2009年8月22日(土)通常練習

 練習日誌  2009年8月22日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
8月 232009
 

旧盆時期の一週をあけての練習となった。

夏休みをとって休養十分の中、満を持しての練習となった方、
はたまた、仕事や家族サービスでやや疲れを表情に引きずっている方・・・。
とにかく、また、元気でお会いできて嬉しい限り。

結果、久々に80%台後半をマーク。
10回そこそこの残りの練習を、この高出席率の中、突っ走れたらいいと思う。

■場所 前橋中央公民館(46スタジオ他)
■出席人数21名(T1:4 T2:6 B1:6 B2:5) Top , Second and Baritone Excellent!! 出席率88%

■練習内容
1.体操〜呼吸〜発声練習・ボキャブラリィ集

・喉を開けて、軟口蓋を高く保持し、呼吸が出来るように。 (呼気時と吸気時で喉仏が動かないように)
・明るく開口し、響きを籠もらせない。縦に開口するイメージで。
 (ただし、テクニックとしては陰鬱な籠もった響きを出す場合はある)
・自らの声が焦点を結ぶように。
・気球を大きく膨らまし、天蓋に穴を開けて、そこ(脳天部)で呼吸するようなイメージで。
・呼吸時には、骨盤を意識する。(低重心を心がける)

2.パート練習(19時10分〜20時10分)

3.アンサンブル
創立20周年記念ステージで歌う小曲群のうち、熟練の必要な英語曲3曲。
それと、日本語曲と言えど、大きな難関である「石家荘にて」を練習。
パート練習によるチューニングから始め、アンサンブルにのぞんだ。

「Vive L’Amour」
カミカミのB系がだいぶこなれてきた。
では、もっと英語らしく発音するよう心がけよう。
弱音部では子音を立てる。(基本中の基本)

(B系)32小節以降 頭に血をのぼせないように、cresc.はそのあと。
(全)64小節 ”Let” ここから詩が変わる。きっちり音色も変えるように。これ以降、深い響きで。
(全)81小節 アクセントのついている箇所とそうでない箇所の区別を明確に。
(B2)88小節 cresc.は、mourまでをしっかり。息切れしないよう。
(全)95小節 Vive…ヴィーヴーと伸ばすわけだが、U音に注意。きちんと口先とがらせて。
      んで、響きを集める。

「Sailing , Sailing」
ラストのA-Dur・・・頼むから意地でも決めてくれ!?
指揮をここは見てタイミングをはかる箇所が必ずあるので、全員が見ること。
自分の技術を見守るもう一人の自分を意識しよう。

「Shenandoah」
波が寄せては返す情景を感じられる素晴らしい編曲。(まずそれを感じよう)
そして、それを歌として表現。(浅い意味ではなく) ソロや他パートとの掛け合い等々、
高度な技術が要求される曲。

「石家荘にて」
(B2)冒頭部 音色まとめて
(B2)7小節 楽譜通り、pに一旦落ち着かせて。
(B1)10小節 ベタ歌いをしない。しかもピッチ低し。(まるで「棒々」のよう?)
(B系)30小節 悲哀に満ちて 単なるffではダメ。
(T1,T2,B1)46小節 「ああ」の掛け合いは、<>を意識して。全体の流れの中で歌う。
(他パートの旋律もも心の中で歌ってないとね!)

【指揮者からの指示】
今後、パート内で影響力があり、自ら修正できる能力を持つと思われる人物が、
あまりにも無頓着な歌い方をした場合、(またやっちまった・・・!とか)
名指しでチェックを入れることにします。

「石家荘にて」の冒頭フーガ・バリトン旋律練習中に、突然宣言された上記の指揮者指示。
従来、個人的指示はほぼ皆無であったが、今後、そういうこととなった。

もっとも、残り100日を切り、まだまだ音取りに汲々とする我々にとって、
確かに合理的な手法であるかも知れない。
(とはいえ、指揮者にとっては通常手段ではないことは間違いない)

しかし、注意しなければならないのは、今後、名指しで注意された人物が出るにしても、
その人物限りだけの話ではないという点だ。
その人物が属するパートのメンバーも同様に、その指示を注意深く汲み取らねば意味がない。

それと、一部に勘違いを招いているようなので、ここで明言しておきたい。
上記指示時、指揮者は数名の具体名を挙げたが、その人物に歌唱力があることを認めているわけでは全くない。

また、名指しされた人物が直れば、同パートのメンバーが勝手に歌っていていいよとか、
名指しされなかった人物に対しては、あてにしていないよという事でもない。

もう一度言えば、その際、名指しで注意されなかった同パートのメンバーが
必ずしも歌えているわけでもないだろう。

要するに、名指しされた人物とその他のパートメンバーの間に線を引こうという意図はない点だ。
ま、名指しされた人物は(良い意味で)利用されるということである。
悪く言えば、パート全体のためにスケープゴートになってね、ということ。
「特に、お前が歌えなきゃダメじゃん・・・」という、個人的に期待の意味も勿論込められてるだろうけど。
基本は、パート全体への指示であるという原則は、全く変わっていないことを、団員各位は銘記されたい。

■連絡事項
(事務局より)
・次回練習は8月29日。(場所は前橋中央公民館)
・練習冒頭、団員総会を開催(定足数過半数)しますので、早々にお集まりの程。
(欠席、遅刻の場合は、議決権の行使方法をマネージャーまでご一報を)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:27

つたない野望・・・

 合唱組織論, 日記・コラム・つぶやき, 発声, 音楽論  つたない野望・・・ はコメントを受け付けていません。
8月 202009
 

これからの練習の大きなテーマに、「歌い込み」や「表現力アップ」等が挙げられるわけだが、 それと並行してTenorの発声強化に取り組みたいと考えている。 なぜなら、より良い合唱表現を実践するためには、 Tenorに掛かる係数が、今の前橋男声では大きいと考えられるからだ。

比較的まとまりやすいBass系に比べ、Tenor系のそれは難しいといわれる。読者の皆様には釈迦に説法ではあるのだが、 通常、Tenorは声楽的な声の軽重から、 レッジェーロ~リリコ~リリコ・スピント~ドラマティコ の4種類に分類できる。(左が軽く柔和で、右に行くほど重くたくましい)

オペラで配役が決まっているならまだしも、合唱団のTenorパートとしては、(もちろんBassもだが) 単一の声種だけでは、到底古今東西の合唱曲群を歌いおおせるはずがない。 叙情的な日本歌曲から、ドラマテッィクなオペラ合唱曲等々まで、 パートとしていろんな声を駆使できて、はじめて表現幅も広がろうというものだ。

きたる第5回演奏会レパートリーに対しても然り。 とりわけ、メロディパートとして重要なTopは、表現力に磨きをかけねば本番で勝負ができぬ。

小団Tenorの諸君にとって失礼かもしれないが、(個人の事ではなく、Tenor全体の話ですよ) 響きがのっぺりとして、声質も軽め、結果レンジ幅も狭い所が大きな弱点である。

単なるファルセットを含め、その裏声に響きをつけ、そこそこ芯のある声はある程度使えるようになってきた。しかし、実声を持ち上げてゆくような、私の焦がれるスピント系の声は、 一番傾向の近かったメンバーがこの春に都合で団を去ってしまって以来、 すっかりなりをひそめているのだ。 (もちろん力業に走りすぎて、支えのない喉声そのものではマズイのだが)

指揮者が何度か、引き出そうと試みたのを知っているが、 全く、対応できなかったか、もしくはかろうじて対応できたにしても著しく堅い喉声となってしまっていた。

技術的には、一番基本のお腹を使えていないということに帰結するわけだが、 この茨の道を避ける方法はないし、それを検索するだけ時間の無駄である。 ドラマティコとまでは言わないが、アクセルを踏んでスピントしてゆく迫力は絶対に欲しいのだ。

技術一辺倒にはならず、歌はハートで勝負だろ!などと、いつの時代でも聞かれる論調だが、 それは技術修練をサボるために、わざと精神論を持ち出して本質をぼかそうとする狡猾な試みに過ぎない。

今後の展望は、Tenor諸君の熟練に依るしかないのだ。 勇気づけられることに、加齢と共に、大抵はは上で示したリリコ→ドラマティコの方向に、声質もやはり変化してゆくというのが通例らしい。 (ただし、継続的に効果的な訓練を続けている場合に限られるわけだが)

折しも、世界陸上が開催中である。 先日は、U・ボルト選手の世界記録更新には世界中が沸いたが、まさに、 鍛え抜かれた身体と、常人の想像を絶するほどのプレッシャーに耐えられる強い精神力のなせる業(技)である。

彼の偉業には、T・ゲイというライバルの存在も大きいだろうが、 なんといっても、血を吐くほどの練習に明け暮れたのだろう。

同様に、我々も鍛え抜かれた声とテクニックを手にすることができたら・・・。 やはり訓練された声は、間違いなく人を惹き付けるものなのである。 社会人合唱団という、ある意味、時間的束縛を受けて、声楽的鍛錬に乏しい集団の発するトーンなど、演奏会プログラムを一瞥すれば、合唱界の住人には大体想像がついてしまうものである。

私はいつの日か、しかもこの合唱後進県群馬の地で、その安易な想像を大きく裏切ってやりたい・・・! という野望を持ち続けているのである。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:47

本番まであと100日!

 日記・コラム・つぶやき  本番まであと100日! はコメントを受け付けていません。
8月 192009
 

第5回演奏会まであと100日を切った。
たかが100日、されど100日・・・。

およそ一年前に行われた団全体の話し合い(団員総会)の中で、以下の事項が確認され、
最終的に、第5回演奏会実施にゴーサインが出たのであった。

運営上は、それ以降、メンバーの休退団による実働団員の大幅な減員がなく、
出席率・練習効率が現在より向上することを前提として、
練習日程も組まれてきた経緯がある。
その成果はいかばかりだったろう。

表面的な出席率は過去の練習日誌を紐解けば、すぐに明らかになるだろう。
一方で指揮者からは、当時、第5回演奏会実施に対して、
次のような見解が表明されていた。

「以下の条件が満たされるのなら、2009年末での演奏会開催は可能であると考える。
 1.今後、高い出席率が維持され、団員の共有時間の最大化が図られること
 2.曲を”完成”させてステージにのせるための強いモチベーションが維持されること」

メンバーは、この条件を受け容れたのだ。
我々は今一度、これを噛みしめ、残り100日をいかに過ごすべきかを考えるべきだろう。

前回第4回演奏会前には果たし得なかったオンステメンバーの「全員出席」を、
今回は何としても実現できたらいいと思う。
なんとならば、練習でできないことが本番でできるはずはないからである。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:48

残暑お見舞い申し上げます

 日記・コラム・つぶやき  残暑お見舞い申し上げます はコメントを受け付けていません。
8月 152009
 

こんなタイトルを付す時期となりました。

梅雨入りこそ早かった今年でしたが、しばらくの間、ぐつついた日が続き、
ここに来てようやく夏本番を感じさせるような堂々たる太陽を仰ぎ見ている次第です。

しかしながら、立秋を過ぎ、白昼の強い陽射しの中にふと心に去来する、 凪のように、時間の止まったようなあの一瞬・・・。
私はこの時期に、そのような感覚に捉えられることによって、夏の終わりを感じ取ることが多い。
焦がれるような真夏への感傷は、この年になった今でも、あまり変わっていないのかも知れません。

夏休みを満喫している貴兄も多かろうと想像していますが、
私の場合、仕事柄、政権交代を見越しての業務が多忙を極めています。
まぁ、早い話、自虐的に記せば、新しい権力に対して擦り寄る準備とでも言いましょうか・・・。

そんなわけで、言い訳がましいのですが、今月5日以来、なかなか更新がおぼつかないのです。
連日来訪していただく皆様には、申し訳なく思っていますが、下書きもぼつぼつ溜まってきているので、
ブラッシュアップして、掲載できるよう努力して参りたいと思います。

おしまいに、立原道造の詩集「萱草に寄す」からの詩を捧げます。
(本当は縦書きで記すのが良いのはわかってはいるのですが)

有名な詩ですが、いやぁ、何度読んでもいいですよねぇ。
学生時代、ハマりましてねぇ。
こうやって、一字一句記してみるのも久しぶりですが、また趣があります・・・。

立原道造の詩をテキストにいろんな合唱曲が現存しますけど、
私にとっては、どれもしっくりこないと感じてしまうのは、 道造の詩が既に十分音楽的だからだと思ったりしています。

のちのおもひに

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた
——そして私は
見て來たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた……

夢は そのさきには もうゆかない
なにもかも 忘れ果てようとおもひ
忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:57

2009年7月25日(土)通常練習

 ニュース, 練習日誌  2009年7月25日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
8月 052009
 

周回遅れ以上のアップで相済みません。

■場所 前橋中央公民館(46スタジオ他)

■出席人数15名(T1:2 T2:4 B1:4 B2:5) 出席率64%

■練習内容

この日は、第二ステージである創立20周年記念ステージで演奏する曲目(邦楽編)を練習。

まずは、音取りからであるが、本当に一から音をとるメンバーはごく少数であって、
曲の全体像を確認後、指揮者からは細部にわたり 指示があった。

「アタックナンバーワン」
「見上げてごらん夜の星を」

「上を向いて歩こう」ほか

【指揮者からの指示】
有名で耳馴染みの良い曲は、歌いやすいのではという見方が時折きかれるが、 決してそんなことはなく、
徹底して歌い込まなくては聴き手の心を揺さぶることは困難。
ナメることなく、ある地点(もしかしたら現時点)で思考停止することなく、 取り組んで欲しい。

■連絡事項
(事務局より)
・次回練習は8月1日。(場所は群馬県生涯学習センター音楽練習室)
・先月結婚された佐藤喜仁氏(画像右)に、団を代表して山岸団長からご祝儀が贈られた。
おめでとう!末永くお幸せに。そしてこれからもよろしくお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 23:57
Get Adobe Flash player