しんとう苑(榛東村)で合唱ボランティア!

 日記・コラム・つぶやき  しんとう苑(榛東村)で合唱ボランティア! はコメントを受け付けていません
12月 072008
 

12月7日(日)。
この日は、2008年最後の本番機会となるが、
特別養護老人ホーム「しんとう苑」において、小団によるボランティア演奏が行われた。

会場には40余名の入居者、職員皆様と、ご近所にお住まいの方々がおい でになり、
アットホームな雰囲気の中、約45分という時間であったが、
楽しいひとときを過ごすことが出来た。
このような機会を与えてくださった職員の皆様 と、
B2栗田氏に、この場を借りて感謝申し上げる次第である。

今回は19名(T1:3 T2:4 B1:6 B2:6)という陣容での演奏。
直前に仕事や体調不良でキャンセル者が相次ぎ、どうにか体裁だけは取り繕った格好だ。
しかし、そんな時こそ、みんなでフォ ローし合って、助け合って、、、
我々自身の演奏をしようと一丸になれる…そんな前橋男声合唱団のことが好きである。

今回のプログラムを掲げておく。
 ○斎太郎節
 ○上を向いて歩こう
 ○見上げてごらん夜の星を
 ○「ふるさと」斉唱(会場のお客様と一緒に・・・)
 ○男声合唱のための唱歌メドレー「ふるさとの四季」全 曲

(アンコール)君といつまでも 

《指揮:中曽根 敦子 ピアノ:上原良子》

 
毎度の事ながら、会場の皆さんとの「ふるさと」斉唱は、涙を禁じ 得ない。
青二才の私の思う「ふるさと」。そして、真っ直ぐなまなざしで我々をみつめるお客様達…
この人達が心に抱く「ふるさと」とは?

それは、私のそれと は比べるべくもなく重く深いことを肌で感じるとき、
私の感情の高まりは堰を切ってほとばしってしまうほどだ。
涙を出し切ることで、私は素直に戻れる。
浮き世に汚れちまったこの心が洗い流されるかのようだ!

「逆に皆さんに幸せにしてもらった」とは、
私のMCの中で、衝いて出た言葉だったが、これは本音である。

皆さんに男声合唱を楽しんでいただけたら…と、そんな気持ちを抱いて私はこの地を訪れた。
しかし、なんと小さな志であり、何という慢心であったことか。
結局は裸になりきれなかった我々! それよりも以前に、出欠なんぞでドタバタしていた我々!

八百万(やおよろず)の神々に、じっと見つめられ、奏でる音楽を聴かれ、
全てを、そして浅い底を見透かされた上で、深い沈黙を以て諭されたような、
そん な演奏後の長い時間…榛名山の裾野から真っ赤な夕陽が射し込む「しんとう苑」の片隅で、
私はただただ立ち尽くしていたのだった。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 22:23
@Mae_Dan