒険心に満ち、一方で野心にも燃えながら我々は一段上の高みを目指していたのだ。そんな中最終ステージとして編まれたのはミュージカルを原曲とした掲題曲集!既にロシア語「チャイコ」に、持てるリソースの大部分を割く状況下で、しかも伝統的に英語に弱い当団は、この曲集に相当苦戦を強いられたのだった。ましてや、振り付け!?

果たして、ステージはヘトヘトの中進行され、技術的にも粗雑で合唱としての一体感を欠く印象が強いというのが正直なところ。しかし、体力気力を磨り減らしながらもたどり着いた場所から見た眺望は、その後のメンバー達の人生に大きな影響を与えただろう。様々な稚拙さから演奏内容は心許ない面もあるが、小団にとっては意義深い一曲でもあったのだ。

それでは、”It’s Broadway Musical” お聴き下さい。題名は正確には偽りを含んでおりまして、あいにく動画ではございませんのでご了承の程。(いつもの事ながらヘッドホン推奨)

※曲目データ
前橋男声合唱団・第5回演奏会
2009年11月28日 於:前橋市民文化会館
指揮:中曽根敦子 ピアノ:上原良子

1.Begin The Beguine(0:27
2.Night And Day(
4:17
3.Oklahoma!(
7:36
4.Memory(
11:08
5.The Impossible Dream(
15:19

 ( )内はラップタイム

※メンバーデータ
Top Tenor : 飯島研史、大友俊明、川原明弘、佐藤俊介、佐藤喜仁
Second Tenor : 岡 信和、佐藤大悟、佐藤営紀、善田顕理、槻岡一正、吉田 唯
Baritone : 伊藤裕司、木暮亮太、酒井 洋、中川 哲、中森浩太、宮島邦夫
Bass : 上原貢雄、栗田正之、後閑寛生、田村太作、都丸臧雄、前田真樹、山岸 晃、湯浅貴夫

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 19:50
Get Adobe Flash player