2011年4月3日(日)通常練習

 練習日誌  2011年4月3日(日)通常練習 はコメントを受け付けていません。
4月 242011
 

毎度お馴染み、周回遅れの投稿である。(失礼)

前橋男声合唱団の練習は原則土曜夜の開催であるが、
震災の影響で公共施設が貸し館のシステムを一部変更したため、
先月末より練習日程を変更している。

今回変則的な練習日程の二回目となった。
先週は高崎市新町であったが、新たな場所は吉岡町文化センター(場所はこちら)である。 

初めて訪れる同センターである。
関越自動車道の駒寄SICから至近であり、これを利用すれば、自宅から30分で着いてしまう。
地理的にも自称「群馬のへそ」=渋川市のすぐ南であり、
県内からほぼ等距離で来られるという意味で公平度は高いかも。

2011年4月3日通常練習風景1

さて、練習内容は今回も先回に引き続き「タンホイザー」のチューニング。
歌詩をつけて一ヶ月以上がたち、徐々にこなれてくる頃。

慣れないドイツ語や、外国人サイズ(?)の、破格な高音や低音にあたふたしてしまい、
まだまだ、指揮情報を十分に察知しながら歌うにはほど遠い状況であるが、
曲の勘所もだんだんと見えてきている。

ついつい全曲全フレーズ全力投球になりがちなこの曲であるが、
若くてがむしゃらだった学生時代ならいざ知らず、それではいくらなんでも体がもたぬ。
(音楽的にそういう成分が必要な場合があることを否定しないが)

どんな曲を歌う場合にも必要なことであるが、
効率的に歌唱しようと試みるとき、先述の 勘所を把握することは重要である。

とはいえ、ほとんどの場合、楽譜にそれは記述されていない。
それは指揮者から示唆される場合もあるが、自ら感じることが重要だよねぇ。

カラオケでも何でも、あぁ、この人歌が巧いなぁと感じられる場合、
その人に決まった歌唱スタイルができている場合もあるが、
大抵はその曲の勘所を押さえていることが大きな意味をもつ。

その人は別に指揮者のような方に指示を受けたわけではあるまい。 

積極的に自ら歌っていこうとする姿勢・・・。
今、我々に求められるのは、「そこ」ではないだろうか。 

特に、団内の大学男声合唱団出身者(私も含め)はこういう曲を懐かしがってばかりいて、
えてして思考停止に陥りがちである。

毎回新鮮な気持ちを持ち続けながら練習に臨んでいきたいものである。

■事務連絡

  • 次回練習は4月9日(土)、場所は群馬県生涯学習センターとなるので注意。

 

 

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 09:31

2011年2月26日(土)通常練習

 練習日誌  2011年2月26日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
4月 042011
 

いかん!
記事を上げるの忘れてた。

ちょっと前の練習ですが、練習風景の画像を数枚掲げるという荒技ですが、
どうかご勘弁下さい。(なんたる手抜き!)

■練習場所 前橋市中央公民館

■出席人数16名(T1:3 T2:3 B1:4 B2:6)出席率57% 

2011年2月26日(土)練習風景1

2011年2月26日(土)練習風景2


前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 00:05

拝啓 松下耕様

 日記・コラム・つぶやき  拝啓 松下耕様 はコメントを受け付けていません。
4月 032011
 

一昨日、ある演奏会レポ(↓)をアップしました。

Intercollege Male Choir Voces Veritas―First Concert―”TAKE OFF!”

指揮をした松下耕氏が拙ブログにおいでになり、記事をご覧になったようです。
そのあと、記事へのコメントではなく、Twitterで、松下氏は以下のようなツイートをされています。

全てが一字一句、ご本人の言です。

————–
Matsushita_Ko
VVの演奏会について、Ustによる配信と言うネット上での話題性や、岡本友高氏を起用したり、本邦初演曲の演奏だったり、パフォーマンス的な仕掛けは多彩であったが、指揮者松下の音楽の方向性が見えない云々と言う記事をネットで見つけた。私の音楽に難があるのは私の責任。今後更に精進します

Matsushita_Ko
→しかし、Ust配信は学生の、一人でも多くの人と気持ちを一つにしたい、と言う切なる気持ちであり、岡本さんは何も私が「起用」したわけではない。被災地に向けてただひたすら祈った先日の演奏会が、話題作り、売名行為の様に思われたなら、こんなに悲しいことはない。学生が不憫でならない。
—————

松下氏が、拙ブログの上記エントリを対象にツイートされたのは間違いありません。
しかし、まず氏にはよくエントリ本文を熟読いただき、もし拙文を引用されるのであれば、
フォロワーに誤解を与えぬような発言をお願いしたいものです。

話題作りや売名行為などと非難することが、上記エントリの論旨でないことは明らかです。
また、学生達の発案による斬新な演奏会スタイルやコンセプトだって、
リスキーな面こそあれ、それはそれで良かったと肯定的に記しています。

途中の混声ステージも素晴らしかったし、岡本氏とのコラボも圧巻でした。

ただ、本エントリは、以上のことを主題にしているのではなく、
松下氏のコントロールが不十分というただ一点を問うているのです。

なぜ不十分なのでしょうか?
幾多の全国トップクラスの合唱団を率いる氏に、その答えがわからぬはずはないでしょうに。

敬具

————————————————-
※以下、後日加筆分

なんか、他のブログで、松下耕氏VS前橋男声合唱団の某団員氏ということで、
張本人呼ばわりされつつ記事にされちゃってますが・・・。

たいへん、ありがたいことです。いや、ホントに。
超マイナーな前橋男声合唱団の団名が・・・
あ、これこそ正真正銘の売名行為ですかね!?(汗)
(大変イレギュラーな売名行為ではありますが)

とはいえ、他人様をお騒がせしてしまったのは事実です。
私の演奏評の書き方も、読み手を混乱させる元となった面もありましょうから、
この点について、心よりお詫び申し上げます次第です。

それはともかく。
松下氏がですね、件のエントリを熟読していても、していなかったにしても、
私の書き方が拙かったとしても、上手に表現できていたにしても、
いずれにせよ、不用意なツイートであるという私の見方は今後も変わりません。
もし、ご本人が主旨を読み違えていたことをお認めになるのなら別ですが。

あれから、松下氏も拙ブログに毎日のようにおいでになっているのを、
アクセスログから確認しております。
残念ながら、何の反応も戴いておりませんが。

さて、普段から難解な曲のアナリーゼに長じている指揮者なら、
あのような駄文の要点を読み切ることなど、いとも容易いように私には思えるわけで、
いくら私の書き方が拙くとも、読み違えが不思議でなりません。

ですので、当然、意図的に印象操作を行って、
フォロワーさんの同情をひこうとでも仕組んだのでは?という想像もできますが、
いくらなんでも子供じゃないんだから、なかなか合点がいきません。

さもなければ、あんな駄文の主旨を読み違えるほど、
一定の確率で解釈を誤る可能性のある指揮者であるということなのでしょうか。

一般に何かを根拠にして議論を展開し結論を導く場合、
前提たる根拠が間違っていれば、結論は正しくないことになるのは自明です。

私としては、松下氏のツイートの出典元として、
エントリの論旨を多くの方に再説明ができ、目的は達したと思われますので、
今回の件に触れるのはこれを最初で最後にするつもりです。

私があのエントリで申し上げたかったことは、
まさに「学生が不憫だ」ということ。
でも、そこまでははっきりと記すことができませんでした。

だから、松下氏のツイートを一読した際、自分の目を疑いました。
ご本人自ら「学生が不憫」とはこれいかに?
それはこっちのセリフだろうと。

以上

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:00

2011年3月27日(日)通常練習

 新入団万歳!, 日記・コラム・つぶやき, 練習見学  2011年3月27日(日)通常練習 はコメントを受け付けていません。
4月 022011
 

計画停電の影響で、県内外の文化施設において、
貸し館が中止もしくは限定的なものとされる事態となっていることは、既報の通りである。

当初、この日の練習会場は前橋中央公民館であったが、同館が3月中の夜間貸館の中止を打ち出したため、
その後、群馬県生涯学習センターに鞍替えしたが、ここも計画停電時間帯の貸し館を停止する旨決定、
急遽、逆に公演キャンセルで空いていた「高崎市新町文化ホール」を予約した。

しかも、土曜夜から日曜午後への練習時間のシフトで、メンバー達も多忙な年度末とくる・・・、
果たしてどれだけ集まるだろうかと、ため息をついていたのだが、どうしてどうして、
16人からのメンバーが集まり、練習見学者まで おいでになるという特典までついたこの日だった。

2011年3月27日練習風景1

■練習場所 高崎市新町文化ホール

■出席人数16名(T1:2 T2:4 B1:5 B2:5)出席率57% 

■練習内容

今回は、出席率はかなり低いのではないかという懸念のもと、
いつもの通常レパの直接的な練習を取りやめ、別の企画をもってきていたが、
出席率は50%を超え、しかも4パートもまずまずのバランスで揃うことが出来たため、
普段通りの練習進行に戻すことにした。

ただ、会場が外気温に比しかなり寒い状況。
暖房も効くが、一時間あたり3000円強の別料金がかかるとのことで、
やむなく、持てる衣服を着込んでの亜寒帯練習となった。

アンサンブルの前に、 全員で「ウルトラセブン」を歌って景気づけ(?)
それ以外は、練習は相変わらずの「タンホイザー」の歌い込みとなったが、
客席を間近に見下ろしての練習は、なかなか悪くない。

ここは音楽専用ホールではなく、反響板も無いに等しいので残響は僅かだが、
発声上、ホールという空間を意識するには十分な広さだろう。

さて、結局「タンホイザー」は全曲歌い込むこととなったが、
どうしても楽譜ベタ見で口先で譜面を追いがちな我々に対して、
指揮者からは、

「決して頭の中だけで歌わず
もっとフィジカルな面から積極的に歌う姿勢が乏しい・・・、
何のために練習に来ているん!?頭の中で歌うのは家でやれ」

との檄が飛んだ次第。

ひぇ〜、、、見学者さん、ひいてないかな・・・。(汗)

ともかく、今後も一層の音の確認と、歌詩(特にウムラウト)の見直しが求められる。

また、歌詩に割り振られた母音を素直に音価分伸ばし、
原則としてレガートに歌いつなぐ気持ちをもっと持たねばならないだろう。

そこまで発声技倆がついていっていないというのが正直な所だろうが、
同時並行的に、発声の改革に取り組まねば、この曲が中途半端な成果に終わることは必定だろう。

発声の改革はひいては意識改革につながる。

意識の改革は、「このくらいでいいんじゃね?」
という気持ちを捨て去ることから始まるのだろう。
仕事に家庭に多忙な我々にとっては、最も辛い大きな山である。

しかし、我々ののど元に、その鋭利な刃物がつきつけられていることが、
練習を日ごとこなしているにつれ、明らかなものとなってくるだろう。
その無言の脅しに気がつくか気がつかないかは、話が別であるが・・・。

■事務連絡

  • 次回練習は4月3日(日)、場所は吉岡文化センターとなるので注意。
  • 今後の練習日程のアナウンスに留意を。
    (節電の意義と相反する部分もあるが、できれば頻繁なメールチェックを)

■特記事項

前述の見学者さんであるが、竹内さんという方。
酷寒(?)の中、練習の一部始終を見学していただき、
時には 体操は発声など、一緒にご参加頂いた。

果たして・・・、練習後に見事、入団と言うことに相成った!!
実働団員数は29人に達し、 いよいよ、夢想だにしなかった30人台まで、あと1人ということに!
詳細は、本家ホームページ・ニュース欄で詳報したい。【リンク切れ】

思えば、20人台に初めて突入したのが2007年5月のことだった。
「ついに夢の20人の大台を達成!(前橋男声合唱団ニュース2007年5月号)」【リンク切れ】

とにかく、我々は今後も、歌声を共にできる仲間を常に探している。
そして、自然体で練習にいそしみ、やるべきことに真剣に取り組んでいきたいと考えている。

2011年3月27日練習風景2

中央で握手をする竹内さん

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 17:34

Intercollege Male Choir Voces Veritas―First Concert―”TAKE OFF!”

 演奏会レポ  Intercollege Male Choir Voces Veritas―First Concert―”TAKE OFF!” はコメントを受け付けていません。
4月 012011
 

Intercollege Male Choir Voces Veritas ―First Concert―”TAKE OFF!”
2011.3.30(Wed.)19:00 OPEN/19:30
渋谷区文化総合センター大和田・さくらホール

前々からネット上で話題をさらっていた上記演奏会。
Voces Veritas・・・いわゆる「真実の声」という素晴らしいネーミング。

昨年12月結成の、大学等の枠にこだわらない横断的な合唱団。
(かなり以前にも似たような企画があったのを記憶しているが)
今回、松下耕氏が音楽監督・指揮者となって全面プロデュースを手がけているようだ。

U-Streamで演奏会の生中継をするとのことで、そんなあたり、今時の学生らしい企画である。
さすがに平日の東京での演奏会には駆けつけることが出来ず、ネット観戦と相成った。

ネット配信だけに、画像は言うまでもなく音質には若干難もあり、
なかなか思うようには鑑賞できないものの、
ヘッドホンを装着するに、臨場感はそこそこ、客席のおしゃべりも聞き取れるくらい。
演奏が始まってみると、声の表情も聞き分けられ、予想以上に音は良い。

現場に臨場して、ライブを聴いたわけではないので、
今回はステージ毎に何かコメントをすることは敢えてしないが、
学生達の合唱に対する姿勢というものが真剣であることだけはよく伝わってくる。

エネルギッシュで力強く、若さがあふれ出てきてほとばしるような演奏は、
聴いていて、なんと清々しいことか。
その疾走感はきらめいて、彼らの持つ若さに嫉妬したくなるほどだ。

しかし、このような学生達の熱っぽさや真摯さというものを題材にして、
松下氏は本演奏会で何をどのように表現したかったのかが今ひとつ伝わってこない。 
松下氏がタクトを親しく揮う意義とはこれいかに?

男声が女声に主役の座を明け渡した混声ステージは、
パートバランスも良く、充実したハーモニーを醸し出していたように思う。
また終ステではソプラニスタ=岡本友高氏の来臨を仰いだ。

さて一方で、合唱団内には一定割合で、のっぺりとした硬い声が占有していた。
残念ながら、時折この硬い声が音楽を支配し、一瞬で合唱をぎこちないものに変えてしまう。

そしてその一定割合が、最終的に外声にも該当してしまったことは、
私の鑑賞意欲を急速に萎えさせるに十分であった。

一定割合存在するトップの浅い喉声、
そして一定割合存在するベースの胸郭から下顎にかけて力んだ独善的な声は、
演奏自体をステージレベルにとどまらず、
演奏会の印象にまでダメージを与える結果となったのではと残念に思う。

声を聴いて、ダメっぽければ、全てダメ・・・などという、
自分がそういうステレオタイプでは断じてないつもりであるが。

その辺に対する松下氏の指示はどのようなものであったのか。

ネット中継ということで、耳に少々自信がない面も確かにある。
まぁ、細かいことを言えばキリはないのだが、いくら本番までの時間がないとはいえ、
合唱の作り込み方には、どうしても急造感は否めまい。

言葉は悪いが、寄せ集めの合唱団という言い方もできるだろう。
単一大学合唱団のように、長い伝統が生み出す不思議な力や、
同じ釜の飯を食い続けたことによるボーナスポイントを期待することはほぼ出来ぬ。

個人的な声楽的技倆はもちろん、アンサンブル技術がもろに効いてくる。
それを統括する指揮者の力量もストレートに反映されがちである。

そもそも、合唱団を構成するのは、
ある程度腕に覚えがあり血気盛んな若い男共であると推察する。

当然、急造であればあるほど、声出し競争的な要素が幅をきかし、
練習のある局面では演奏に刹那的なボリューム感を与えるものの、
実際の本番演奏では危険なデメリットに化けてしまうことは大いにあり得る現象だ。

それは、四連にせよ六連にせよ、過去の数々の合同ステージで
私は見聞きし、その都度小さな失望を繰り返してきたものなのである。

そんな中であるから、ますます松下氏のコントロールこそが、
演奏の死命を制するポイントであると言えるのだが、
そこを今回も結局見いだすことができずに演奏会は終了してしまったのだった。

(私は過去の松下氏の指揮する演奏では、いつも今回と同じような感慨を抱く)

私見ではあるが、学生団体の場合、今回は限られた時間が目に見えているとはいえ、
最大限に音楽を醸成していこうとする点を無視できないのではないか。
団体として「こなれる」こと、そしてメンバー同志の親睦を図り内部エネルギーを蓄積する・・・
この辺に、音楽を大化けさせ、「何か」を引き出すマジックが潜んでいるのではなかったか。

私の感性の鈍さとネット鑑賞スペックの拙さを棚に上げて、
以上、好き勝手述べさせて頂いたが、
今回のような若者達の試みに対して、私は全般的に好感をもって受け止めている。

彼らの溌剌とした歌声と、音楽に対する前向きな姿勢は、
最近沈滞ムードの漂う我々の足下を明るく照らし出してくれたのではないか。

大災害のような非常時には人の真価がわかるものだと、最近何かで読んだか聞いた気がする。
であるならば、このような合唱団の演奏時こそ、指揮者の腕の見せ所であるはずであり、
この演奏を通して、 松下氏の不可解さ故に、私は今も胸のつかえがとれないでいるのだ。

ネット上での話題性や、岡本友高氏を起用したり、本邦初演曲の演奏だったり、
パフォーマンス的な仕掛けは多彩であったろうけど、
肝心な音楽的な部分に対して、指揮者による強引なほどのリーダーシップが欲しかった。

今回、ネット鑑賞という手段を与えられたので、
その前提の下で、演奏会レポとしてエントリを起こした次第である。

もちろん、そういった制約下で演奏を評価する事のリスクは承知しているつもりである。
翻って、また違ったリスクを承知の上でネット配信に踏み切ったのは、演奏側も同様だろう。

次回はぜひ生で聴いてみたいものである。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:04
Get Adobe Flash player