7月 072019
 
昨日の練習。指揮者はおかあさんコーラス関東大会で横須賀出張のため、小生が練習進行係。

発声練習では、ハミングから母音での開口する流れを繰り返した。集めた響きをいかに下に落とさずに保持できるか。まえだんの日頃のルーティンではある。そんな命題を中心に据えた発声で練習開始。

 
いつもの事ながら、指摘すれば即イメージも湧いて、そこそこやり遂げてしまう優秀なメンバー各位。自発的にはできぬものの、ポテンシャルは結構高いのよねぇ…と、この相克はもう長きにわたるわけで。でも、そのギャップも最近縮まりつつあると感じる事象は多く起こり、今の方向性は正しいと信じたい。

ちょっとしたことなんだと思うわけ。例えば、○○筋と××筋を連動させて!なんて指示が出来れば良いけど、それをイメージでやらそうとしてるから、無理があるし。知りたい人はミラー先生の本でも読んでみて。

さて、アンサンブルではハモリの原則をもう一度再確認。「三十歳の貴方へ」から、各曲の急所難所勘所と思われる和音を確認しながらの歌唱。もうこれだけは、体感で覚え込んでモノにするしかなく。何箇所か、え、こんなハモリだったん!?と耳を疑うシーンも。

もちろん、いつも同様に再現できるとは限らず、ズレを生じてしまう時が訪れる。その際、決して慌てず、落ち着いて破綻時間を最小化できるか否か。瞬時に状況を察知(予知)する力や、臨機に修正する力・・・いわゆるアンサンブル力というやつですね、重要ですね。

練習を通して、セカンドをちょっといじったきらいはあったけど、惜しいからこそ、もうちょいで良くなりそうなのでいじっちゃう。(この辺、指揮者がバリトンいじりに来てる気持ちよくわかる…汗)

でも、いい瞬間あったよね!その瞬間をどんどんつなげて、一定の時間再現できるようできたらいいなと思います。

あと、自信を付けるためにも、丁度一年前の練習録音をみんなで聴いてみた。

当時のやや暑苦しい脂ぎってベタ塗りの日本語表現など、まだまだ未熟な段階に居たことを感じることが出来たっす。→すなわち、成長している我々を確認!みんな、嬉しそうだったなぁ。(笑)

 
もちろん、音や歌詩の確認も重要だけど、本番まで四ヶ月を切った今、今後は、更に歌を研ぎ澄ましていく工程にあることを、みんなで自覚できたはず。

また、気分転換に2曲ほど愛唱曲系の曲で潤滑油を注入。(鬼の居ぬ間に??笑)短時間で、なかなかできるようになったじゃないの!

そのほか、主旋と対旋の構造対比など、普段指揮者が手が回らなそうな部分にも少しだけ触れることが出来ました。

(画像無しでごめん)
以上

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 18:12
Get Adobe Flash player