北川雅和氏(T2)送別会 行われる

 ニュース, 日記・コラム・つぶやき, 歓送迎会, 発声  北川雅和氏(T2)送別会 行われる はコメントを受け付けていません。
3月 302005
 

このたび、セカンドテノールの北川雅和氏が関西方面にご栄 転されることとなり、
団を離れることとなった。

3月26日(土)の練習前より、前橋市内のレストランで団主催の送別会が開催された。
中曽根指揮者も出席 し、思い出話やこれからの事など、食事をしながら話に花を咲かせた。

しかし、北川氏細君は群馬県伊勢崎市のご出身であり年一度の帰省機会があること、
また 仕事の関係でこちらまでの高頻度の出張が見込まれるとのことで、
更には第4回演奏会へのオンステへの強い意志も表明されていることから、
団としては当面休団扱いとし、ともに次回の目標に進んでいく事としたい。

北川氏は、2002年2月の入団で約3年のつきあいということになるが、
実質は、正式入団より1年近く早く練習に見学に訪れている。

その1年もの間、近 傍の合唱団を物色していたそうだ。
深谷市にお住まいであったので、30キロ以上離れた前橋には抵抗があったのだと想像するが、
最終的に我が団を選んでいただけた事は何ものにも代え難い喜びとして、
我々は決して忘れる事はないだろう。

また、途中よりボイストレーニングを担当していただき、
メンバーの発声の改 革に力を注いでいただいた。

ご本人の経験に基づく発声理論には初心者からもわかりやすいと評判がよく、
経験者にとっては、癖のついた自らの発声を一から見 つめ直す一助とすることができた。

練習後、北川氏には大村団長より餞別が手渡された後、
メンバー一人一人から北川氏へのエールが送られ、
最後に北川氏から心のこもった謝辞をいただき、時 間いっぱいまで別れを惜しんだ。

会者定離とは世の習いであるが、やはり一緒に歌声を共にしてきた メンバーとの別れは寂しい。
北川氏が戻ってくるまでに「こんなにうまくなったのか!」と瞠目させる事ができるよう、
精進して参りたい。

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 22:02

出会いと別れが交錯する一日  〜新団員入団により万歳三唱!

 ニュース, 新入団万歳!, 日記・コラム・つぶやき  出会いと別れが交錯する一日  〜新団員入団により万歳三唱! はコメントを受け付けていません。
3月 302005
 

3月26日の練習に見学に 来られた串田千明さんが、
ひととおり練習を見学・体験後、入団宣言をされた。

練習場に入室されてから終始緊張の面持ちであったが、
入団を決めて安堵された のか、緩んだ表情が印象的であった。
新団員の入団は2004年12月の湯浅氏以来で、最新の実働団員は12人とい うことになり、
練習後は恒例の万歳三唱のかけ声で練習会場は満ち満ちた。

串田さんは、トップ吉田氏の紹介で今回見学に来られたわけだが、
練習開始のラジオ体操からフル参加していただいた。

また、事前に関連楽譜を送付しておいたこともあり、折角だからという事で、(半ば強 制的だったか)
一緒にアンサンブルにも加わっていた だき、この日のうちにセカ ンドテノールへの配属が決定した。

特に最近、休団者が相次いだテナー系にとっては、この上ない朗報であったろう。
桜が咲いたら、歓迎の祝宴を張ろうではな いか!

それにしても、この日、3月26日(土)は特別な一日となった。
この日を最後に団を去る事となる北川雅和氏と、新入団の串田千明氏。
出会いと別れのクロスオーバー。

人生の宿命や無常というものに思いを致さざるを得ない・・・
メンバーにとって、強く記憶に残る一日となった。

画像は万歳するメンバー と、串田氏(最前列左)そして北川氏(最前列右)

前橋男声合唱団 Facebook随時更新中!!    前橋男声合唱団 twitter随時更新中!!   

←本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
br_c_1117_1本記事を気に入っていただけたら、クリックをお願いします。
 Posted by at 21:58
Get Adobe Flash player