開設半年を前に

 ウェブログ・ココログ関連, 日記・コラム・つぶやき  開設半年を前に はコメントを受け付けていません
12月 062008
 

前橋男声合唱団の練習日誌としてブログを開始してから、もうすぐ半年を迎える。
記事の中で何度か言ったことではあるが、まさにブログ全盛である。

しかし、以来記事30数本だから、
当ブログでは、せいぜい週イチで記事一本・・・というペースがやっとのところである。
のっけから泣き言になってしまうが、記事を執筆する絶対的な時間がないのが実情だ。

ところが、アクセス解析を拝見すると、連日、多くの方においでいただいている。
実にありがたいことである。

おそらくはその大多数の人々が、ブログの更新を期待して下さっているようである。
特定のリピーターの方々が、毎日チェックして下さっているのが、その証しだろう。

それに応えられていない状況に、申し訳ない気持ちになることもあるが、
逆にこれを大いなる励みとして、別途下原稿を積み重ね推敲しつつあることをご報告しておく。

言うまでもなく、当ブログは決して私的なブログではなく、前橋男声合唱団のブログである。
ブログという性格上、ついつい、自己中心的なエッセイに流れがちであるが、
筆者としては、それを出来る限り戒めたいと考えているところである。

(既に、そういう主観的な記事を何本か書いてしまっているが・・・汗)

極力、客観的事実や統計資料等を論拠とし、
それを伴わないものは、仮説であることを注釈を振って注意を喚起することとしたい。

普段、マネージャーという職務に任ずる立場から、「練習日誌」という根幹的なコンテンツを中心に、
合唱を取り巻く様々な話題を取り上げてゆくことは、既に記した。

先日は、新たに「演奏会レポ」というカテゴリを新設し、
早稲田大学グリークラブの100周年記念演奏会の模様をお送りした。

合唱を趣味とするにあたり、「聴く」ということは、「歌う」ことと同様に重要であり、
聴いたことは音楽体験として醸成され、いずれ「歌う」際に役立つものだ。
今後も、私の行った実際の音楽演奏会の中から、適宜ピックアップして、論評して参りたい。

正直なところ、団の看板を背負っているだけに、プレッシャーを感じないわけではない。
しかし、それ以上に、当ブログを気にしていただいている方が大勢いらっしゃるという事実が、
大いに私を後押ししてくれているのだ。

ブログで物を言うということは、既に言論活動であると考えている。(筆者がプロの言論人ではないが)
だから、もちろん反対意見や批判等は想定内の話である。
今後とも、本ブログ及び前橋男声合唱団ホームページに関し、
忌憚のないご批評をいただければ幸いである。

 


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!
前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!

 ← Click!!
br_c_1117_1 ← Click!!

 

 Posted by at 23:55
@Mae_Dan