12月 312019
 

まえだんブログをご覧の皆様。
年内中は大変お世話になりました。

2019年のみならず、2010年代が暮れていきます。皆さんにとってはどんな10年間だったでしょうか。

小団は、この10年の間で、
2年に1回というコンスタントなインターバルで、つごう5回の自前演奏会を開催することができました。
(第6回〜第10回)

おいでいただいたのべ3000人近いお客様には、心より感謝申し上げます。

この間、メンバーも集まっては散じてゆきました。そんな中、テクニカル面では大変手前味噌な話ではありますが、少しずつ技術は進歩してきたように自負しております。

11月の第10回演奏会の音源を聴き直すと、かつての力技中心の音楽作りから変針しつつあるのことがよくわかります。

一部に根強く残っている、大音圧によるぶちかまし音楽の期待論。歌い手にも聴き手を問わず、そういう向きにとっては不満の残る演奏会だったでしょう。

学生時代のノスタルジーに裏打ちされた呪縛…これに気がつかずに一生を過ごしていくことは、もしかすると、かえって幸いな事のかも知れません。

さて、確かにハーモニーの純化は進んだのでしょうが、その分失ったものも多くありました。いろんな人との出会いを得ましたが、大きな別れも経験しました。大切な歌の仲間を失ってしまったことは痛恨の一事でした。

新たな10年間が始まります。

ますます複雑化多様化する世の中での男声合唱の位置づけとは?超高齢化と人口減少の中、環境はますます厳しさを増すことでしょう。

課題は山積しておりますが、燦然と輝く合唱の高嶺を見失わず、みんなで聴きあいながら、我々、まえだんトーンを地道に創っていきたいと考えております。

それでは、皆様。
良いお年をお迎え下さいませ!

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:38
12月 282019
 

遅まきながら、
11月の第10回演奏会からの演奏クリップを。

第3ステージの “三十歳の貴方へ” より、
「さらに高いみち」
どうぞお聴き下さい。

今後、順次公開していきたいと思います。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:24
12月 222019
 


(↑年内の最終練習を打ち上げ、乾杯する「まえだん」メンバー達)

2019年12月21日(土)の通常練習は、年内最終練習となりました。

この日は、年末の慌ただしい中、数名のメンバーが欠席する中、11月から取り組み始めたBarbershopからの2曲に加え、時節柄 “Silent Night” を、懐かしの山下達郎版で練習しました。

出典は、リリースが1986年という「On the Street Corner 2」から。あの鮮烈な体験から33年とは!

ショウアップの詳細は未確定ながらも、いずれは、ア・カペラ曲によるワンステージを意識して、来たる第11回演奏会のレパートリーとして育てられていくようだ。

さて、この”Silent Night”、演奏の巧拙をともあれ、そんな懐かしさやほろ苦さを含みながら、聖夜の空気を先取りできたかも。そして、練習後は冒頭画像のように、みんなで乾杯した!

今年はなんといっても、おかげさまで、創立30周年となる第10回演奏会を開催することが出来たこと…これが一番に挙げるべきトピックでしょう。さらには、新しいメンバーを迎えることも出来た。

別れ際は「良いお年をお迎え下さい・・・」と口々に。いつもの年末の練習風景の一コマだが、この日を迎えられたことに感謝。年内の前橋男声合唱団の活動はこれで締めとなった。

(練習納めに当たって挨拶する中森団長↓)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 14:07
12月 062019
 


【↑前列左から4人目が的場さん】

第10回演奏会の興奮も冷めやらない、そのあくる週11月9日(土)の練習日。なんと新団員が加入した!!嬉しいっっっ!

お名前は、的場秀和さん。

先日の我々の演奏会を聴きにおいでになり、興味を持たれたのが大きなきっかけであったという。大変ありがたいことである。

また、Bassパトリの栗田氏とも旧知の間柄とのことで、同氏からの強烈なプッシュもあったようだ。

さて、この日は、演奏会直後の練習ということもあり、結構出席率ががた落ちするのが恒例となっているが、やはり・・・。

練習開始後も、先日の演奏会の録音をみんなで聴き振り返る時間を設けた後、翌日に控えた依頼演奏に備え、愛唱曲系の練習を予定していた。

そんな、普段とは練習の進行も異なる日であったが、練習の一部も体験されながら、終始見学していただき、終了後に、元気いっぱいの入団宣言を頂戴することが出来た。

的場さんは、10年ちょっと前まで、群響合唱団に属し、かなり長い間歌い続けてこられたようである。

お仕事は教職関係に就かれており、今秋世界中の話題をさらったラグビーの振興に力を入れていらっしゃるとのことである。(ゲームは無理ですが、今度ぜひ、「ハカ」をご教授願いたい!?)

また、事後報告となって恐縮であるが、的場さんのお持ちの声質の高音部に輝きがある事が決め手となり、翌週の練習日には、バリトンへの所属が決定したことをご報告しておく。

なお、年明けには、歓迎会を催す運びである。

的場さん。末永く、ご一緒に男声合唱を楽しみましょう!


入団宣言を得て、恒例の万歳三唱!


で、恒例の握手ぜめ(?)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:39
Get Adobe Flash player