2005年8月29日(日)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(第二代)  2005年8月29日(日)通常練習 はコメントを受け付けていません。
8月 292005
 
日   時 平成17年8月28日(日)午後1時30分~午後4時40分
場   所 群馬県生涯学習センター・音楽練習室
参加人数 トップテナー セカンドテナー バリトン ベース
1 2 4 2
今回の練習から、体操等のウォーミングアップ は順番で行うことになった。まず初日はトップのわたくしめが担当した。次回以降はセカンド、バリトン、ベースと回って行き、パート内の順番は50音順だそ うである。呼吸・発声は今日も中川氏が担当。カデンツァと曲目練習は指揮者である中曽根先生に指導していただいた。
ウォー ミングアップ  ラジオ体操第一、屈伸、スト レッチ等行った後、小生が学生時代にやっていた、俗称「でんでん太鼓」というのをやってみた。やることは単純で、下半身をどっしりと構えて上半身をリラッ クスさせて、腰をキュッと左右にひねるというものである。上半身がリラックスしていると、腕と頭が腰より後から付いてきて、腕がぶらぶらして、「でんでん 太鼓」のようになるので、その名がついたらしい。余分なところに力が入っていないかチェックする一つの手段として活用できるかと思い、今日取り入れてみ た。

 ここ数回の練習で取り入れている、両腕を7秒間全力で押し合い、今度は、掌を組み、7秒間全力で腕を引き合うというのを今回も行った。小生、陸上競技が 結構好きで、これを陸上に例えて話をしてみた。今日現在で、男子100メートル走の世界記録は「ジャマイカ」の「アサファ・パウエル」が持つ「9秒77」 である。(え、誰それ?カール・ルイスが世界記録保持者なんじゃないの?と思ったそこの君!時代は流れているんですぞい!)スポーツ医学の研究者は、人類 が潜在的に持っている能力はそんなものではなく、「9秒60」までは出せるはずだということを昔聞いたことがある。しかし、小生に言わせると、更にとんで もない能力を人間は内に秘めているのではないかと思っている。合唱のHPなのに陸上の話が長くなって申し訳なかったが、ようは、歌う時も、リミッターをは ずして、潜在能力を顕在化させよう!と言いたかったのだ。そうそう、団員以外でこのページをご覧になっていて、陸上に興味があるというそこの君!陸上も面 白いが、合唱も超超面白いから、今度見学に来ない?なんなら、小生、練習中に君と陸上の話で盛り上がっても構いませんぜよ!

呼   吸  V字腹筋をやりながらの呼吸。 皆さん段々板についてきた気がする。効果が出始めているかも?毎日やればもっと効果が上がるはずですぜ。

 今回は瞬間ブレスに重点を置いた。瞬間でも、お腹に息が入れば大したものだ、というより、そのレベルまで達しないと、歌えないですよね?皆さん結構でき ているようだった。あとは、息を吐く時も、お腹をへこますのではなく、逆に外に押し返すような感じで。それが、いわゆる支えである。

発   声  ハミングで響きを掴む練習。ハミングはあくびをする時の状態で、そのまま口を 閉じるのが基本。テナー系は喉でつぶしているような感じになっているので、今日はその点を注意された。もっと喉の奥を開くべし!

 発声練習においても、最初からもっと口の中、喉の奥、軟口蓋を開けておかないと、最後まで平べったいまま進んでしまい、途中修正が難しいので、音の出だ しの一発目が大切。
 中川氏曰く、当団は、例えば、「もっと深く!」とか言葉に出すと、それがすぐに形となって反応するそうなのだ。なかなか出来ることではないので、素晴ら しいことなのだが、裏を返せば、出来るんだから、言われなくても最初からやれよ!ということだぞい!

カデンツァ  高めの音階で「ma」と「hum」で行った。あれ?小生ハミング苦しくて、 ファルセットになってしまったが、良かったのかな?
曲目練習 内     容

GUIDE  MY HEAD
 ソロの部分の「Hum」と「Ah」の復習。今は、一緒に動くパート同士だけでも聴き合うこと。ここは本来レガートなのだが、 音が動く時は、ぼやけずはっきりと動くこと。また、ハミングが平べったくなっているので、口(の奥を)縦に開いて、集めること。そう、縦です。縦!縦!立 つんだジョー!(バリトン某N川氏のリクエストに一応お答えして。)「Hum」から「Ah」に移る時がぼやけているので、はっきり「ア」に切り替えるこ と。そして、クレッシェンド。
 「Hum」と「Ah」の後の、後半「Guide」以降は、上二声下二声が同じ動きをするセットになっている。ピッチや縦の線を合わせることはもちろんだ が、音がぶつかるところもあるが、しっかり聴き合い、上二声下二声できちんと揃えること。この部分はベース系が音が高めだが、喉で押すのでなく、腹筋を 使って発声するように。

 特に10ページ下の段の5小節目から、11ページの上の段の2小節目までが、ピッチも揃わないし、バランスも悪いため、くどい位繰り返し練習した。その 甲斐あってちょっと良くなってきたぞ。

 2番「Guide my hands」以降、ベースが音の上がり下がりが激しいが、安定して歌ってほしいとのこと。この部分もテナー系ベース系でセット の動きをしている。お互い良く聴き合って揃えること。

 一番最初のベース系の4小節で、この曲の良し悪しが決まる重要な部分。聴衆を惹きつけることが出来るようにお願いしたい。そのためには、歌い始めの準備 段階から大切。

 「while I run this race」のシンコーペーションの裏の動きの「this」に重点を置いた歌い方をしてほしい。言われたら、出来た けど。
 6ページ下の段の「Guide」のユニゾンを、ピシッと合わせてもらいたい。
 蛇足かもしれんが、「Guide」の「G」は当然鼻濁音ではありません!!また、「I don’t」の「t」は発音するのか質問したところ、特別強調す る必要はないが、軽く付ける程度或いは全然発音しなくても良いのではないかとのことだ。今は発音している人とそうでない人とがばらばらなので、いっそのこ と、発音しないと決めてもいいのかも?個人的なことだが、私が洋楽(主にロックやメタルなんだけど)を聴く限り、「don’t」や「doesn’t」の 「t」は、まず発音してないです。

 最後に全体を通して歌ってみたら、「曲の表情が出てきた!」との指揮者からのお褒めの言葉が!!う、うれしい!!(涙!)いつも叱られていることも快感 なのだが、こんな風に滅多にないのに褒められると、これもまた快感!(私はSっ気もMっ気もないので、誤解のないようにお願いします。)

Soon Ah Will Be Done

 いつも思うのだが、他の曲の題名は全部大文字なのに、なんで、この曲だけ語 頭以外は小文字なんだろう?

 「Soon~de worl’」の部分はベース系は同じ音が続いているが、どこに山があるのか、目標を定めて、フレーズ(歌詞の流れ)を掴んで歌ってほ しい。

 ベース系の合いの手の「de worl’,de」、「de worl’,oh」がテンポが遅れ気味。言葉の発音をキッチリ言おうとせず、黒人英語独特の くだけた発音にすることにより、解決するのではないだろうか?

 No moreの2括弧の繰り返しの、「weepin’ an’ a」の掛け合いの部分「ベース→セカンド→ベース→バリトン、(トップがないのが寂し いんだよね。)」にアクセント記号が付いているが、一語一語細切れに歌うという意味ではなく、掛け合いで、次々にまくしたてていくような感じで歌ってほし い。

 ベースが「No more」で先行する部分は、心の底から湧き出てくるような深い声で表現してほしい。ベースが先行したり、低音部で同じ音が続いたりし ているのは、逆に作曲者は、ベースに味付けをしてもらいたいからで、重要な位置づけである。

 上三声の「Goin’ home t’ live wid God.」はバリトンが主旋律だが、主張が足りない。

 テナー系の「in de morni’ Lord!」が軽過ぎ。次の「No more」に繋げる導入だと位置づけて、集めて!
 

雑   感  今日は二曲しかやらなかったが、先週に比べて随分良くなってるのでは?先々 週くらいでひと通り音取りが終わって、やっとスターティングブロックに足を置くことができた状態だったが、スタートのピストルが鳴って最初の一歩か二歩走 り出したにすぎないのだが、結構良いスタート切ってる気がするのは私だけ?このまま、気を抜かず、忘却しないように気をつけて、ドンドン前に進んで行こう ではないか!一日一歩三日で三歩、三歩進んでも二歩下がらないようにしようね!
 実は今、「Traditional Spirituals」の前男風翻訳を、英語教師K氏の力をお借りして作成中である。近々?ご披露できるかもしれな いので、期待しないで待て!
 


更新日 05.08.29

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:04

2005年8月7日(土)通常練習

 練習日誌, 練習日誌(第二代)  2005年8月7日(土)通常練習 はコメントを受け付けていません。
8月 072005
 
日   時 平成17年8月6日(土)午後6時~午後9時40分
場   所 群馬県生涯学習センター・音楽練習室
参加人数 トップテナー セカンドテナー バリトン ベース
1 1 4 1
特記事項
バリトン以外各パート1人ずつと いうアンバランスな状態であった。特に今日は音取り中心の練習となったため、強弱記号を無視して、皆ある程度大きめの音量となっていた。小生もバリトンの 4人の音量に負けじと声を張り上げすぎたため、練習中盤頃から、声が嗄れてしまい、却って前回の風邪を引いていた時のほうが、腹筋も使えて、余分なところ に力をいれずに声を出すことができ、やはり、体調が良い時こそ、腹筋と脱力には気を配らなければならないと、敗北感を感じる一日となってしまった。

ウォーミングアップ・呼吸・発声は中川氏の指 導。カデンツァと曲目練習は指揮者である中曽根先生に指導いただいた。
ウォー ミングアップ  いつもどおり、ラジオ体操第一 から。今日も意識してか、かなりゆっくり行い、じっくり身体を伸ばすことに重点を置いた。
 今まで日誌には取り上げてこなかったが、掌を胸の前に当てて、両腕を7秒間全力で押し合い、今度は、掌を組み、7秒間全力で腕を引き合うというのをここ のところ行っている。小生の個人的見解だが、3つ程の意味があるのではないかと思っている。一つ目は、これによって意外と腹筋も鍛えられるということ。2 つ目は、運動不足の解消と基礎的な体力作り。そして、3つ目が大事なのだが、どうしても全力といっても、人間は脳にリミッターが掛かっていて、話は飛ぶ が、「北斗の拳」曰く、人間はせいぜい能力の30%しか使えてなく残り70%を使うのが「北斗神拳」の極意だとか。学者によっては、脳の10%使えていれ ばいいほうで、潜在能力は計り知れないものがあるという学説もある。この潜在能力の顕在化の方法として腕の押し・引きというのが一つのヒントになっている のではないかと思うのだ。ただ、これはあくまでも、筋力の話であって、歌において眠っている潜在能力を引き出すというのは、日々の努力により、徐々に、い やもしかしたら、突然開花するものなのかもしれない。
 小生、前回の練習で、V字腹筋で息の出し入れが上手くできなかったので、最近自主練習の中で、ただV字腹筋をするのではなく、例えば、2拍で吸って24 拍で吐くというのを取り入れている。そのお陰か、今日のV字腹筋での呼吸はかなり上手くできたと自負している。

呼   吸  呼吸こそが、音程、音量・音色 を決める基盤になるので、呼吸練習をおろそかにしないこと。
 お腹、脇腹、そして特に背筋に空気を入れるように意識する。息を遠くに飛ばす。吐く時はお腹の内側から外側に圧力を加える(逆にお腹を膨らましながら息 を出す)ようなイメージで。胸を高く保ち、脳天が上に、そしてやや後方に引っ張られるような感じで。そして、息がしぼまないように。と、呼吸にもやらなけ ればならないことが山ほどあるのだ。これらを無意識のうちにできるようになればたいしたものだ。
 スタッカートは、圧縮された、エネルギーの高い息を当てるのが目的。

発   声  ベース系「ファルセット」で発声練習。高音域だけでなく、中・低音域でも、裏 声で発声することにより、喉で押せなくなる。音量は落ちるが、当団は喉でガンガン押していく悪い癖があるので、それを是正するための手掛かりになったので はないか。ちなみに、「ファルセット」と「裏声」は厳密には違うということを聞いたことがあるのだが、小生もその違いはよくわからない。辞書で引いてみて も、「ファルセット」は「仮声、裏声」としか書いてなく、本当に違うのか疑ってしまう。
 最後にカデンツァで発声練習を締めくくったのだが、どのパートもピッチが下がっていた。小生はどちらかというと、ピッチがうわずる悪い傾向にあるのだ が、今日は下がってしまった。腹筋が上手く使えていなかったせいであろう。

曲目練習 内     容
SOMETIMES I  FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD  初めて取り組む曲。ユニゾンが 多く、全員でひとつになり、音色を揃えて、溶かすように。
 「Sometimes」の「s」や「child」の「ild」などの語尾をしっかり発音するように。
 ソロが入る部分の「Oo」は「ウ」なのだが、至極「オ」に近く。
 「born」で3パートが2拍又は1拍半伸ばして1パートだけが音が動く部分が3箇所あるが、動かないほうの3パートはきっちり伸ばすこと。1パートが 動いた時に3パートが途中で途切れて残っていなければ、1パートが動くことの意味がなくなってしまう。和音の動きも聴かせられなくなるわけだ。
 4ページ上の段の「ways」はセカンドが旋律。ぶつかっていて歌いづらいかもしれないが、旋律なので堂々と歌うように。
 最後の「home」は2小節目から3小節目くらいのところで、口を閉じ始め、段々にハミングへ持っていく。ハミングになるタイミングやカンニングブレス のタイミングは各自で追々工夫していってもらいたいとのこと。

HE’S GOT THE WHOLE WORLD
IN HIS HANDS
 これも、初めて取り組む曲。 ベースから入り、バリトン、セカンド、トップと全てユニゾンで重なっていくのだが、最初から全員でユニゾンで歌っているかのように、どこかのパートが、途 中で入ったというのがわからないようにするのが最終目標。
 「hands」で2拍ないし3拍伸ばす部分は、次の拍の頭で「ands」の語尾を言うこと。
 「littele bitty baby」はカタカナで表すとすると「リトゥルビティベイビー」とならずに「リルビリベイベー」のように発音すること。 皆さんは英語の発音記号で[D]というのがあるのをご存知であろうか?ちなみに「ドゥ」ではありません。これは、「t」の子音が母音と母音の間に挟まれて いる時、子音の弾性化というのが起こり、「L」に近い発音で、弾性というくらいだから、さらに弾んだ発音になるものである。よく「water」を「ワラ」 のように発音するのがその代表的なもので、「littel bitty」も、この子音の弾性化によるものである。ついでに、発音について、曲名にもなって いる「in His」であるが、「H」を発音しない場合もあり、カタカナで表すと「イニズ」又は「インニズ」と発音する場合がある。もちろん「インヒズ」 と発音するのも間違いではないので、この曲ではどう発音するのか、今後統一していく必要がある。
 ソロが入る部分のハミングはレガートに、一緒に音が動くパートはよく聴き合って、縦を揃えるように。
 曲の最後の「hands」の語尾「nds」は、吐き下さずに、息を軽く載せる感じで終わらせるように。ここでのカンニングブレスのタイミングも追々各自 で工夫すようにとのこと。

GUIDE  MY HEAD  なんとか通して歌うことができた。苦手な部分は各自復習しておくように。
MY  LORD,WHAT A MORNIN’  もっと腹筋を使って歌うこと。

Soon Ah Will Be Done

 4小節、少なくとも2小節でひとまとまりの大きなフレーズを感じて歌っても らいたい。今は単語の1語1語を輪切りにして歌っていて、それによって、テンポが遅れている。音楽と言葉のフレーズの中で、どこを聴かせたいのか、どこに 頂点を持っていくべきなのか、各自考えて歌ってもらいたい。
 音取りという意味では、この曲が一番進んでいるのだから、言葉の意味なども理解した上で歌ってもらいたい。
 5曲の中では最も言葉の意味を理解しやすく、訴えたいことが明確な曲のような気がする。クリスチャン系の学校の現役英語教師のベースKnd氏曰く、 「歌っているうちに、感動のあまりグッときてしまって、声がつまって歌えなくなってしまいそうになった。」とのこと、さて、Knd氏は、何故、「感動のあ まりグッと」きてしまったのか、皆さんお判りだろうか?まだ、判らないという方は、歌詞の意味・曲の背景を研究して、自分なりに答えを導き出してみてはい かがだろうか。
 
 
雑   感  指揮者からは、歌詞の意味の説明は行わない、逆に指揮者から団員に意味を聞 くこともあるかもしれないので、覚悟しておくように。当団は、単に指揮者の指示どおり歌うのではなく、「団員自らが考え、団員自身により曲を作っていこ う」というコンセプトを持っている団だと、入団した頃から小生は感じていた。そこら辺にも魅力を感じて、小生は入団し、現在に至っている訳である。もちろ ん指揮者の指示・指導というのが皆無という訳ではないのだが。
 さて前述の「Soon Ah Will Be Done」の解釈に関連してだが、小生この曲を学生時代に混声で経験している。当時、指揮者から、「こん なに重たく奥深い曲なのに歌詞が伝わって来ない。」と指摘され、「涙を流しているかのよう」に歌ってみたら、他の団員から、「臭過ぎなんじゃないの?」と 指摘されてしまったことがあった。仕方なくもう少し気持ちを押さえてライトに歌ったのだが、その後、小生は指揮者に対し、「気持ちが伝わって来ないと言う から、苦しんでいる黒人の気持ちを表現してみたのに、それを『臭過ぎ』の一言で、掃いて捨てられてしまっては、どう歌ったらいいのかわからない!中途半端 に気持ちを込めて歌っても、真の黒人霊歌にはならないのではないのか!!」と喰って掛かった思い出がある。この曲に限らず、「Traditional  Spirituals」の詩の解釈、曲の背景を研究し、理解することが、今後の大きな命題であろう。「歌詞の解釈研究特別プロジェクトチーム」を結成する 必要ありか?
 練習終了後、小生からベースKnd氏に質問をしたことがあるので、参考になると思い、ここに掲載しておく。「God、LORD、Jesusは意味が違う のか?」と質問したところ、「キリスト教においては同じ意味と捉えて差し支えない。」とのことだ。ついでに「he」ではなく、大文字の「He」は「彼」の 意味ではなく、「God、LORD、Jesus」と同じ意味なのだそうだ。ということは、「in His hands」は「彼の両手の中に」ではなく、 「神の(主の)両手の中に」という意味なのであろう。さすが、Knd氏。ちなみに、「Traditional Spirituals」の中には出てこない が、「Kyrie」も「God、LORD、Jesus」と同じ意味なのだろうか?今度Knd氏に聞いてみることにしよう。
 

 

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:02
Get Adobe Flash player